電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

345件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

光学機器の迷光対策 オキツモ、機能性低反射塗料を発売 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機1)

光学機器内部に発生する不要な光の反射や散乱である「迷光」を吸収し、遮断する。... 同シリーズは可視光から赤外光領域まで対応する。... 従来、可視光には黒色アルマイト処理や塗料、赤外光にはシートやフ...

ファイバー型内視鏡で近赤外光を照射し、ラマン分光スペクトル(波形データ)を数理解析して化合物を定量化する。近赤外光は生体組織に浸透するため、臓器内部の情報が得られる。

DOWAエレ、高出力・高効率の近赤外LEDチップ開発 (2024/2/14 素材・建設・環境・エネルギー)

DOWAエレクトロニクス(東京都千代田区、鈴木健彦社長)は13日、中心波長1200ナノ―1900ナノメートル(ナノは10億分の1)帯で、高出力・高効率な近赤外発光ダイオ...

ENEOS、水素基金助成対象に高石氏ら6人決定 (2023/11/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

▽高石慎也東北大学准教授(水素同位体の量子ふるい機構解明と常温H2/D2分離)▽中村将志千葉大学教授(アイオノマー構造制御によるアルカリ水電解反応の活性化)▽...

まず、青色光で迷走神経が活性化する遺伝子改変マウスを作製。近赤外光照射により青色発光する粒子を膵臓に注射して留置し、膵臓でのみ意図したタイミングで迷走神経を刺激できるようにした。 ....

二テルル化銅で多孔質薄膜を作ると、赤外光を電流に変換できた。光伝導素子や可調光センサーなどに提案していく。

輝け!スタートアップ(183)OPTMASS ビルが電池、太陽熱も遮蔽 (2023/11/3 中小・ベンチャー・中小政策)

OPTMASS(オプトマス、京都府宇治市、中川徹社長)は太陽光を構成する可視光と赤外光のうち未利用の赤外光の活用を目指し、無機材料で無色透明な太陽光発電池の開発を進めている。赤外光によ...

太陽電池の発電性能でなく、薄膜の光吸収やマイクロ波伝導度など計測しやすい物性値で評価する。... 紫外光や可視光、赤外光の吸収と励起光、電荷の動きやすさを表すマイクロ波伝導度などを測定する。

OPTMASS(オプトマス、京都府宇治市、中川徹社長)は、赤外光利用の「太陽光発電池」と赤外光の熱線遮蔽(しゃへい)材料で建材メーカーなどを開拓する。... 粒子径をそ...

遮熱・高速無線通信両立 東北大、透明窓実現へ (2023/10/19 科学技術・大学2)

東北大学のグエン・ヴァン・ミン特任研究員と金森義明教授らは、熱となる近赤外を反射し、可視光や第5世代通信(5G)、6Gの電波を通すメタマテリアルを開発した。... 273テラヘルツ&#...

浜松ホト、高精度大量プラ選別 反射光撮影用に新センサー (2023/10/19 電機・電子部品・情報・通信2)

対象物からの反射光を撮影するハイパースペクトルカメラ向けのセンサー。... 特定の波長の光による信号だけを読み出す「マルチライン読み出し機能」を新たに追加し、選別対象が反射しやすい波長の近赤外光だけを...

従来は水分が存在すると使えなかった近赤外光を用いた画像診断技術を用い、約10ミリメートル水没した状態でも素材判別を実現した。... プラスチックは種類により近赤外波長範囲で固有の光反射特性を示すため、...

開発したフィルムは直径約11ナノメートルの銀ナノワイヤの使用により、可視光や近赤外光において従来品と比べて高い透過率と低い拡散反射率を実現した。

CNTセンサーはミリ波やテラヘルツ波、赤外光などを吸収して熱に変え、温度勾配が電圧を生じさせる現象を利用して画像を作る。

銅添加濃度を変えて結晶を作ると、添加濃度が1%と5%の結晶が、近赤外から中赤外領域で高い光吸収を示した。... 赤外光は太陽光の4割を占めるが、エネルギーが低く利用が難しい。... 赤...

分子科学研究所の高橋翔太博士研究員と杉本敏樹准教授らは、金探針と基板の隙間で起こる光増強効果が可視光から中赤外光に広がっていることを実証した。... 金探針と金基板をナノメートル(ナノは10億...

22年4月には非接触の外付けのホバーセンサーを発売した。... 近赤外光を用い、体に負担をかけずに静脈のイメージングや脈波などを継続的に計測でき、健康管理などに役立つ。

これまでは電磁波を曲げてきたが、研究室では近赤外光の制御が射程に入っている。... 放射熱を曲げてレンズのように集光できれば再利用できる可能性があると見る。

テラヘルツ波をレンズのように集光したり、向きをそろえたりするなどして送受信強度を上げられる。... 電磁波が偏光していても全方向の偏光を曲げられる。今後、周波数を高めて近赤外光に対応させ放射熱を曲げる...

SWCCと古河電工、電線技術を医療機器に展開 (2023/4/21 電機・電子部品・情報・通信)

可視光の発光で目視による位置検知ができ、内視鏡やカテーテルに組み合わせた応用にも対応できる。 またレーザーで患部を焼灼(しょうしゃく)するアブレーション用レーザーや、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン