125件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

2トンの圧縮負荷に耐える強度の仕組みを走査型電子顕微鏡で調べると、薄い壁に囲まれた数十マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の、細胞と同じくらいの微細な穴を持った構造が観察された。

【浜松】浜松ホトニクスは質量分析装置や走査型電子顕微鏡(SEM)用の電子増倍素子であるマイクロチャンネルプレート(MCP)で、鉛を含まずに増倍率を同社従来品比約2倍に高めた新製品(写真)を開発した。....

そのため、材料開発においてさまざまな表面分析技術が開発されているが、その中でも最もよく使用される装置の一つが走査型電子顕微鏡(SEM)である。 ... (水曜日に掲載) &#...

FlowVIEWの検査キットは走査型電子顕微鏡(SEM)の真空チェンバー内に、観察したい液体を封入したカセットを設置することで、液体の中に混合する固体をそのままの状態で観察することを可能にした。...

産業技術総合研究所の中島秀朗産総研特別研究員や森本崇宏主任研究員らは、走査型電子顕微鏡(SEM)で材料内の元素組成を簡便に定量化できる手法を開発した。... 試料表面に電子線を当て表面から出る電子を検...

日本電子、中国で電子顕微鏡拡販 車・電池・半導体向け (2019/10/25 電機・電子部品・情報・通信1)

【上海=大串菜月】日本電子は、中国市場で自動車や電池、半導体向けに電子顕微鏡などの販売を強化する。... 異物検査など民間企業の研究・開発分野での需要に期待し、走査型電子顕微鏡(SEM)とイオンビーム...

日本電計が上海で展示会 車関連の先端研究者ら来場 (2019/10/24 機械・ロボット・航空機2)

同展示会に初出展の日本電子の中国現地法人は、中国の民需拡大に力を入れる。... 同社最小サイズの卓上走査型電子顕微鏡(SEM)「JCM―7000 NeoScope(ネオスコープ)」を展示。

素早い視野探しで時短 効率向上 日本電子が3月に発売した、机上に置ける走査型電子顕微鏡(SEM)「JCM―7000 NeoScope(ネオスコープ)」が好調だ。... 電機・電子や自...

国内外の営業や走査型電子顕微鏡(SEM)事業ユニット長など社内で多くの職種に携わった経験を経営に生かしたい」 《19―21年度新中計では最終年度に売上高1340億円、経常利益100億...

沿面放電の研究は電子部品に使われる材料開発に貢献している。 ... 農業・食品産業技術総合研究機構の研究者が走査型電子顕微鏡(SEM)で観察した。SEMは電子線を絞って電子ビームを対...

日立ハイテク、走査型電子顕微鏡 重量2.5倍の試料設置可能 (2019/4/12 電機・電子部品・情報・通信2)

日立ハイテクノロジーズは、同社従来製品比2・5倍の重量の試料を置ける走査型電子顕微鏡(SEM)「SU3900=写真」を発売した。... 設置可能な範囲を広げたほか、試料への電子ビーム照射から各種画像調...

東陽テクニカ、チェコ製高速装置販売 ナノ微細加工向け (2018/9/11 機械・ロボット・航空機2)

東陽テクニカはチェコの電子顕微鏡メーカーのテスキャンオルセーホールディングと、キセノン(Xe)イオンプラズマを使用したプラズマ集束イオンビーム走査型電子顕微鏡(FIB―SEM)システムの日本における総...

得られたLNT酸化物を走査型電子顕微鏡などで評価・解析し、均質な構造の形成を確認した。

ニチアス、配管事故予防 顧客にガスケットの使い方指導 (2018/7/31 素材・ヘルスケア・環境)

ガスケットの評価・分析では、走査型電子顕微鏡やガスクロマトグラフィー質量分析計、熱重量示差熱分析計などを活用。

試作した電池ごとに識別符号(ID)を付け、電極、セパレーター、電解質などの配合表、混練機や塗工機などの種類、写真画像、走査型電子顕微鏡(SEM)画像、充放電試験装置のデータなどをひも付ける。

日立ハイテクの前3月期、当期最高益 (2018/4/25 電機・電子部品・情報・通信1)

半導体の回路線幅を自動測定する測長走査型電子顕微鏡(SEM)や半導体ウエハーなどが好調だった。

東北大学多元物質科学研究所の陣内浩司教授と樋口剛志助教と防衛大学校の萩田克美講師らは、人工知能(AI)技術を使って集束イオンビーム走査型電子顕微鏡(FIB―SEM)の観察時間を10分の1に抑える技術を...

【名古屋】生理学研究所の窪田芳之准教授らは、電子顕微鏡で簡易に高解像度で神経回路を解析する技術を開発した。導電性に優れるカーボンナノチューブ(CNT)で表面処理したテープに、厚さ25ナノ―50ナノメー...

改良した水蒸気導入型の熱重量・示差熱同時測定装置を活用。... 走査型電子顕微鏡(SEM)や透過型電子顕微鏡(TEM)による微細構造解析技術を組み合わせ、炭素の構造変化を直接観察する。 ...

200メガ電子ボルトの金粒子による重粒子線をフッ化バリウムなどのセラミックスに照射したところ、その内部のナノメートル(ナノは10億分の1)レベルの原子の配列が修復していた。... 従来、表面の構造の観...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる