6,396件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

そこで事業継続に貢献する運転資金として現金を支給する。... A 新型コロナの影響で、売り上げが前年同月比で50%以下に減少した資本金10億円未満の中堅・中小企業、小規模事業者に対して最大200万円、...

3月31日で65歳以上の高齢者が4月1日以降に購入した装置が対象。高齢ドライバーの安全運転を支援して、交通事故低減につなげる。

キャタピラージャパン(横浜市西区、塚本恵職務執行者、045・682・3800)は、コンパクトトラックローダ「Cat259D3=写真」を発売した。... コンソールは前後スライド調整が可能となり、操作し...

開発者2人に背景や狙いを聞いた。 ... -開発者も定期的にユーザーへ足を運んでいるとか。 榊原たびたび...

LINE住民票、渋谷区は改善を 総務相 (2020/4/6 電機・電子部品・情報・通信)

利用者はスマートフォンなどから請求内容を入力し、本人の顔写真と、運転免許証など顔写真入り証明書の画像を撮影して送信することで、本人確認が行われる仕組み。

キャタピラー、後方小旋回型ミニショベル2種発売 (2020/4/6 機械・ロボット・航空機1)

キャタピラージャパン(横浜市西区、塚本恵職務執行者、045・682・3800)は、後方小旋回型ミニショベル2種類を発売した。操作性向上や運転コストの削減に寄与する。... 現場の状況や作業内容、操縦者...

【臆せずに挑戦 住友電気工業・井上治社長】 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)、自動運転などの新技術やビジネスモデルは劇的に変化している。... 【団結が任務 マレリの...

ホンダは外観や内装といったデザイン、乗り心地などの運転特性は自ら手がける。 ... 両社は既に燃料電池、EV用電池、自動運転によるライドシェア(相乗り)向け専用車の開発で連携している...

設備運転や保全、原料調達、出荷、生産管理などの業務を時間差なしで一体化。... 具体的にはセンサーなどを活用した突発的な設備トラブル防止や、添加剤投入などの手作業工程の間違い防止、運転や保全の日常業務...

モノのコモディティー化でモノを売るだけでは利益を上げにくくなっていることや、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)などの進展に伴い、顧客や消費者の求める価値がモノに付帯したサービスや利用体験...

これによって運転停止、生産数、段取り、異常といった信号を得ることができる。... まだ導入から間もないが、長時間の稼働停止時に責任者が現場に素早く駆けつけ、異常時の対応時間を短縮するといった効果が表れ...

課題の一つが高齢者の外出手段である。... その有力なプラットフォームは電動車いすであるが、転倒事故や交通事故が多く、搭乗者アシストや自動運転の技術開発が急務である。 ... 深層学...

大型合併の背景には「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の対応や、事業規模を生かしたコスト競争力の強化がより重要性を増していることがある。 ... ホンダのCA...

しかし今後も“旗”は降ろさず、20年度については新型コロナウイルスの感染拡大の影響を注視するとしつつ、「70万台超えを目指す」(ホンダ関係者)と意気込む。 ... 「まだ比率を高める...

仕事の質・生産性向上 日本製鉄グループで設備の運転・保守・管理代行サービスなどを手がける日鉄テックスエンジ(東京都千代田区、藤野伸司社長、03・6860・6600)が、働き方改革の一...

「世界に先駆け高速道路で(一定の条件付きで自動運転できる)『レベル3』の自動運転車を投入可能とする」(赤羽一嘉国交相)のが狙い。 性能要件として(1)乗車人員や他の交通の安全確保(2...

JR九州・西鉄、公共輸送の連携始動 鉄道・バス乗り継ぎしやすく (2020/3/31 建設・生活・環境・エネルギー1)

人口減など社会構造の変化に対して補完し合い、利用者を増やして持続可能な公共交通を築く狙い。... 同時期に西鉄は運転士不足による減便も実施したが、小倉方面の減便分を振り向けて最適化した形だ。 ...

またプロセスの決裁者を明確にする。... 「強いモノづくり、強い商品、強い事業を取り戻す」とホンダ関係者は力説する。 ... またトヨタ自動車がNTTとの資本業務提携を決めるなど、C...

「想定を超えて好調」とホンダ担当者は話す。... ネットにつながるコネクテッドカーや自動運転技術が進化し、今以上に簡単に車を手配できるようになれば、数ある移動手段の一つとして車を短期・長期で利用する消...

JR東海は新型特急車両「HC85系」を試験運転中だ。... 開発者としてのプレッシャーは大きかった」と平野部長は苦笑する。 ... 「営業運転までに客席をさらに快適な空間にしたい。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる