5,335件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

10月以降も「回復への期待はあるが、造船分野などからの需要は厳しい」とした。

建機や工作機械、造船向けなど国内外で総じて需要が低迷している。

一方でJMUは19年11月に国内造船首位の今治造船(愛媛県今治市)との提携を発表。... 造船所の縮小は敗戦処理の一環だ。 ... 造船業の国内就労者数は約8万人。

JMUは2月、韓国や中国の造船所との競争激化に伴い、舞鶴事業所での商船事業を撤退し、艦船修理に特化することを決めた。... 撤退により造船所の7割近くが空き、約300人が配置転換となる見通し。... ...

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)は、マーシャル諸島のブロンズ・マリタイム向けに、バラ積み貨物運搬船「ドラフトジーラ=写真」を引き渡した。

「当社の事業方針、活動は国連の持続可能な開発目標(SDGs)と方向が一致している」と力を込めるのは、日立造船社長兼最高執行責任者(COO)の三野禎男さん。

厳しい経営環境にある日本の外航海運業や造船業については、経済安全保障の観点から国際競争力の強化が重要だとしたものの、具体策には言及しなかった。

だからだろうか、中小の造船所が幾つかあり、古典的な「ものづくり」の雰囲気が島には満ちている。

サノヤス造船、バラ積み船完工 (2020/6/29 機械・ロボット・航空機1)

サノヤス造船(大阪市北区、上田孝社長、06・4803・6161)は、水島製造所(岡山県倉敷市)でスプラマックス型バラ積み貨物船「フェルミッタ=写真」を完工した。

これを機に他の消防艇や漁船、釣り船、プレジャーボートなど幅広い新造船や既存船への普及を目指す。

(編集委員・板崎英士) 造船・海運技術生かす 1956年以降、半世紀近くにわたり世界シェア首位を維持してきた日本の造船業。... 日本には世界3位の造船業、同2位の...

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)は、船舶の自律航行に必要な操船システムを2021年に実用化する。... 自律操船システムを造船会社や船主に提供することを視野に入れ...

全業種が減少となる中、特に自動車と航空機・造船・輸送用機械の大幅な落ち込みが目立つ。

(大阪編集委員・林武志、松山支局長・西村和憲) 今治市には今治造船に代表される造船産業や世界に名が知られる「今治タオル」の繊維関連産業、観光名所にもなる宮殿を模した工場を持つ調味料製...

造船、海運、舶用工業という海事セクターの強みと、情報通信や制御技術など日本が得意とする技術を生かして国際競争力を高める狙いもある。

創業当時の造船から建築、港湾土木へと変化し続けてきた同社にとって大切な場所。

三井E&S、バラ積み船引き渡し (2020/6/23 機械・ロボット・航空機1)

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)は、バラ積み貨物運搬船「スターマル=写真」を引き渡した。

日本造船工業会の斎藤保会長(IHI取締役)は17日、定例会見を開き、「発注意欲の低下や新型コロナウイルスのまん延で、2020年の日本の造船受注量はここ数年で最も低い水準で推移している」と述べた。

三井E&S、三菱重に「艦艇」譲渡へ 祖業の造船立て直し (2020/6/16 機械・ロボット・航空機1)

三井E&Sホールディングス(HD)は、国内での新造船の自社建造から事実上撤退する。... 市況の低迷や中国・韓国勢の攻勢に対応するため、祖業の造船は提携戦略で立て直しを図る。... 三井E&S造船は常...

日本財団、5事業体に助成 無人運航船の実証実験 (2020/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

▽スマートフェリーの開発、三菱造船(横浜市西区)、新日本海フェリー(大阪市北区)▽無人運航船@横須賀市猿島、丸紅、トライアングル(横須賀市)、三井E&S造船(東京都中央区)▽無人運航船の未来創造、日本...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる