333件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大規模豪雨災害などで企業側の事業継続計画(BCP)への意識が高まっているなか、採用担当者らへ自衛官の高い専門能力をアピール。

経営ひと言/三和エナジー・高松克行社長「認知度高まる」 (2021/10/25 機械・ロボット・航空機2)

「豪雨災害や大地震で、安全対策や事業存続の重要性が企業にも理解されてきた」と話すのは、三和エナジー(横浜市港北区)社長の高松克行さん。... こうした事実も災害で孤立した病院や介護...

日本国土開発、破砕混合機の能力3割増 来秋にも投入 (2021/10/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

高品質な改良土は、豪雨災害による緊急性のある河川敷などの地盤や堤防の強化でニーズが高まっている。... 土質を改良する回転式破砕混合工法(ツイスター工法)は、破砕混合機で建設発生土の再生や災害で堆積し...

経営ひと言/国土交通相の斉藤鉄夫さん「安全・安心に力」 (2021/10/18 建設・生活・環境・エネルギー)

近年では豪雨災害をはじめ、全国各地で自然災害が頻発している。

2017年の九州北部豪雨災害からの復興を進める福岡県東峰村をモデル地域にして仮想現実(VR)による観光体験や窯元のライブリポートなどを実施する。

国土交通省は、河川に架かるJR各社の橋梁について、豪雨時の安全性を総点検する。... 豪雨災害の激甚化に伴い、橋梁被害は増加傾向にある。

「2016年の熊本・大分地震の災害復興支援プロジェクトとして始まり、子どもたちの夢をかなえる企画などを実施してきた。その後に起きた豪雨災害でも復興支援を続けた。

防衛省は2020年度の自衛隊の災害派遣実績をまとめた。... 豪雨災害への派遣人数は約35万人で、東日本台風があった19年度より大幅に減った。一方で災害状況確認などで飛行ロボット(ドローン)の派遣件数...

また、静岡県熱海市の土石流災害をはじめ、豪雨災害が増えており、国土強靱化に向けたセメント需要の増加が見込める。

IDEC、173万円を寄付 (2021/9/9 総合3)

IDECは8月の西日本を中心とする豪雨災害の被災地と被災者の復興支援のため、173万円を特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区)に寄付する。

九州は豪雨災害の影響で、下落幅が同3・1ポイント減と全10地域で最大。

私募債/中国精油、運転資金に3億円 (2021/9/2 中小・ベンチャー・中小政策)

今回の私募債発行で中国銀が得る手数料の一部を倉敷市西日本豪雨災害義援金に寄付する。

日本防災産業会議(事務局=日刊工業新聞社)は「防災の日」の1日、会員企業間が災害発生時に被害情報を共有する、オンラインでの訓練を実施した。... 今後も地震だけでなく豪雨災害なども想定した訓練を展開す...

三井化学、豪雨災害で支援 (2021/9/1 素材・医療・ヘルスケア)

三井化学は8月豪雨災害の被災者および被災地支援のため、佐賀県武雄市にブルーシート100枚を提供した。緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請を受けて実施した。

産業春秋/先人の命を守る知恵 (2021/8/31 総合1)

気象災害にまつわることわざが各地に伝わっている。... 2014年の豪雨災害でも異様な臭気が立ちこめた。

今後は、地震だけでなく豪雨災害などでも同様の訓練を実施していく計画。 ... 自然災害が頻発している中で、災害時における円滑かつ迅速な避難の確保と、災害対策の実施体制の強化に重点を置...

多様な業種の民間企業30社あまりで構成する同会議会員を中心に、プラットフォーム参加者が、地震・水害といった災害発生時に被害情報などを共有し、サプライチェーンをにらんだ災害対応や地域への貢献についても連...

豪雨災害で、高齢者が集まる避難所や介護施設までの道路が寸断され、孤立する例が増えている。

【コロナで問題表面化】 本会議の出発点は、「災害大国ニッポン」で頻発するサプライチェーンの寸断と企業活動の持続可能性の危機である。東日本大震災以来、日本は地震災害、台風災害、豪雨災害...

災害情報を共有 日本防災産業会議(事務局=日刊工業新聞社)は、都内で通常総会を開き、2020年度の事業・収支報告と21年度の事業計画・予算案を承認した。多発する豪...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる