364件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

日清製粉グループ本社など、国産小麦の新品種開発 (2021/10/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

 日清製粉グループ本社は全国農業協同組合(JA全農)、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と、汎用性の高い国産小麦の開発を始める。

スマート農業とは、ロボットや人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を活用して作業の自動化などを進め、生産性改善を進める取り組みである。... スマート農業をデータ面から支えるプ...

画像判別器を提供、生産者らがスマホ撮影 農業・食品産業技術総合研究機構は2018年に久間和生理事長直属の農業情報研究センターを開設し、農業向け人工知能(AI)研究...

同装置は農業・食品産業技術総合研究機構のBODセンサーを活用し、農林水産省の革新的技術開発・緊急展開事業の支援を受けて開発した。... IoT(モノのインターネット)技術で、スマートフォンなどによる測...

(山谷逸平) 【N2O低減】 農業・食品産業技術総合研究機構は、農水省の委託プロジェクトで、17年度から一酸化二窒素(N2O)やメタン(CH4)といった温室効果ガス...

立命館大学の小野山博之准教授と飯沼亮介大学院生、東京大学の深尾隆則教授らは豊田自動織機と共同で、農作物の運搬用フォークリフトの自動運転技術を開発した。... 開発にあたっては農業・食品産業技術総合研究...

クボタ、作業機発売 タマネギ畝立て・種まきを同時に (2021/7/21 機械・ロボット・航空機1)

農業・食品産業技術総合研究機構が開発した畝と溝を同時に作るノウハウを活用した。

【浜松】ヤマハ発動機やヤンマーアグリ(岡山市中区)、ナイルワークス(東京都千代田区)など国内9機関で構成する飛行ロボット(ドローン)の開発コンソーシアムが、農業・食品産業技術総合研究機構から農業用ドロ...

農業・食品産業技術総合研究機構は7日、保有する高性能な核磁気共鳴(NMR)装置を外部機関の研究室から遠隔操作できるシステムを8日に立ち上げると発表した。人工知能(AI)を活用した研究用スーパーコンピュ...

そんな中、海洋研究開発機構では世界の気候変動を予測する技術の開発に取り組んでおり、今後発生する異常気象を先取りできる仕組みの確立を目指している。... また、海洋機構は農業・食品産業技術総合研究機構と...

第5期計画、出口戦略重視 農業・食品産業技術総合研究機構は2025年度までの5カ年の第5期中長期計画を策定し、新たなスタートを切った。... 「よりよい農研機構の実現に向けて、研究推...

市村清新技術財団(東京都大田区、桜井正光会長)は、第30回植物研究助成の助成先23件を決めた。... 省資源や環境保全に関わる研究などを支援する。... ▽カモメヅル属における送粉者タマバエと植物の特...

ニュース拡大鏡/野菜栽培機械化 農機の“農力” (2021/4/27 機械・ロボット・航空機1)

(大阪編集委員・林武志、編集委員・嶋田歩、山谷逸平) クボタは農業・食品産業技術総合研究機構とキャベツ、ジャガイモなどの露地野菜栽培で、生育情報を活用したスマート生産システムの共同研...

農業・食品産業技術総合研究機構は22日、農業・食品分野における超スマート社会「ソサエティー5・0」実現に向けた研究開発を加速すると発表した。策定した2025年度までの5カ年の中長期計画に基づき、産業競...

クボタ、露地野菜栽培スマート化 農研機構と共同研究 (2021/4/13 機械・ロボット・航空機2)

クボタは農業・食品産業技術総合研究機構と、キャベツ、ジャガイモなどの露地野菜栽培で生育情報を活用したスマート生産システムの共同研究契約を締結した。データに基づく栽培管理技術や生育モデルの構築を通じ、露...

「(政府が進める)ムーンショット型研究開発制度は実用化を目指した画期的なプロジェクトだ」と話すのは、農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生さん。

農業・食品産業技術総合研究機構は、法政大学、ノーザンシステムサービス(盛岡市)と共同で、人工知能(AI)を活用した病虫害画像診断システムの提供を15日に始めた。... 第1弾として、トマトなどを対象に...

和興フィルタテクノロジー(東京都千代田区、永原伸一社長、03・5256・7870)は農業・食品産業技術総合研究機構と共同で、光触媒とアルコールの混合液で、新型コロナウイルスと性質が似た「ウシコロナウイ...

「育種から消費までの全過程を人工知能(AI)とデータを活用してスマート化していく」と話すのは、農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生さん。 ... 「農研機構が構築を進めるス...

コメの品質など、AIで特性予測 農研機構 (2021/1/11 科学技術・大学)

農業・食品産業技術総合研究機構は、コメの収穫量や品質などの特性を人工知能(AI)を使って予測することに成功した。... だが、収穫量など農業上重要な特性には多数の遺伝子が複雑に関わり、この手法が利用で...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる