電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

389件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

また、気候変動による豪雨災害などの影響などにより登山道が通れなくなったり、危険が伴ったりする場合には、情報を連携することでYAMAPの地図に反映し、デジタル登山地図の精度を高める。

近年の地球温暖化で頻発する豪雨災害に対し、国はダムや河道掘削といった従来対応に加え、田んぼや農業用水、民間施設など流域全体で治水対策に取り組む流域治水を進行中だ。... 同勉強会では、災害が頻発する中...

日本無線、気象観測を時短 新型レーダー、C帯採用 今秋実験 (2024/4/18 電機・電子部品・情報・通信1)

豪雨災害の前兆をいち早く検知し、避難指示の早期発令につなげることで、被害の最小化に貢献する。

同日会見した木村知事は“熊本新時代”をキーワードに掲げ、県南部を襲った豪雨災害からの復興に挑む。

豪雨災害を防ぐための事前放流の効果を高めようと最新の気象予測情報を活用して放流の精度を向上させる、古いダムを改造して貯水容量を増やすといった「ダム再生技術」の技術開発を進める。

(FG立ち上げ当時の)15年から振り返ると熊本地震や豪雨災害、コロナ禍といった困難から産官学金で協力しながら復興に取り組んできた。

現地素材を使って環境負荷を低減した点と、豪雨災害による山間地の危険を予測できる点が特徴。

ジャパンマリンユナイテッド、気象観測船引き渡し (2024/3/5 機械・ロボット・航空機2)

同船は地球規模の気候変動の実態を把握するための海洋観測や、豪雨災害対策の中でも課題になっている線状降水帯の予測精度向上のため、洋上で気象観測・監視を実施する。

同社の同技術「インプラント工法」は省スペース、仮設レスで迅速な施工ができ、東日本大震災や豪雨災害からの復旧・復興工事に広く採用されている。

災害に弱いという鉄道輸送の弱点を克服する動きもある。日本通運はJR貨物と協力し、豪雨災害が頻発している鉄道・山陽線区間の不通時のバックアップ輸送体制を構築した。... 「鉄道輸送の利用を増やすには災害...

現在は約90社・機関が参加しており新産業の創出も期待したい」 【記者の目/オール九州でチャンス生かす】 蒲島知事は熊本地震や豪雨災害からの「創造的復興」を...

ニコルドシステム、住宅・店舗に防水板拡販 (2023/12/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

【富山】Nicoldsystem(ニコルドシステム、富山県立山町、石村憲之社長)は、豪雨などの際に建物への浸水を防ぐ防水板を拡販する。... 近年の豪雨災害の多発で...

千葉大学災害治療学研究所(千葉市中央区、田中知明所長)は「災害治療学シンポジウムin千葉2023」を開いた(写真)。「見えない脅威に備えるレジリエン...

住友商事は災害時の最適な避難経路の抽出に量子技術を使う検討を九州電力と開始した。... グローバル市場で競う総合商社の事業創出力は、自然災害の増加を背景に地域社会でもニーズが高まりそうだ。... ジオ...

経営ひと言/戸田建設・大谷清介社長「再生エネを開拓」 (2023/10/9 素材・建設・環境・エネルギー)

「夏の集中豪雨災害や真夏日の長期化など、経験したことがない異常気象に直面している」と危機感を強めるのは、戸田建設社長の大谷清介さん。

自然災害の増加やインフラの老朽化が進む中、デジタル変革(DX)と都市情報を掛け合わせて社会課題の解決を後押しする。... 18年に豪雨災害に見舞われた広島県呉市では、清水建設が土砂災害...

災害時の状況把握に活用される国土交通省の無線通信網の耐震性について会計検査院が調査したところ、少なくとも21道県の57拠点で、通信鉄塔などの耐震性が確認できなかったり、必要な耐震対策が実施されていなか...

日通、鉄道不通時にトラック代替 山陽線豪雨対応、JR貨物と協力 (2023/9/6 生活インフラ・医療・くらし1)

日本通運は5日、JR貨物と協力し、豪雨災害が頻発している鉄道・山陽線区間の不通時のバックアップ輸送体制を構築したと発表した。... 特に中国地方は豪雨災害が頻発し、山陽線はたびたび...

住友大阪セメント、災害廃棄物を岐阜工場で受け入れ (2023/8/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

住友大阪セメントは岐阜工場(岐阜県本巣市)で、6月の大雨の影響で発生した愛知県豊川市の災害廃棄物の受け入れを始めた。... 東日本大震災の時のがれきや、2018年の西日本豪雨災害で発生...

台風が日本近海で発生して発達し、ピークの勢力で日本に接近しやすくなった」 ―では、豪雨が起きるメカニズムは。 ... 熱中症で年1000人が亡くなっており、災害と言...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン