電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,914件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

農林水産省と環境省の推計によると2022年度の食品ロスは472万トンで、前年度比51万トン減少(9%減)。

また農林水産省によると食品関連事業者の食品ロスは236万トンと全体の5割を占めており、生産・流通における食品の有効活用は重要だ。

政府は農林水産省の幹部人事について、横山紳事務次官(61)が退任し、後任に渡邊毅官房長(60)を起用すること決めた。... ◆事務次官 渡邊毅氏...

生産性向上や省力化の必要性が高まっており、農林水産省の「2023年度食料・農業・農村白書」によると、農薬散布用飛行ロボット(ドローン)の販売は21年に3586台だった。

SBテクノロジーの家畜遠隔診療サービス、77診療所に導入 (2024/6/21 電機・電子部品・情報・通信)

慢性的な獣医師不足もあって獣医師の業務負荷が高くなっていたが、2023年に農林水産省が家畜共済の保険対象に遠隔診療を追加していた。

生活産業ビジネス塾(4)ブランドとブレンドの素敵な関係(下) (2024/6/21 生活インフラ・医療・くらし2)

私は、農林水産省の技術会議議員を拝命していた時に、食品の基本的な動向を「調理の短縮化」と「保存の長期化」であると指摘し、それが単一化に向かうことを心配した。

農林水産省は17日、食料の安定的な輸入を確保するため、大手商社との協議会合を立ち上げた。

日本無線、小麦生育アプリ拡充 施肥・倒伏を図示 (2024/6/4 電機・電子部品・情報・通信1)

農林水産省によると、秋に種をまく「秋まき小麦」の起生期、幼穂形成期、止葉期における可変追肥を実施した場合、施肥量の削減と収量の増加を確認できたという。

農林水産省は2023年度の「食料・農業・農村白書」をまとめた。

農林水産省の食料安全保障アドバイザーも務め、グローバルでのリスクやニーズの多様化に対応する。

今回、5カ年加速化対策について初めて個別評価シートを作成し、国土交通省や農林水産省、総務省など実施主体の省庁が自己評価した。

【さいたま】埼玉県は下水処理の過程で発生した汚泥の燃焼灰を原料とした肥料を開発し、農林水産省が創設した新規格「菌体りん酸肥料」に登録された。

農林水産省が進める「みどりの食料システム戦略」の推進に向けて、有機米生産技術の確立と普及に取り組み、持続可能な有機米の産地づくりの実現を目指す。

農林水産省とアジア開発銀行(ADB)は、東南アジアでの中干しによるクレジット創出の枠組みを24年度中にも構築する見通し。

アイアグリ(茨城県土浦市、木村泰行社長)は、農林水産省が推進する、みどりの食料システム法に定める「環境負荷の低減に取り組む農林業漁業者に役立つ技術の提供を行う」事業者に認定された。

松沢社長は「(有機農業の拡大などを目指す農林水産省が策定した)『みどりの食料システム戦略』の実現に貢献したい」と言葉に力を込める。 &#...

農林水産省の木材流通統計調査によると、2024年3月の普通合板(針葉樹合板)1枚当たりの全国平均価格は前年同月と比べ530円安く、前月比50円安い1680円だった。

また同ドローンは、農林水産省の農業従事者向け投資優遇制度「みどり投資促進税制」の対象機種としてドローンで初めて認定された。

廃止が決まったのは、経済産業省の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」、農林水産省の「地域還元型再生可能エネルギーモデル早期確立事業」など。

農林水産省は米粉の利用拡大を目指すプロジェクトチーム「米粉営業第二課(通称コメニ)」を結成し、本格的に活動を始めた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン