271件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

教育が中心で運営費交付金も厳しい高等教育局に対して、「当局なら(予算をはじめ)研究に注力する大学に焦点を当てられる」(研究振興局幹部)からだ。 ... 【自立運営を】 ...

(編集委員・山本佳世子) 国立大学の運営費交付金の概算要求は1兆1137億円、前年度予算に比べて新型コロナ対策で330億円増だ。... 「小規模設備など広く対応するのに交付金を使うが...

政府全体の概算要求額には国立研究開発法人などへの運営費交付金は含まない。

研究装置は一般に数百万円以下のものは競争的資金や運営費交付金で整備される。

国立大学は運営費交付金削減により、退職教員の補充をしないケースが目立ち、幅広い科目の維持が負担になっている。

学部の教授会の審査で適切だと認められれば、准教授と教授の人件費差額の年200万円程度を、大学本部が負担する。... 運営費交付金が厳しい中、若手は優秀でも昇任の機会が乏しい状況にある。 ...

20年度は国立大学の運営費交付金の一部の10億円をこれに充てる。... 共同研究費を用意し、例えば数学、情報、病院の研究者が、病院内の治療方針や医薬品選定を合理的に決める手法の開発に取り組む。

しかし運営費交付金の削減が続く中でも、値上げを表明する大学は長い間、見られなかった。 ... 運営費交付金が苦しい中で国際化など資金の必要な活動が増えているのは、どの国立大でも共通だ...

キーワード/「国立大学法人等」 (2020/2/27 大学・産学連携)

A 教職員の人件費を中心とする運営費交付金や、施設整備の予算で隣り合っている。... 国立大学と大学共同利用機関法人の交付金なら、高等教育局の国立大学法人支援課だ。

しかし大規模大学は有期事業の獲得が多く、それらをつなげることで長期の人件費を確保できる。... 国立大学の教員人件費は、元手となる運営費交付金が厳しい状況に置かれている。

【岡山】ウエスコホールディングスが運営するウエスコ学術振興財団(岡山市北区)は2019年度の研究発表会を開いた(写真)。... 同財団は98年に設立され、岡山県内の若手学術研究者を中心に研究費助成金な...

国立大学の建物は運営費交付金とは別に、「施設整備費補助金」で予算が組まれる。

運営費交付金など大学の予算が厳しい中で、「産業界の支援で大幅赤字というのはおかしい」と社会の議論が進んだ。 ... 新事業は間接経費と同様に、使途を限らない交付金という形で、知恵を使...

文部科学省は量子科学技術を駆使し社会的課題の解決を目指す研究開発プログラム「光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q―LEAP)」に32億円、量子科学技術研究開発機構に設置する量子生命科学研究拠点の建...

また産学共同研究費や、その間接経費比率など伸ばす努力を後押しする「国立大学イノベーション創出環境強化事業」も、内閣府の設計で開始。... 国立大の運営費交付金は、19年度予算で約1割が評価に基づく傾斜...

キーワード/外部資金 (2019/12/5 大学・産学連携)

A 一般的なものとしては国や企業からの受託研究費、共同研究費、受託事業費がある。... ほかに寄付金がある。... A 規模などに応じて用意される運営費交付金、授業料など学生納付金、診療に携わる付属病...

広島大、クラウドで研究活動資金を獲得 (2019/11/28 大学・産学連携)

越智光夫学長は「運営費交付金の不足を補う新たな外部資金獲得の一環」と狙いを説き「大学の教育・研究を広く知ってもらい、支援を受け活動を活性化したい」とした。 ... 募集期間内に目標額...

(編集委員・山本佳世子) 国立大学の施設(建物)は通常、「国立大学法人等施設整備費補助金」で予算が組まれる。... 主目的は運営費交付金の不足分のカバーだ。

国立大学の評価と運営費交付金の傾斜配分が始まったのもその一つだ。... 各大学の特色に基づく組織運営で「これらを経営層と現場の“コミュニケーションツール”にすべきだ」と強調した。

さらに気象庁は全国に展開した地震計や震度計などの観測網、地震や津波の監視システムの運営費用として19億円を計上した。 ... 政府全体の概算要求額には国立研究開発法人などへの運営費交...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる