電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,238件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

旭化成、CAE活用促進 講習会・サポート体制構築 (2024/5/23 素材・建設・環境・エネルギー2)

2024年度は、一定の事業部門を対象に講習会などを計画。... 無料の講習会では必要なデータや基本的な作業の流れ、使い方事例などを紹介する。... 23年度に生産技術本部内で講習会などを実施し、コスト...

豊橋技術科学大学は学内に大規模集積回路(LSI)工場を設けており、集積回路技術講習会を40年以上続けてきた。 ... 同講習会は設計からプロセス、実装、評価までを一気...

【名古屋】愛知県はロボットシステムインテグレーター(SIer)の育成に向け、12月14―15日に愛知県国際展示場(愛知県常滑市)で開催する「第3回高校生ロボットシステム...

地域の警察署と連携して安全講習会も開催している。

19年に安全衛生委員会を立ち上げ、2カ月おきに事故防止勉強会を開く。... 安全衛生委員会の活動のほか産業医講習会も定期実施する。 ...

型技術協会、来月16日にオンライン講習会 (2024/4/16 機械・ロボット・航空機2)

型技術協会は5月16日13時からオンライン講習会「第11回型技術Web基礎講習会」を開く。... 参加費は同協会と、協賛する日本金型工業会の会員が3万円、一般が5万円。

三菱UFJフィナンシャル・グループは、一般開放している同社施設「MUFG PARK」(東京都西東京市)で電動キックボード「LUUP」の安全講習会を田無警察署...

名札に「手話できます」 ファミマ、買い物の一助に (2024/4/4 生活インフラ・医療・くらし)

手話や筆談の講習を受講したスタッフの名札に表示することで、消費者のサポートの一助にする。 このため、ストアスタッフのサポートスキル向上に必要な講習会を実施したほか、店舗タブレットで復...

アフターマーケット事業本部の鳥沢秀斗副本部長は、オンライン講習会に強い手応えを示す。講習会は月2回程度で、基礎や商品知識からなる初級と軸受の取り扱いなど技術を含む中級の2コース。... 実践で技術を学...

企業信用情報/7日 (2024/3/8 総合2)

【数字の見方】 ①業種②所在地③資本金④代表者⑤負債額⑥事由 【7日】 ◎森下製紙 ①機械すき和紙製造②愛媛県四国中央市③2000万円④森...

大阪府内の複数の地域で商品選考の予選会を開き、500品目以上を募集する。講習会などを通じて磨き上げを支援し、500品程度を「地域代表商品」として選考する。

ニュース拡大鏡/LLM商戦、新局面に 日本IBMが日本語版投入 (2024/2/28 電機・電子部品・情報・通信1)

日本IBMのワトソンx事業を統括する竹田千恵理事は27日の発表会で「今後3年間で生成AIがもたらす影響として、全産業のデジタル変革(DX)で500兆円に上る経済効果がある」と指摘。これ...

現場作業者らにシステムの講習会を実施。

マツダ、六本木に共創拠点 新価値生み出す発信源 (2024/2/19 自動車・モビリティー)

その後はパートナー企業などと連携し、課題やテーマに沿ったワークショップ(参加型講習会)やパネル討論会などの場として同拠点を活用する方針だ。

県、市町村、金融機関、業界団体などで構成する推進協議会を創設する。雪国型ZEHの建築・販売に取り組む事業者向け講習会を開催し、公表を前提とした事業者登録制度を設ける。

現在、活動の幅は、研究成果などを会員制交流サイト(SNS)で発信することから、映像制作、メディアリレーション、イベント、ワークショップ(参加型講習会)の設計まで多岐にわ...

資金使途は新生児や乳児の自発運動「ジェネラルムーブメント(GMs)」評価者育成のための講習会開催費。 ... 12月に実施する基礎コース講習会開催のための第1目標額は...

DXの先導者たち(139)ヘッドウォータース 生成AIを安全に利用 (2024/2/1 電機・電子部品・情報・通信2)

活用能力向上へ講習会 ヘッドウォータースは人工知能(AI)を用いて顧客課題を解決するソリューション「SyncLect(シンクレクト)」を展開している。...

生成AIの業務活用法学ぶ LINEヤフー、法人向け講座 (2024/1/31 電機・電子部品・情報・通信2)

このうち「AI活用アカデミア」(通常版・短縮版)では基礎講座からワークショップ(参加型講習会)まで計7回の講座を通じて、未経験の人でも生成AIを業務に活用できるノウハウ...

ニュース拡大鏡/リコー、共創拠点刷新 DX支援加速へ試金石 (2024/1/29 電機・電子部品・情報・通信)

顧客企業の経営者を招き、対話やワークショップ(参加型講習会)を通してAIを活用したビジネスの設計から実装に至るまで伴走支援し、課題解決につなげることを狙う。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン