343件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

「農業、食料分野のソサエティー5・0を実現する」と話すのは、農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生さん。... すでに自動運転技術を使ったトラクターや水管理システムなどの技術の実証を始めるなど...

農業・食品産業技術総合研究機構の森岡涼子主任研究員らは、人工知能(AI)を利用して温州ミカンの出荷時糖度を収穫の3―6カ月前から予測するシステムを開発した。... JAながさき西海(長崎県佐世保市)で...

NTT東日本とNTTアグリテクノロジー(東京都新宿区)は19日、農業・食品産業技術総合研究機構と共同でデータ駆動型農業の地域実装に向けたプロジェクトを開始すると発表した。... 同日の会見でNTTアグ...

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「昨年下期の新社長、上場64人 4年ぶり減少」(2020/01/28 総合3) &...

“腹利” 社食で健康増進 (2020/1/7 深層断面)

島津製作所 機能性弁当を採用 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発した機能性弁当「NARO Style弁当」を民間企業で初めて採用したのは島津製作所だ。内臓脂肪を減らす効...

技術で五輪をサポートしようとしている「縁の下の力持ち」の研究とは―。... 国の機関である情報通信研究機構(NICT)が30年かけて開発した音声認識と機械翻訳、音声合成の技術を組み合わせています。&#...

農業・食品産業技術総合研究機構の農業技術革新工学研究センター(さいたま市北区、048・654・7030)は、ササキコーポレーション(青森県十和田市)と共同で、高機動畦畔草刈り機を開発した。

産業トレンド データは語る/ゲノム編集作物 (2020/1/3 産業TREND/ゲノム編集)

厚生労働省と消費者庁が所管する「食品衛生法」では、ゲノム編集を含むデオキシリボ核酸(DNA)改変技術を使って他の遺伝子を導入して作った食品を「組み換えDNA技術応用食品」―いわゆる“遺伝子組み換え食品...

【京都】島津製作所は健康経営の一環で、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発した機能性弁当「NARO Style弁当」の従業員向け販売を2020年度から本格的に始める。

サイバニクス研究センター(茨城県つくば市、鈴木健嗣センター長、029・853・5858)は、温室栽培トマトで収穫に適した果実だけを選別し、摘み取る自走式ロボットを2020年度までに開発する。光のスペク...

大阪科学技術センターは12月14日13時―16時半に大阪科学技術センター8階中・小ホール(大阪市西区)で第19回LSSサイエンスカフェ「体と心においしい日本茶」を開く。農業・食品産業技術総合研究機構上...

画像は人工知能(AI)技術の中でも先行して実用化が進む。... 開発者の岩沢紀生スタートアップ推進室課長代理はもともと農業・食品産業技術総合研究機構や県の農業試験場の研究者だった。... 岩沢課長代理...

農業・食品産業技術総合研究機構は12月5日10時からさいたま市大宮区のソニックシティホールで「農研機構マッチングフォーラムin関東」を開く。スマート農業の実現に向けた実証プロジェクトの取り組みを紹介す...

農業生産性や冷暖房需要、火力発電、海面上昇など地球温暖化で影響を受けると考えられる9分野を対象に世界での被害額を推計した。... 一方、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べ2度C未満に抑える目標を達...

新菱冷熱工業では、養蚕機械をケニアの国立蚕糸研究センターに顧客である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)を通じて納入した。 ... 開発には農研機構が協力した。 ...

島津・農研機構、共同ラボ開設 (2019/8/8 機械・ロボット・航空機2)

島津製作所と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、島津本社(京都市中京区)にある研究棟内の一角で「食品機能性解析共同研究ラボ=写真」を開設した。... 新分析法は農業関係者や公設機関、飲料食品...

岡山大学の佐藤和広教授と農業・食品産業技術総合研究機構の安倍史高主任研究員らの共同研究チームは、効率的に狙った遺伝子の配列を変える技術「ゲノム編集」で、迅速に小麦の特性を改良することに成功した。......

農研機構生研支援センター、12日に研究資金活用セミ (2019/7/4 中小企業・地域経済2)

【横浜】農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)生物系特定産業技術研究支援センター(生研支援センター)は、12日に川崎市産業振興会館(川崎市幸区)で「農研機構生研支援センター研究資金活用セミナー」を...

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は地球温暖化に伴うブドウの着色不良の発生地域を予測したマップを作製した。... 農研機構はマップを基に生産者や産地での栽培計画・対応策の立...

物質・材料研究機構の材料データベースや産業技術総合研究所の製品安全や計測校正技術、農業・食品産業技術総合研究機構の農業データベース、情報通信研究機構のサイバーセキュリティーなど、論文になりにくく地味だ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる