1,490件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

この団体はJISの制定に加えて、国際標準化団体(ISOやIEC)への国際規格の提案も行う。また、このようにJISは公的な標準であるが、規制法令に引用されている場合(強制規格と呼ばれる)を除けば、それを...

水みらい広島、電力量計で水道検針 スマートメーター実証 (2021/6/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

【広島】水みらい広島(広島市中区、三島浩二社長)と中電技術コンサルタント(広島市南区)は、広島県廿日市市で、電力スマートメーター(通信機能付き電力量計)の無線通信規格を使い水道の使用量データを遠隔検針...

竹中、スマートビル推進でデータ基盤に新機能 ビッグデータ対応 (2021/5/21 建設・生活・環境・エネルギー)

ビルコミは建物設備システムやIoTセンサーなどからビッグデータを効率的に扱うため、オープンな通信規格を採用したクラウド型の建物データ基盤。

リース業界最前線(22)計測器レンタル (2021/4/29 金融・商品市況)

コロナ禍において加速した「所有から利用へ」、「モノからコトへ」という文化やライフスタイルなどの社会的変化に加え、ほぼ10年ごとに新たな世代へアップデートされ、近年は第4世代通信(4G)から5Gへ進化し...

京都大学大学院情報学研究科の原田博司教授らの研究グループは27日、国際無線通信規格「Wi―SUN(ワイサン)FAN」を搭載したIoT(モノのインターネット)用ゲートウェイデバイスを開発したと発表した。...

高速大容量通信規格「5G」の携帯電話網に対応した端末も展開する。

電子部品、復調鮮明に 車・5G向け好調続く (2021/4/21 電機・電子部品・情報・通信1)

自動車生産や設備投資の回復、高速通信規格「第5世代通信(5G)」の普及などを背景に、電子部品の需要は20年10―12月期に復調傾向が鮮明になった。

NESIC、CO2濃度をIoTで測定 換気タイミング見える化 (2021/4/15 電機・電子部品・情報・通信1)

IoT端末からクラウドへのアクセスでは、ソニー独自の低消費電力広域通信規格「ELTRES」対応のIoTネットワークサービスを活用することにより、低消費電力で広範囲の通信を行う。

フィンランドの通信機器大手、ノキアは、2年以内に最大1万人の人員を削減する計画を発表した。... 携帯電話の高速大容量の通信規格「5G」で主導的な立場を確保するために「必要なことは何でもやる」と意気込...

【川越】タイセー(埼玉県秩父市、笠原晃二社長、0494・77・1211)は、第5世代通信(5G)などに対応できる定格周波数40ギガヘルツ(ギガは10億)までのコネクター類を開発した。... 次世代高速...

工作機械の本場、欧州の規格対応を求むニーズに応えた。 ... プログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)やヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)などと同様、インダスト...

1秒当たり10ギガビットの伝送速度を必要とする、最新の車載イーサネット(通信規格)に適合している。同規格では4ギガヘルツまでの周波帯対応を求めており、新ケーブルは最新規格と比べても、より高い周波数帯に...

今後も、テレワークが新しい働き方として引き続き広まるほか、次世代通信規格である5Gに関連する需要が拡大するとみられるなか、IT関連輸出の増勢は維持される見込みであり、21年もベトナム経済のけん引役にな...

日本精工、軸受監視を4月開始 ファナック基盤と連携 (2021/1/19 機械・ロボット・航空機1)

回転機械の状態をその場で測定・診断可能で、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した顧客の通信機器と近距離無線通信規格「ブルートゥース」で接続できる。

ソフトバンクが持つ次世代通信規格「5G」などの技術情報を不正に持ち出したとして、警視庁生活経済課は12日、不正競争防止法違反(営業秘密の複製領得)の疑いで、同社元社員で現在は楽天モバイルに勤める合場邦...

新製品は、通信規格「RS―485通信」で制御可能な「αSTEP AZシリーズ小型ドライバー」に直接接続できる。

通信は、世界標準であるEV充電通信規格「OCPP1・6」を採用した。

総務省、5G電波を1社に追加割り当て 東名阪以外が対象 (2020/11/24 電機・電子部品・情報・通信)

総務省は、次世代通信規格「第5世代通信(5G)」サービスに必要な電波について、携帯電話会社1社に対し、2021年4月にも追加で割り当てる。

通信規格「ウェブソケット」など、まだセキュリティーの観点が断片的にしかまとめられていないような技術についても学べる。

具体的には(1)顧客提供価値の観点から本当に必要なサービスか改めて検討し、ロボット導入の足かせとなる過剰なサービスがあればそれを適正化し業務フローを見直す(2)ロボットが動きやすいように通路幅、床、段...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる