1,647件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

DMG森精機、独に自動化モデル工場 生産性3割向上 (2020/10/20 機械・ロボット・航空機1)

遠隔操作が可能なAGVが、毎分45ミリメートルの速さで次のステーションに機械を自動で移動させることにより、組み立てから基本精度出し、カバー取り付け、品質検査まで全34工程のライン生産を実現した。...

防災/LIXIL、スマホから施錠確認 竹中工務店、人の流れ可視化実証 LIXILはIoT(モノのインターネット)技術により玄関ドアやシャッター、家電製品などをスマートフォンから遠隔操...

5Gソリューション (2020/10/19 特集・広告)

超低遅延のためリアルタイムに建設機械やロボットなどの遠隔操作が可能で、屋内外の家電やセンサー、自動車などあらゆる機器が接続しIoT(モノのインターネット)環境を構築する。 &#...

NTTとオリィ研提携 グループに分身ロボ、障がい者雇用推進 (2020/10/16 電機・電子部品・情報・通信)

NTTは15日、遠隔操作型分身ロボットを手がけるオリィ研究所(東京都港区)との資本業務提携を発表した。

鉄人28号など人がロボをリモコン操作する「遠隔操作型」、ガンダムなど人がロボに乗って操作する「搭乗型」、仮面ライダーなど人が変身する「装着型」、鉄腕アトムなど人と共存する「アンドロイド型」。昭和のTV...

川田工業は芝浦工業大学と遠隔からロボットを操作する「アバターシステム」を共同開発する。... 共同開発では、アバターシステムの基本設計を川田テクノロジーズが手がけ、芝浦工大はロボ用遠隔操作装置を開発す...

アクティオ(東京都中央区、小沼直人社長、03・6854・1411)は、可視光通信を使って水中のつり荷を遠隔で自在に水平回転できる機械装置「アクアジャスター=写真」のレンタルを始めた。潜水士がつり荷に触...

新型コロナ/売れるプリンター 在宅勤務、効率的に (2020/10/9 電機・電子部品・情報・通信)

「TS8430」「TS7430」は、自宅のパソコンから社内の端末を遠隔操作するリモートデスクトップ方式でも利用可能で、社内データを自宅で印刷できる。

印刷で作製、人の能力高める 【即時に動き再現】 SF映画では仮想の空間で登場人物の分身(アバター)を意のままに操作し、現実では難しいアクションを起こしたり、超人的な...

カットランドジャパン(東京都大田区、森健一社長、03・6424・9684)は、遠隔操作型のロボットアーム「マスタースレーブロボ」を開発し、発売した。... 作業者は遠隔地から一方の作業側のロボについて...

ニューノーマルで輝く(1)大日本印刷 常識超え新サービス (2020/10/6 電機・電子部品・情報・通信2)

第1回は大日本印刷の遠隔イベント。 ... コロナ禍では、さまざまな体験を遠隔操作ロボットや仮想現実(VR)などで補う取り組みが活発化した。... ニューミーの場合は操作性や互いの顔...

自動走行ロボットの遠隔操作時に起きた人身事故で訴訟に発展した際の弁護士費用など新たなリスクもカバーしている。

【川崎】イクシス(川崎市幸区、山崎文敬共同社長、狩野高志共同社長、044・589・1500)は、JR東日本と共同で、3次元モデリング技術「BIM/CIM」とロボットを連動し、鉄道工事現場を遠隔操作や遠...

福島第一原子力発電所の視察、会場となる日本原子力研究開発機構(原子力機構)楢葉遠隔技術開発センターの見学と研修により、施設と福島県浜通りの現状を正しく理解してもらうための取り組みを実施している。...

工場用ロボットのデモンストレーション(写真)では、高画質で低遅延の現場映像をもとに、細かな力加減でロボットを遠隔操作する体験が楽しめる。

クラウド上での使用状況データの共有や遠隔操作を可能にした。... 「使い方が分からない」「操作がうまくいかない」などの要請には遠隔操作を活用。オンラインで会話しながら現場で操作をしてもらう。

廃炉工事用には特殊な遠隔ロボットなどを生産しており「廃炉作業での被ばく低減のため、遠隔操作などで安全に作業を行えるようにする」という。 こうしたノウハウを生かし遠隔で2台のロボットが...

中部電とKDDI、5G使い変電所効率化 大高で通信性能検証 (2020/9/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

ロボットや高精細カメラ、スマートグラスなどを使い遠隔での巡視や監視、作業支援などでの運用につなげる。... 中部電と三菱電機で開発中の巡視ロボットを遠隔操作して現場業務や災害時の情報収集などを行い、リ...

日立、米研究所に5G網構築 (2020/9/29 電機・電子部品・情報・通信1)

5Gを活用したデジタル変革(DX)実証第1弾として、ジョージア工科大学と共同開発した人とロボットが協調作業できる遠隔操作技術を用いた製造ソリューション実験を行う予定。

当機構の楢葉遠隔技術開発センター(NARREC)は、1Fの廃炉や災害時の対応に必要なロボットなどの遠隔操作機器の開発や、実証試験を行える施設。... さらに、試験棟には廃炉や災害に対応する遠隔操作機器...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる