39件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

もしもに備えて対策を 雷害防止技術 (2018/7/25 特集・広告)

受雷部システムは雷撃を受けるための部分で、主な構成要素は避雷針だ。避雷針は落雷を誘導し、建物の代わりに雷撃を受ける役目がある。... 建築基準法では、20メートルを超える建築物には避雷針を取り付ける義...

進捗会議では誰もが恩師から厳しい指摘を受けていたが、その対象になった人を、同期では「避雷針」と呼んだ。

独自開発の落雷が直撃しない避雷針「極性反転方避雷針(PDCE)」が一押しだ。

従来の避雷針は落雷時に先端から正電荷の放電が起き、放電路を形成する。そして、避雷針を通して電流を地下に逃がす。 同社の「極性反転方避雷針(PDCE)」は先端部分に絶縁体を設けており、...

会場で落雷抑制プロダクツ(茨城県那珂市)は、独自技術を盛り込んだ落雷が直撃しない避雷針を展示した。

落雷から家族を守る−落雷抑制システムズ、個人宅向け避雷針 (2017/4/27 電機・電子部品・情報・通信2)

雷は正電荷に対して落ちるため、この避雷針を使えば落雷を防げるとしている。 ... 従来の避雷針は落雷を誘発する構造。同社の避雷針は落雷自体を抑制する仕組みとしており、個人宅を中心に訴...

シンフォニアテクノロジー、武藤会長が伊勢工業高校で講義 (2016/6/14 機械・ロボット・航空機1)

学生はグループ議論を通して「コンタクトレンズ型スマートデバイス」「地面の熱や雨水をエネルギー源とする自動車」「避雷針発電」といった新製品の構想を発表。

頭“の部分には避雷針の”トサカ“もある。

避雷針が落雷を引きつけ人や建物への直撃を防ぐのに対し、避雷器は地面や電線から侵入する誘導雷から電気設備を守る。

■機械・加工 ▽ダイナックス(北海道、自動車用クラッチ・パックなど) ▽東和電機製作所(北海道、漁師のノウハウをシステム化した全自動イカ釣機)&...

産業春秋/雷被害 (2013/7/25)

こうしたことが落雷被害増加の原因という▼避雷針を完備したオフィスビルや工場でも、サージ被害は防げない。

物的被害を防ぐためには避雷針を建物の角部に取り付け、雷を安全に呼び込んで電流を地面に逃がす方法がある。ただ避雷針の先端で受け止められなかった場合は、建物に被害が及ぶことがある。 .....

避雷針と地面をつなぐ雷電流用導線を設ける必要がなく、避雷設備コストを半減できるという。

12年度に入ってコーディネーターにより、ロックン・ボルトを避雷針の固定に使いたい企業や、盗難防止ボルトを自動車のナンバープレートの固定に使えないか、プレートメーカーの紹介を受けた。

高さ15メートル以上の用途で防災行政無線(写真)、避雷針、照明柱など顧客が採用しやすくなるとみる。

【横浜】落雷抑制システムズ(横浜市中区、松本敏男社長、045・264・4110)は、今夏の電力不足を予想し、避雷針「PDCEシリーズ」の新機種を31日に追加する。

リングが効果的な避雷針の役割を果たす。... さらに「一般的な風車にも避雷針は付けられているが、強力な雷だと故障を引き起こすことがある」ともいう。

風況観測だけなく避雷針塔などにも利用できる。

日本避雷針工業(大阪府吹田市、田中阜社長、06・6337・3151)は4月1日に社名を「ニッピエンジニアリング」に変更する。

「雷で避雷針の下から電気が上り、物流機器のプログラムに影響が出た」(浅岡部長)程度しかトラブルは起きていない。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる