14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日本は農産物の市場開放と引き換えに米国から工業分野で譲歩を引き出した。... 今後は他の分野にも市場開放圧力を強めてくる。... 米国は日本メーカーの最大市場の一つ。

ただフランスが農産物の市場開放に反発し、議論は1年以上も滞っている。

21日に開かれた日米の事務レベルでの貿易交渉では、自動車関税や農産物の市場開放などの扱いをめぐって溝が埋まらず、お互いの立場を確認する形となった。

米国は農産物や工業製品だけでなく、通貨安誘導を封じる為替条項や金融などサービス分野も交渉の場に持ち込む構えだ。... 【影響最小限に】 一方、農業分野では米国産農産物への関税の削減・...

安倍晋三政権は票田である農家に配慮しつつも、自動車を守るため「農産物の市場開放にも一定の譲歩を示す必要がある」(銀行系エコノミスト)との指摘もある。

米国は8月の初会合と同様に日米自由貿易協定(FTA)の交渉入りと、農産物の市場開放を要求する公算が大きい。... 市場関係者の間では、様子見だった初会合と異なり、第2回会合は厳しい要求を突きつけられる...

(編集委員・敷田寛明) 【協力体制を構築】 通商戦略は米国の保護主義的な動きや、過度な補助金を投じる中国の市場歪曲(わいきょく)的措置を念頭に置いた。... また米...

米国は日本には農産物の市場開放を強要しているほか、中国とは制裁と報復を繰り返す負の連鎖に陥っており、出口が見えない。

FFRでは米国が農産物の市場開放を要求してくる可能性がある。

米国が強硬姿勢を継続すれば農産物の市場開放や自動車の非関税障壁の撤廃、さらに液化天然ガス(LNG)の輸入拡大など求め、日本が何らかの妥協策を迫られる可能性がある。

トランプ米政権は日本に農産物の市場開放を迫っており、日米貿易摩擦の新たな火種になる可能性がある。 ... 大統領の支持率が低下しているだけに、農産物や自動車をめぐり対日圧力が強まるこ...

4月から始まる日米経済対話で、米国から自動車や農産物の市場開放を強く迫られる懸念が出てきた。 ... 4月から始まる日米経済対話では、関税を除く自動車の市場開放策や農産物の関税引き下...

4月に始める日米経済対話も、自動車と農産物の市場開放を求められる可能性が高く、交渉の難航が予想される。

農産物の市場開放を迫られることが必至なカナダとの交渉を、環太平洋連携協定(TPP)参加への布石にしたい。 ... 農業のさらなる市場開放は必至だ。 ... 農業の市場開放に対し対抗でき...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる