340件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

キユーピー、AI原料検査装置を開発 内部異物を高精度検出 (2020/10/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

キユーピーは農業・食品産業技術総合研究機構の研究推進事業に採択され、外観だけでなく内部も検査可能な人工知能(AI)原料検査装置の開発に着手する。... 農研機構生物系特定産業技術研究支援センターのプロ...

これが現在の産総研(産業技術総合研究所)の化学部門の前身である。... これは現在の農研機構(農業・食品産業技術総合研究機構)の前身である。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)企画調...

稲収穫、同時にすき込み 井関農機は農業・食品産業技術総合研究機構やアグリ山崎(茨城県坂東市)などと共同で、収量コンバインとロボットトラクターによる収穫同時すき込み作業の実証実験を行っ...

経済産業大臣賞に城南信用金庫(東京都品川区)のよい仕事おこしネットワーク、文部科学大臣賞に弘前大学COI研究推進機構(青森県弘前市)の寿命革命プロジェクト、農林水産大臣賞にとかち財団(北海道帯広市)の...

日本医療研究開発機構(AMED)や科学技術振興機構(JST)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などの政府系9機関は16日、スタートアップ支援を目的とした協定を結んだと発表した。... シ...

同社では技術者が営業も兼ね、顧客対応時に技術的な要素もすべて解決する。 ... 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と共同で、土の水分や硬度を3次元的に計測し、AIが個々の作物...

農業・食品産業技術総合研究機構は16日、人工知能(AI)を活用した研究向けのスーパーコンピューター「紫峰(しほう)」を本格稼働したと発表した。... 計算機の計算速度は国内の農業系研究機関では最速。....

同技術は土の中の金属成分を固めて封止する。... 「国際協力機構(JICA)の普及実証事業に採択され、青年海外協力隊出身の若手女性社員を中心にカンボジアで実証している。... ため池の護岸保護では農業...

「三菱電機の先端技術総合研究所所長時代に作り、使い続けている」と資料を見せるのは、元三菱電機副社長で農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生さん。 「当時から言ってきたが、研究...

スマート農業、成長産業に 農業・食品産業技術総合研究機構は、農業と食品産業の発展のために基礎から応用まで幅広い分野で研究開発する国内最大の農業研究機関。... ◇ ...

農水省は厚生労働省の依頼に応じ、自治体から検査を要請された農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)などで開始。... 【コロナ関連記事】総合2・総合3・総合4・SDGs・自動車・機械・電機1・電機2...

挑む スマート農業(4)全国121地区で実証、課題探る (2020/4/9 機械・ロボット・航空機2)

同プロジェクトは農水省所管の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が取りまとめる。... 従来、農機メーカーとソフトウエアベンダーの間では、データの互換性がなかったため、農業分野では本格的な情報通...

産業技術総合研究所は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、東京都外から都内への通勤者と都内から都外への通勤者、東京都内の通勤者は3月30日から原則テレワークとした。... 【臨機応変】 ...

「農業、食料分野のソサエティー5・0を実現する」と話すのは、農業・食品産業技術総合研究機構理事長の久間和生さん。... すでに自動運転技術を使ったトラクターや水管理システムなどの技術の実証を始めるなど...

農業・食品産業技術総合研究機構の森岡涼子主任研究員らは、人工知能(AI)を利用して温州ミカンの出荷時糖度を収穫の3―6カ月前から予測するシステムを開発した。... JAながさき西海(長崎県佐世保市)で...

NTT東日本とNTTアグリテクノロジー(東京都新宿区)は19日、農業・食品産業技術総合研究機構と共同でデータ駆動型農業の地域実装に向けたプロジェクトを開始すると発表した。... 同日の会見でNTTアグ...

“腹利” 社食で健康増進 (2020/1/7 深層断面)

島津製作所 機能性弁当を採用 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発した機能性弁当「NARO Style弁当」を民間企業で初めて採用したのは島津製作所だ。内臓脂肪を減らす効...

技術で五輪をサポートしようとしている「縁の下の力持ち」の研究とは―。... 国の機関である情報通信研究機構(NICT)が30年かけて開発した音声認識と機械翻訳、音声合成の技術を組み合わせています。&#...

農業・食品産業技術総合研究機構の農業技術革新工学研究センター(さいたま市北区、048・654・7030)は、ササキコーポレーション(青森県十和田市)と共同で、高機動畦畔草刈り機を開発した。

産業トレンド データは語る/ゲノム編集作物 (2020/1/3 産業TREND/ゲノム編集)

厚生労働省と消費者庁が所管する「食品衛生法」では、ゲノム編集を含むデオキシリボ核酸(DNA)改変技術を使って他の遺伝子を導入して作った食品を「組み換えDNA技術応用食品」―いわゆる“遺伝子組み換え食品...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる