303件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、民間企業や大学、研究機関などが開発した部品・機器、超小型衛星、キューブサットに対し、軌道上実証の機会を提供する「革新的衛星技術実証プログラム」を進めている。...

静岡大学工学部機械工学科の能見公博教授らは、宇宙空間でのエレベーター実験を行う超小型衛星「STARS―EC=写真」を完成させた。... 静岡大は、すでに3機の衛星を宇宙空間に放出している。 &...

もう一つの新規課題は「小型技術刷新衛星研究開発プログラム」で6億円を充てた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)では初となる小型・超小型衛星の開発・製造を始める。... 小型・超小型衛星の開発・製造には人...

独自技術で超小型人工衛星の市場に挑む。 大きく張った膜面に付けた太陽光発電部品で超小型衛星の発電力を高めるか、または膜面を帆に使い用済みになった衛星を軌道変更させ大気圏内に落とす―。...

特に産業分野における衛星データの利用促進や高度化に力点を置いている。 ... 衛星データの高度化では、準天頂衛星「みちびき」を利用した、誤差センチメートル級の測位精度による自動運転技...

イプシロンSロケットでの小型・超小型衛星の打ち上げ市場への参入を目指す。 ... 世界の小型衛星の打ち上げ市場で競争できる価格帯に設定する。 ... 世界トップレベ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、超小型衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時で安価に実施することを目的にした「革新的衛星技術実証プログラム」で、小型実証衛星3号機に搭載するテーマ...

経済産業省は、サプライチェーン(部品供給網)の状況を把握するための超小型衛星搭載用赤外線センサーと解析アルゴリズムの開発に乗り出す。人工衛星から得た情報を基に世界各地の工場地帯などの稼働状況を把握し、...

また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は固体燃料ロケット「イプシロン」で月周回軌道に超小型探査機を送り込むプロジェクトを検討し、20年代前半の打ち上げを目指している。... 東京大学大学院新領域創成科...

【福井】福井県は福井大学と共同で、超小型人工衛星の講義「人工衛星設計基礎論2020」をスタートした。... 人工衛星の概要、超小型衛星時代の動向などを講義90分、質疑30分の構成で進めた。... 同県...

既に業務提携するインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)と共に、超小型人工衛星の軌道投入ロケットに搭載予定の小型衛星放出システムの研究・開発を行う。 ISTは、観測ロケット...

【福井】福井県と福井大学は19日、超小型人工衛星の製造・開発・運用で協力する覚書を締結した。県は産学官連携で製造した超小型衛星を4―9月に宇宙へ送る計画を進めており、人工衛星の地域産業化を推進する。....

銀河系外の電波源を利用して地球の自転変動やプレート移動が高精度に測定できるVLBI(超長基線干渉計)技術では従来2ギガヘルツ帯と8ギガヘルツ帯が主に使われてきたが、近年は観測精度向上のため2ギガ―14...

また数キログラム程度の超小型衛星であれば、一度補給船で上空400キロメートルに位置する国際宇宙ステーション(ISS)に運びこみ、ISSの放出機構を利用して周回軌道上に放出することも可能だ。 &...

東大、講堂・ラウンジ改修 長谷工寄付で (2020/2/6 大学・産学連携)

18ケタ精度の光格子時計や手のひらサイズの超小型衛星などを展示する。

2019年12月11日の夜、QPS研究所(福岡市中央区)の小型合成開口レーダー(SAR)衛星1号機「イザナギ」の打ち上げを約500人の聴衆は固唾(かたず)を飲んで見守った。 ... ...

「超小型衛星の打ち上げに基幹ロケット『H2A』『H3』を使いたいと考えるユーザーは多い」と語るのは、スペースBD(東京都中央区)社長の永崎将利さん。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)...

超小型衛星を打ち上げたい国内外の企業や研究機関などを募り、打ち上げの手続きなどを補助する。超小型衛星の打ち上げの利用拡大が期待される。 世界では50キログラム以下の超小型衛星の打ち上...

衛星と地上のデータ活用 長野県の中小企業などが連携し、衛星と地上の双方から得たデータを活用してワイン用ブドウの栽培を支援するシステム開発を進めている。衛星、無人走...

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが地球周回軌道への放出を計画しているアニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた小型人工衛星が完成し、3日、...

おすすめコンテンツ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる