電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

189件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻を開始してからちょうど2年が経過した。連日ウクライナ軍とロシア軍の間で一進一退の激しい戦闘が続いているが、収束の兆しは見えず、むしろ長...

健康寿命延伸へ行動変容を 前回紹介した『黄帝内経』には「未病」のほかに「早老の原因は養生を知らないことにあり」として養生についても述べられている。古今東西を問わず...

信頼失いつつある経済対策 中国で日本株に投資する金融商品が人気を呼んでいる。数年前まで「日本経済は終わった」と見ていた中国人が下がり続ける中国株に失望して日本株を...

「もしトラ」身構えるアジア 「もしトランプ政権再来、となったら」―。旧正月(2024年は2月10日)を前に韓国、台湾、東南アジア諸国連合(...

循環経済にカジ、知恵発揮を 現在、多くの製造業がイノベーションを仕掛けようとしているが、大半は従来の「線形経済(モノ消費主導経済)」におけるイノベ...

住民目線の支援、意義大きく 元日に発生した能登半島地震で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。そして、被災された皆様へ謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早...

日常生活で予防意識高めよ わが国が世界に冠たる長寿大国であることはよく知られている。2023年7月28日に厚生労働省は22年の簡易生命表を発表した。それによると男...

天下大乱の予感、おびえる人々 最近中国の会員制交流サイト(SNS)に投稿されたある動画を見た。農村で大勢の人が収穫期を迎えた作物を我先に抜き取って...

少子化で悪循環、深まる苦悩 通貨危機から四半世紀、東アジアでは苛烈な構造調整以来、格差拡大や種々の社会対立を反映した政治の堂々巡り、さらには少子化進行が潜在成長力...

「価値創出」正しく共有せよ 企業の役員から、最近期せずして同じような悩みを聞く。「イノベーションの議論が社内でも社外でもすれ違う、会話がかみ合わない」「イノベーシ...

高まる期待、求められる覚悟 世界各地で戦火が続き、軍事的な対立や緊張が高まっている。欧州ではウクライナ戦争、中東ではイスラム組織ハマスとイスラエルとの武力衝突が発...

「すぐ薬」過剰服用は要注意 前回までに慢性頭痛として緊張型頭痛と片頭痛について説明したが、今回は頭痛外来などで比較的頻度の高い群発頭痛と薬剤の使用過多による頭痛に...

まずは「官民格差是正」を 中国には満足なセーフティーネット(社会保障)がない―。日本では半ば「常識」だが、本当だろうか。答はイエス・アンド・ノーだ...

ルールなき貿易、日本に逆風 戦略物資といえば半導体や蓄電池などが注目されがちだが、その川上の鉱物資源で新興国の輸出管理が強まりつつある懸念は大きい。希土類(レアアー...

地球と人類、関係の再考を 「人新世」…何と読むのだろうか。これは「Anthropocene(アンソロポセイン)」の日本語訳である。最近では「じんし...

自衛隊員不足、静かなる有事 日本は深刻な人手不足に直面していると言われる。2022年の出生者数は約77万人で、約200万人を超えた1970年代に比較し激減している...

若年女性を悩ませる片頭痛 多くの方が日常でしばしば経験する頭痛が一次性頭痛である。これは、他にはっきりとした原因や疾患が見当たらず、日常的に頭痛を繰り返す慢性頭痛...

古い通念破る新人類が必要 経営危機に陥って久しい中国不動産大手、恒大集団で最近、創業者の刑事拘束や株取引停止が立て続けに報じられた。この問題の最大の焦点は、多数の...

食料安保、「システム」に商機 この夏、世界の平均気温は実に1891年の統計開始以来、最高だった。農業資源を持つ東南アジア諸国連合(ASEAN)各国...

ビジネス観点から資源節減 サーキュラーエコノミー(CE、循環経済)に向けた企業の活動が急務であるものの、どうも足踏みが続いているようだ。その原因の一つは、CEとは「3...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン