105件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

安価で無害な元素を使用する亜酸化銅(Cu2O)太陽電池の製造プロセスや、酸化インジウムスズ(ITO)透明導電膜の改質・加工などでの活用を想定している。... ITO透明...

東北工業大学の下位法弘教授と東北大学の田中俊一郎名誉教授らは、樹脂フィルムに透明な酸化亜鉛導電膜を形成する技術を開発した。... 電子線のエネルギーを調整すると酸化亜鉛の結晶の向きがそろい、光の散乱が...

日本板硝子、ベトナムのTCOガラス設備改修完了 (2020/2/6 素材・医療・ヘルスケア)

日本板硝子は、ベトナムにおける太陽電池パネル用透明導電膜(TCO)ガラスのフロートラインの改修が完了し、2月中にも生産を始める。... TCOガラスは、成形中や成形直後の高温のガラス表...

太陽光パネル用透明導電膜ガラス(TCOガラス)の製造・販売事業に充てられる。

酸素と結びつかなかった電子が膜に入り込むと膜の構造を破壊してしまうことから、電子がなくなるタイミングを計った。 ... 透明導電膜などで用いる添加元素の電子を酸素と結びつけ、応用に必...

透明のため、外観を損ねないのも利点だ。 ... 有機発光ダイオードを組み合わせたガラスで、製造工程で熱分解を活用し、ガラス表面に透明導電膜を成膜。基盤とふたに導電膜コーティングしたガ...

従来、同太陽電池の作製方法は、特殊な透明導電膜の上に高温プロセス(約500度C)で電子輸送層(チタニア)を焼成する高温形成・「順型」と呼ばれる手法が多いという。

同社が開発した有機LED照明ガラスは、製造工程で熱分解を活用し、ガラス表面上に透明導電膜(TCO)を成膜した。基盤とふたに導電膜コーティングを施したガラスを使用し、板ガラス自体が照明と...

材料へのダメージを減らす従来の成膜法に比べ、成膜速度を2・5倍に向上。実用性に富んだ成膜技術で新ビジネスの創出を目指す。 ... ポリエチレンテレフタレート(PET)...

産業技術総合研究所電子光技術研究部門の周英主任研究員と阿澄玲子副研究部門長らは、カーボンナノチューブ(CNT)の分散液を塗るだけで透明導電膜を作れる製造技術を開発した。... 導電率は...

同社のスパッタリング成膜源「ラムカソード」を使う。... 成膜技術の売り上げを2020年5月期に1―2億円を目指す。 ポリエチレンテレフタレート(PET)基材を使い、...

日本板硝子、太陽光パネル用ガラス増産 380億円投資 (2018/5/14 素材・ヘルスケア・環境)

日本板硝子は2019年度から21年度にかけて総額約380億円を投じ、太陽光パネル用の透明導電膜(TCO)ガラスを増産する。

日本板硝子は8日、化学気相成長(CVD)技術を使い、ガラス製造工程中(オンライン)に、厚さ0・7ミリメートルの薄板ガラス上に透明な導電性金属酸化物膜をつくることに成功し...

高強度で透明度が高い独自のカバーガラスなどの付加価値品を広く売り込む戦略も効いている。... 「この戦略が最も伸展する北米で、建築用の高透過ガラスや冷凍冷蔵ショーケース用の透明導電膜付きガラスなどをさ...

SMK、印刷シート不要のフィルムタッチパネル (2016/10/20 電機・電子部品・情報・通信2)

透明導電膜酸化インジウムスズ(ITO)フィルムに直接印刷することで、印刷シートを不要にした。... スマートフォンなどで採用されている静電容量方式の軽い操作感に近づけた。通常、抵抗膜方...

SMK、10―34インチの曲面タッチパネル−高い反応速度実現 (2016/9/13 電機・電子部品・情報・通信2)

センサー部分に、抵抗値が低く導電性が高い銅メッシュセンサーを採用。従来の静電容量方式タッチパネルに使われている透明導電膜酸化インジウムスズ(ITO)センサーより検出精度と反応速度が高い...

京浜ラムテック(横浜市都筑区)は透明導電膜やフレキシブル基板などをスパッタリングする際に用いるコンポーネントを展示。

まずは09年7月に同研究庁から取得した常温成膜できる酸化インジウムスズ(ITO)透明導電膜の技術を使う。従来、ITO透明電動膜は真空・高温度下で成膜する必要があったが、特許によりスパッ...

自動車のフロントガラスや眼鏡などに装着できる透明なコンピューターの開発につながる。 ... カルボン酸を起点に酸化チタンや酸化ジルコニウムを重合、透明の複合体を作製した。複合体を透明...

タムラ製作所はスマートフォンなどのタッチパネル向けに、酸化インジウムスズ(ITO)の透明導電膜にインクジェット方式で塗布できる絶縁材を開発した。... スマホや携帯端末に使われるタッチ...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン