電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

91件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

売り手、買い手、世間の豊かさを求める三方よしは江戸時代から伝わる近江商人の心得。

利益偏重の姿勢ではなく、近江商人の『三方よし』の発想が重要ではないか」 ―環境問題は避けて通れません。

関西では近江商人の売り手、買い手、世間(社会)の「三方よし」の考えが伝統的に根付き、経営者はマルチステークホルダー経営を受け入れやすいとされる。

かつては近江商人の「三方良し」の精神で、地域社会との共生を実現していた日本企業。

一方で、近江商人の商売十訓の一つ「無理に売るな、客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ」をFA事業部の方針としている。

近江商人の哲学「三方よし」をアレンジした「五方よし」がモットー。

滋賀県出身ということもあり、近江商人の「三方よし」を大切にする。

経営ひと言/四国化成工業・田中直人社長「四方よし」 (2022/10/14 素材・医療・ヘルスケア)

「近江商人の三方よしに〝社会〟を加えた『四方よし』を活動方針にした」と力を込めるのは、四国化成工業社長の田中直人さん。

1877年、全国を回り多くの情報に触れる機会があった近江商人の山田兵三郎は、活版印刷がこれからの社会や経済活動の基盤になると考えて印刷業を始めた。... 【企業メモ】1877年(明10)...

矢野社長は「阪急電鉄、アルナバン、矢野特殊自動車、冷凍車市場それぞれにとって、近江商人の“三方良し”のような結果となった」と評価する。

ITと統計学の重要性は、近江商人を生み出した地域性を持つ経済学部や地元を中心にした教育人材を育成する教育学部にも波及している。

「現代の近江商人として伝えていきたい」と語るのは、たねや(滋賀県近江八幡市)社長の山本昌仁さん。... 「近江商人の『社会を良くするには何をすべきか』という考えを広...

翻って日本企業、特に関西の企業は「三方よし」という近江商人の教えを今も生かす。

近江商人の活動理念『買い手よし、売り手よし、世間よし』に通じるものがある。

近江商人の時代とは異なり、今は世界を相手に戦う時代。

コロナ禍になり近江商人の「三方良し」という言葉がよく聞かれるが、行き過ぎた格差社会への反発なのかもしれない。

こうした伝統的な精神構造は近江商人の「三方良し」につながる。

日本では近江商人の哲学「売り手、買い手、世間の三方よし」が古くから浸透している。

日本では近江商人の「三方よし」のように、古くから多様なステークホルダーを重視する経営を進めてきた。

「近江商人に倣って“三方エコ”として循環させたい」と話すのは、治部電機(兵庫県尼崎市)社長の治部健さん。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン