12件中、1ページ目 1〜12件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

同社の近赤外分光法(NIRS)を活用したウエアラブル型脳血流測定装置を使い、脳活動から眠気を検知する。

現在、機能的近赤外分光法と呼ばれる脳活動計測技術を高度化し、動物モデルを用いて脳卒中後の機能回復過程で生じる脳活動の変化を捉えることができている。

近赤外分光法(NIRS)により脳の活動状態から「はい/いいえ」を割り出す装置の技術を応用した。... 頭に装着した機器から脳に近赤外光を当て、反射した光の量から、血流量が分かる。

島津、認知症予防で技術開発 島根大など共同研究 (2018/12/4 素材・ヘルスケア・環境)

4者は連携し、国内外で研究成果の事業化を目指す。同プログラム実施の前後に行う計測には、島根大学が長年研究しているfMRI(機能的磁気共鳴イメージング)と、島津が展開するfNIRS(機能的近赤外分光法)...

食品栄養成分分析は、短時間・低コストで分析できる近赤外分光法による分析装置を12月に導入し、受託サービスを始める。

近赤外分光法(NIRS=用語参照)により脳の活動状態を計測する装置を応用した医用・福祉向けシステム。... 【用語】NIRS=体内を透過する近赤外光。... 0.1秒以下の間隔で近赤外光を時間差で点灯...

新生児などを対象に近赤外光を用いて生体の血液中の相対的なヘモグロビン濃度と酸素飽和度を計測するもので、計測データを診察に役立てる。... これまでは診察者の主観的な判断で蘇生処置がとられていたが、新製...

その後、脳の血流から脳活動を調べるNIRS(近赤外分光法)と、脳波計測を実施。

血中のヘモグロビンが酸素を放出すると吸光特性が変化することを利用し、機能的近赤外分光法(fNIRS)で血流量の変化を測定する。... fNIRSは機能的核磁気共鳴画像法(fMRI)などの大型装置に比べ...

被験者の脳内血中の酸素化ヘモグロビン濃度を近赤外分光法(NIRS)を用いて測定・解析し、接続した機械を動かす。... 被験者の額の左右にプローブ(検出子)を二つ当て、近赤外光を生体組織内に通し、前頭連...

だが、最近登場した近赤外分光法がすべてを解決した。頭の外から光を当て、脳から反射する光量から活性を計測する。

頭に光を当て、脳から反射する光の量から血液のヘモグロビン変化量を計測する近赤外分光法(NIRS)と独自の装着具を使い、生後5カ月と8カ月の乳児10人ずつの脳活動を調べた。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる