電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,186件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

今通常国会で成立した、適格者のみが重要情報を取り扱えるセキュリティー・クリアランス制度も活用しつつ、官民でサプライチェーン全体に関わる情報を共有し、流出の防止や代替供給体制の構築といった具体的な政策に...

2025年の通常国会での法改正を視野に検討に入る。

今通常国会で選択的夫婦別姓制度の議論は行われるのだろうか。

今国会審議中の資源循環新法成立後、関連する設備投資を促すためGX(グリーン・トランスフォーメーション)予算の倍増や税制優遇措置を要望。さらに、使用済み太陽光パネルのリサイクル法案の次期...

法改正が必要な場合、25年の通常国会への法案提出も視野に入れる。

政府は巨大IT企業によるスマートフォンのアプリケーションなどの寡占を防ぐ「スマホソフトウエア競争促進法案」を閣議決定し、今通常国会に提出した。

政府は、巨大IT企業の市場支配を規制する新法を月内にも今通常国会に提出する。

今後の規制見直しについては、NTT法の廃止を含めて検討し、その結果に基づいて2025年の通常国会をめどに関連法案を提出する方針を付則に盛り込んだ。

今通常国会での成立を目指す産業競争力強化法改正案で定義した従業員2000人以下の中堅のうち、賃金水準が高く、国内投資に積極的な企業を「特定中堅企業」に認定。

高市早苗経済安保担当相は新法案が閣議決定された2月末、経済安保上の機微情報を保護する適格性評価制度創設の意義をこう強調し、法案の今通常国会での成立に意欲を示した。 ... 政府による...

経済産業省は大企業と中小企業の間に位置する従業員2000人以下の企業を中堅と定義する産業競争力強化法改正案について、今通常国会での成立を目指す。

4月下旬にも閣議決定し、今通常国会に提出する。

また、今通常国会に提出中の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)法改正案の成立後、設備投資など事業開発にも支援できるようにする。

ただ、NTTが日本電信電話公社から承継した通信局舎などの“特別な資産”や電話・ブロードバンドのユニバーサル(全国一律)サービスのあり方といった見直しの本丸案件でNTTと競合各社間が激し...

政府は産業競争力強化法などの改正案を今通常国会で成立させ、従業員2000人以下の企業を「中堅企業」と法的に位置付ける。

このほか、今通常国会で成立を目指す産業競争力強化法改正案で示した「特定中堅企業」も対象にする。

現在会期中の通常国会での成立を目指す。

2025年の通常国会をめどに必要な措置を講ずる法案の提出を目指す中、国民が納得した形での結論が求められる。

4月下旬にも閣議決定し、今通常国会に提出する。

民間人も対象となる同制度の創設を盛り込んだ新法案が27日に閣議決定され、今通常国会での成立を目指す。... 与野党は国会で審議を尽くし、企業や従業員・研究者が不利益を被らない制度にまとめてほしい。&#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン