8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

安藤ハザマなどで構成する山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアムは26日、クラウド環境を活用した遠隔臨場支援システムを開発したと発表した。

ドローンで1cm視認 フジタ、建設現場の検査効率化 (2021/7/6 建設・生活・環境・エネルギー)

フジタは5日、センシンロボティクス(東京都渋谷区)と共同で、大規模な造成地などの建設現場向け「遠隔臨場ドローンシステム」を開発したと発表した。遠隔地で飛行ロボット(ドローン)からの...

鹿島・リコー、VRで現場遠隔管理 ライブ映像とBIM共有 (2021/6/25 建設・生活・環境・エネルギー)

すでに河川の分水路改修工事で導入し、遠隔地とのコミュニケーションや意思決定を実現した。... VR空間には、3次元(3D)モデリング技術「BIM/CIM」モデル、360度の写真、3Dスキャナーで計測し...

【福岡】福岡県は、県発注の建設工事の現場確認にスマートフォンなどで撮影した映像を活用する「遠隔臨場」を始めた。... 遠隔臨場では受注者が撮影した建設現場の映像を、県担当者がリアルタイムで確認する。

国土交通省が推進する3次元モデリング技術「CIM」の活用サポートや、発注者による現場確認検査を「遠隔臨場」と呼ぶオンライン化の手法で効率化する試みも始めた。

タビーは内蔵のカメラを通じ、遠隔地の人とコミュニケーションできる。テレイグジスタンス(遠隔臨場感)と呼ばれる仮想現実(VR)技術で遠くのモノや人を近くに感じられる。 ATCの複数拠点...

旭光電機(神戸市中央区、畠田忠彦社長、078・341・1837)は、視覚、聴覚、触覚などの情報を人とロボットが双方向に伝達できる遠隔操縦技術を用いたロボットシステム(写真)を開発した。危険な場所での遠...

その根幹を担う技術の一つにテレイグジスタンス(遠隔臨場感)がある。... 【産学連携で挑戦】 例えば遠隔地にあるロボットを自分の分身のように動かすだけでなく、ロボットに装着した多様な...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる