29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ユーザー部門や開発部門のニーズに基づき、専門家集団である調達購買部門が調達すべきモノを購入するからだ。 ... 今後、意思決定のスピードアップが求められると、ユーザーや開発部門が調達...

このように、調達購買部門はバリューチェーン全体へ広範囲に貢献し始めている。 ... あるセメントメーカーでは、この仕組みを調達購買部門が主導して構築している。しかも、当時のCPO(最...

■機能・役割を柔軟に変化 現在の調達購買部門はさまざまな変革が求められている。 ... 製造現場の人材不足は現場力の低下につながり、それをサポートするために、購買部...

■最適配置、各企業で追求 従来の調達購買部門は、事業部や工場ごとに存在し、それぞれがサプライヤー選定から契約発注、納期進捗(しんちょく)、在庫管理までの業務を一貫して担当するのが常だ...

■教育環境の整備進む 調達購買部門を専門分野として捉え、人材育成を各社が始めたのはつい最近のことだ。... 一方、欧米企業の調達購買は体系的に進化した。欧米企業では、調達購買部門の成...

意識のギャップは例えば、開発部門やユーザー部門は仕様に責任を持ち品質の確保を図る役割を重視するのに対し、調達購買部門はコスト最優先だ。... これらの解決のために、多くの企業が調達購買部門内に、開発出...

例えば、調達購買部門主導で戦略ソーシングを行い、サプライヤーの選定提案をまとめようとしたものに対し、ユーザー部門が「このサプライヤーでないと困る」「サプライヤーを切り替えて品質が悪くなったらどう責任と...

■改善要求に柔軟対応 調達購買部門は、その重要性が約10年間で非常に高まっている。... そのためには、事業戦略・製品戦略と調達購買戦略の連携が必要になる。... こうした環境下、調...

また、この震災が調達購買戦略の意義や意味を見直すきっかけになった。... 企業の調達・購買部門はこう動いた』(購買ネットワーク会著、日刊工業新聞社刊)にも書かれているが、震災時に調達購買担当者が最も困...

企業ごとに多少の特徴はあっても、調達購買部門の主要なKPI(Key Performance Indicator:主要成果指標)は、コスト削減率やコスト削減額であり、これはどの企業でも共通の目標となって...

また、多くの企業で調達購買部門が強化され、人員も増強された。... 多くの企業で、調達購買部門の社内での地位が向上したのもこの頃からだ。 ... これは購買部門内に開発出身の部隊を結...

間接材の集中購買では、従来部門や工場ごとに行われていた購買業務(契約業務)を「サービスサポート購買」として、ユーザー部門から人を集め、集中購買をスタートさせた。... ソニーの場合はエンジニアの力が強...

透明性がない代表的な部門が調達購買部門だったのだ。 調達購買部門は社内での地位も高くなかった。... 当時、一部の自動車、電機などの外部購入比率が高い業種では調達購買改革に力を入れて...

各業界団体でCSR調達の雛形(ひながた)があるかもしれない。まず、社内に浸透させ、それを調達方針として盛り込むことだ。... このところ、圧迫交渉をやめたり、過剰な接待は拒否したりするまっとうな調達・...

日本ユニシスは、製造業の購買・調達部門向けにAI(人工知能)技術を活用したコスト査定ツールを開発した。... 同ツールは、15日から、製造業の購買・調達部門専用の分析業務支援サービス「eBuyerBr...

まずは、できるだけ調達・購買部門だけで評価しないことだ。... 関連部門で役割を設定して評価し、サプライヤーについて全体で考えていく。

これから調達・購買部門は、既存サプライヤーの中で優れたところに集約すると同時に、新規サプライヤー発掘によって「血」を入れ替える必要がある。... そして、その進化とは、調達・購買部門の進化でもある。....

■従来より広い視野 必要 従来の調達部門は、サプライヤーの営業担当から見積もりをもらい、注文書を発行していればよかった。... こういった事態には、調達部門から見る視野を広げサプライ...

これまで、多くの調達・購買部門は無数の成果を語り、そして、調達・購買改革を喧伝(けんでん)してきた。 ... とすれば、調達・購買部門は、サプライヤーからは適切に調達しつつ、自社製品...

■肝要なのは「まとめ思考」 調達・購買の「戦略」を違う言葉でいうと何か。... それは、調達・購買のみならず、周辺業務を含む。... これまで、調達・購買部門はサプライヤーと部品をま...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる