295件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

鶴見製作所、浮体付きポンプ 泥を吸わずに緊急排水 (2021/1/18 機械・ロボット・航空機1)

近年多発する豪雨災害を受け、雨水排水設備の重要性が高まっている。... 想定外の豪雨では急激な増水で道路の掘り下げ部(アンダーパス)が冠水し、車両水没などの恐れがある。

サイバーダインは2018年や19年の豪雨災害のときも岡山県と広島県、茨城県と神奈川県にそれぞれHALを用いた支援活動を実施している。

豪雨などの激甚化する自然災害への対策や気象情報を提供するための環境整備で、防災・減災に取り組む。 豪雨災害をもたらす「線状降水帯」の予測精度向上のための気象観測・監視の強化に約57億...

「津軽海峡トンネル構想」と「豪雨災害対策」を赤羽一嘉国交相に提言し好感触を得た。

2020年、水災害に対する取り組みが大きく変わった。... 茨城県常総市での鬼怒川など複数の大河川が氾濫した2015年9月の関東・東北豪雨以降、毎年のように同様の災害が発生し、ダムや堤防などハード強化...

併せて「豪雨災害に関する緊急提言」も行った。

避難訓練・備蓄など急務 災害から高齢者を守れ―。... 近年頻発する豪雨災害。7月には熊本県の特別養護老人ホームで豪雨による浸水が発生し、多くの入所者が犠牲となっ...

横浜国大、来月1日に水害シンポ (2020/11/25 科学技術・大学)

横浜国立大学は12月1日14時から先端科学高等研究院によるオンラインシンポジウム「インフラストラクチャーのレジリエンスとリスク共生―水の災害にどう備えるべきか」を開く。同院客員教授で東京大学大学院工学...

ジェイテクト、消費電力4000分の1の水位計を発売 (2020/11/23 機械・ロボット・航空機1)

近年、被害が激化している豪雨災害対策に活用する。... 年々、豪雨などによる河川の氾濫が増えており、大規模河川だけでなく中小河川も監視ニーズが高まっている。

自然災害時に保険金請求の大半を占める自動車・火災保険について、支払いに必要な工程を約200に分類。... 7月の九州を中心とする豪雨災害で、試験的に運用し、有用性を確認できたことで実装した。 ...

損害、遠隔非対面で査定 【自然災害多発化】 損害サービスの進化に向けて「人とデジタルのベストミックス」を進める東京海上日動火災保険。... 台風...

東海カーボンの通期見通し、下方修正 当期益5億円 (2020/11/5 素材・医療・ヘルスケア)

7月の豪雨災害による田ノ浦工場(熊本県芦北町)の被害について、特別損失4億4600万円を計上した。通期では災害資産の原状回復費を含め15億円の損失を見込むが、多くは保険の対象で、損害保険金10億円の受...

7月の九州を中心とする豪雨災害など、全国で大規模な水災害が多発する中、従来に比べ充実した補償内容を希望する顧客ニーズに応える。

経営ひと言/サコス・瀬尾伸一社長「BCPに不可欠」 (2020/11/5 機械・ロボット・航空機2)

相次ぐ豪雨災害などを背景に、自治体やビル管理会社が事業継続計画(BCP)を練っている。

災害復旧迅速化や技能人材不足への対応を狙い、建設機械の遠隔操作などに取り組む。... 21年初頭以降、消防や地方自治体、災害救助犬組織などとも連携しながら実証実験に取り組む考えだ。... 大規模地震や...

キリン九州統括本部、観光・豪雨復旧支援企画を実施 (2020/10/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

期間中は八代不知火蔵の焼酎「白水シリーズ」全商品(写真)を対象に、200ミリリットルは1本につき2円、その他の容量は1本につき10円を、阿蘇観光業と豪雨災害に対する復旧事業支援に活用する。

キリン九州統括本部、熊本阿蘇復興応援デザインを限定発売 (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

売り上げ1本につき2円が熊本県の地震被災からの阿蘇観光業と豪雨災害に対する復旧事業支援に活用される。

7月の豪雨災害からの復旧の公共工事が押し上げたほか、第5世代通信(5G)の基地局設置が寄与した。

VRで補償の重要さ再認識 大規模な豪雨災害が相次いでおり、損保業界では水害関連へのデジタル活用が盛んだ。... 象徴的な豪雨災害が起きれば、その地域周辺の付帯率は...

豪雨災害/JR東海、飯田線全線で運転再開 (2020/9/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

7月の豪雨災害で不通になっていた水窪―平岡間の復旧作業が完了した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる