電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4件中、1ページ目 1〜4件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

鋳物で作る製品のほぼすべてに木型が必要だ。遠藤木型(札幌市西区、遠藤俊一郎社長、011・661・2571)は創業から72年間、木型を中心に技術を磨き、日本のモノづくりを支えてきた。&#...

遠藤木型の遠藤貞幸社長は公共事業を要望しつつも、「普通の経営者の感覚なら、まず借金を返す対策を考えるのでは」と財政とのバランスを重視する。 ... hそもそも追加経済対策には何も望んでいない&...

◆遠藤木型(札幌市西区)遠藤貞幸社長 (1)ぶれない態度 (2)選挙のための政治はやめてほしい (両者に=民主党...

遠藤木型の会社案内の表紙には「迷いは最初の一歩」と記載されている。遠藤貞幸社長の「すべてはここから始まる」との思いを表現した。... 木型は鋳物と二人三脚で歩んできた業界。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン