225件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

車載カメラで架線など点検 JR九州、検査システム導入 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

係員による実地検査に代えて、遠隔診断や機械による自動判断を可能にする。作業の省人化や効率化を図る。... 列車巡視支援システムでは、前方カメラで列車動揺や線路周辺の支障物の有無などを自動判定する。

飛島建設、多機能サイネージを外販 顔認証・安全教育・EC (2020/3/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

顔認証を使い建設現場で普及が急がれる建設キャリアアップシステム(CCUS)にも簡易に対応できる。 ... 同社の遠隔管理技術で現場作業なしで一気に端末を導入できる。 ...

自宅待機や出張制限により工場などの現場作業を遠隔地から支援する必要が生まれ、同システムの引き合いは従来比2倍程度に増えている。 JMACSは米リアルウェア製のスマートグラスと自社ソフ...

(いわき・駒橋徐) 【遠隔技術を支援】 NARRECは2016年に遠隔技術の支援設備としてスタートした。福島第一原発の廃炉に際し、企業や研究機関がロボットなどの遠隔...

消火・救助活動を指揮する部隊が現場の状況や消火栓の位置などを確認して活動計画を立て、消防車両や隊員を適切に配置して指揮するのを支援する。... 火災現場の可視化、消防車両や消防隊員の遠隔監視といった個...

ブイキューブは、遠隔拠点間で資料や映像を共有できるウェブ会議システム「ブイキューブ・コラボレーション」と、米リアルウェア製スマートグラスを連携した遠隔作業支援システムの提供を2日に始める。作業員が装着...

川重はIoT(モノのインターネット)などを活用し、ロボットを遠隔操作するシステム「サクセサー」を開発。... 同システムは「サクセサー―G」として4月に発売する。... 構内に顧客の導入検討を支援する...

【京都】ハイシンク創研(京都市下京区、巽雅幸社長、075・322・7088)は、スマートグラスとAR(拡張現実)を用いた現場作業支援システムを発売した。... 遠隔地の熟練者が作業状況を共有してアドバ...

多種少量の組立作業や目視外観検査、工場内の物流作業などです。... 二つ目の人材育成では、産業界と高等専門学校が連携し、生徒だけではなく教員に対する支援をします。... 河野まず、プロセスについてです...

連携で開発速度を上げ、現場作業者の負担軽減にも役立ててもらいたい。 ... 大手各社は現場の生産性向上に向け、建設ロボット、IoTや人工知能(AI)を活用した支援ツールの開発に取り組...

さらに同社は、機械の保全・修理を遠隔操作する「遠隔作業支援システム」も導入。... 生産支援システムでの作業のマニュアル化は技術伝承に役立った。また遠隔支援は自分で作業をしてみることが経験につながる。

鹿島、スマート生産を横展開 来年度100現場に導入 (2020/1/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

必要に応じて施工ロボットを加え、スマート生産推進チームが導入を支援する。... 鹿島は18―19年に名古屋・伏見ビルのモデル現場で18の技術・システムを実証した。... 各種データを見える化し、作業員...

AIで変わる医療業界 (2020/1/1 ヘルスケア)

「AIの活用で昔よりも良い診断ができるようになってきた」と、遠隔画像診断システムを開発するエムネス(広島市南区)社長で放射線科医の北村直幸氏は手応えを感じる。... 一日中画像から病気を探し続ける作業...

2020予測/建機3社、勝ち残り模索 (2020/1/1 機械・ロボット・航空機2)

工事現場の業務を支援する情報通信技術(ICT)サービスはルマーダを活用している。... 新品の建設機械販売だけでなく、レンタルや中古販売、保守・メンテナンス、作業員の育成など建機のライフサイクルを一元...

こうした5Gの性能を生かせば、建設機械やロボットを遠隔操作できる。地上約60メートルの高さにあるタワークレーンの映像を地上の運転台に伝送すると同時に、地上からの操作信号をクレーンへ即時に反映させること...

ゲームチェンジ 5G普及に向けて(3)工場ワイヤレス化 (2019/12/25 電機・電子部品・情報・通信)

事業所や工場などで、レイアウト変更の度に通信回線を移設・増設している煩雑な作業をワイヤレスで解決できないか。... ユーザーは基本的に自らの敷地内や建物内に限定した無線通信免許を取得でき、無線通信シス...

同時期に同ロボットの導入や活用を支援する取り組みも日本で始めた。... 専任の営業や技術担当者を配置し、ネットワークを通じて遠隔で支援する。... センサーで周辺の作業環境を把握して、ロボットの最適な...

川崎重工業は12日、ロボットを遠隔で操縦して研削、バリ取り、仕上げ加工などのグラインダー(研削盤)作業ができるシステム「サクセサー―G=写真」を2020年4月に販売すると発表した。遠隔操縦した動きを模...

同工場は機械の稼働状況と現場の作業状況をインターネットでつないだ「生産支援システム」を導入した。... システム構築に当たりトラブルが起きた際の対処方法も統一した。... 【遠隔で支援】 &#...

開発したヒューマノイドを基盤に、搭載するソフトウエアを第三者が自由に開発できる開放型の仕組みで、多様なアプリケーション(用途)を実現する」 ―遠隔操作技術でロボットに人の作業を記憶さ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる