114件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

三弘、名古屋に技術センター 計測機器デモ・試験 (2020/9/10 機械・ロボット・航空機)

新センターには豊田中央研究所(愛知県長久手市)と共同開発した応力負荷試験機など9台を設置。

【名古屋】豊田合成は材料分析技術の強化に向け、10月から豊田中央研究所(愛知県長久手市)に人材を派遣する。同研究所との連携で、ナノメートル(ナノは10億分の1)レベルの局所的な分子構造を解明する技術の...

高エネルギー加速器研究機構と豊田中央研究所(愛知県長久手市)、大阪大学などの研究グループは、リチウムイオン電池負極に析出した金属リチウムの非破壊での検出に初めて成功した。

車両衝突時の全身の傷害が再現・解析可能な人体モデルとして、豊田中央研究所(愛知県長久手市)と共同で開発した。

トヨタは19年4月に、トヨタファイナンシャルサービス(名古屋市西区)、トヨタファイナンス(同)、トヨタシステムズ(同中村区)、デンソー、豊田中央研究所(愛知県長久手市)と共同でグループ横断の仮想組織「...

豊田中央研究所(愛知県長久手市、菊池昇所長、0561・63・4300)は、材料内部の応力分布を結晶粒レベルで計測する技術を開発した。

【名古屋】愛知製鋼は豊田中央研究所(愛知県長久手市)と近江鉱業(滋賀県米原市)と共同で、液化天然ガス(LNG)を燃料とした燃焼式ボイラに比べ、二酸化炭素(CO2)排出量を約8割削減できる蓄熱システム(...

機械学会、秋田で年次大会 8日から (2019/9/6 科学技術・大学)

10日には15時から豊田中央研究所代表取締役所長の菊池昇氏らが「イノベーション:風が吹けば桶屋が儲かる」と題して講演する。

豊田工業大学は人工知能(AI)技術の機械学習の教育、研究を強化する。豊田中央研究所(愛知県長久手市)やAI研究で実績のある米国の豊田工大シカゴ校(TTIC、イリノイ州)と連携を深め、個別分野の知識構造...

日本では豊田中央研究所などの民間の基礎研究がけん引役になった。

豊田中央研究所と高エネルギー加速器研究機構、日本原子力研究開発機構、大阪大学、国際基督教大学の研究グループは、負電荷を持つ素粒子「ミュオン」を使い、水素が物質内に作る微小磁場を検出することに世界で初め...

環境省、CO2資源化実証で4社の事業選択 (2018/8/15 素材・ヘルスケア・環境)

環境省は温暖化対策として二酸化炭素(CO2)を資源化する実証事業に日立造船、積水化学工業、豊田中央研究所、東芝の4グループの事業を選んだ。... 豊田中央研究所、東芝はともに人工光合成技術を活用した事...

例えば道路の外側や駐車車両の周囲は飛び出しリスクがあるため赤く、道路の中央は歩行者がいないため青く表示される。... 【情報過多に配慮】 これは神奈川工科大学や東京大学、トヨタ自動車...

すでに豊田中央研究所、豊田合成、三菱電機などが参加する産学コンソーシアムも構築されている。

中央大学理工学部は20日15時から後楽園キャンパス(東京都文京区)で、「研究教育クラスター設立記念シンポジウム」を開く。... 豊田中央研究所所長でミシガン大学名誉教授の菊池昇氏が講演する。

愛知工業大が同協定を結ぶのは産業技術総合研究所、豊田中央研究所(愛知県長久手市)に続き3件目となる。

今夏に、モノづくり日本会議設立10周年記念シンポジウムで講演した豊田中央研究所(愛知県長久手市)所長の菊池昇氏の言葉である。

モノづくり日本会議設立10周年記念シンポジウムで豊田中央研究所所長の菊池昇氏が「サスティナブルな交通社会を創り出すAIや自動運転についての考え方」を述べている。

豊田中央研究所の菊池昇所長が「サスティナブルな交通社会を創り出すAIや自動運転についての考え方」、SKグローバルアドバイザーズの神永晉代表取締役が「トリリオン・センサとMEMS」をテーマに講演した。....

まず豊田中央研究所(愛知県長久手市)の菊池昇所長(写真)が「サスティナブルな交通社会を創り出すAIや自動運転についての考え方」を講演。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる