16,884件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

フィルターは、多孔質セラミックスに酸化タリウムと酸化ビスマスを混ぜた触媒をコーティングし、フィルター上で集塵された炭素微粉を燃焼除去する。炭素は大気中660度C以上に置くと酸化燃焼するが、同フィルター...

高精度の二酸化炭素(CO2)センサーを搭載。

また、二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指すと宣言した328の市町村(21年4月14日時点)のうち、北海道稚内市、岡山県瀬戸内市など23の自治体がエネルギー永続地帯に該当していた。

日本を変える17Goals(101)沖縄電力 (2021/5/14 SDGs)

50年に向けた再生可能エネルギーの主力電源化などを通じて、二酸化炭素(CO2)排出量の低減やエネルギー環境の強靱(きょうじん)化に貢献。

ありふれた酸化銅でテラヘルツ光(テラは1兆)の偏光をねじることに成功した。 電圧をかけて酸化銅中のスピンの並びを変えると、通過するテラヘルツ光が右や左にねじれる。

14日にも亜鉛末と工業用酸化亜鉛について、在庫分の出荷を始めるとともに、来週早々には工場敷地内にある酸化亜鉛工場の稼働を再開する見通しだ。

50年の電源構成比率を再生可能エネルギー54%、原子力10%、水素・アンモニア13%、CCUS(二酸化炭素〈CO2〉回収・利用・貯留)・火力23%にした場合、20年の試算値に比べ50年には電力コストが...

【名古屋】アイシンは13日、2030年度に生産活動における二酸化炭素(CO2)排出量の削減で13年度比46%以上を目指す方針を明らかにした。

藻類は二酸化炭素(CO2)を吸収して燃料やプラスチックなどの原料を生成するため、大量培養すると化石資源の代替原料を供給できる。

東急不HD、30年度に営業益1500億円 (2021/5/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

具体的な指標では二酸化炭素排出量を19年度比46・2%削減。

UACJ、米でアルミ構造部品増強 車向け36億円投資 (2021/5/13 素材・医療・ヘルスケア)

米国では環境規制強化を背景に二酸化炭素削減や燃費向上を目的に自動車軽量化が進む。

エーザイ、長期環境目標を設定 (2021/5/13 ヘルスケア)

グループ全社の二酸化炭素(CO2)排出量と吸収量をプラスマイナスゼロにする。

東京工業大学の服部祥平助教らの研究グループは、二酸化硫黄(SO2)排出量が減っているにもかかわらず、健康や気候変動に影響する大気微粒子「硫酸エーロゾル」の減少が鈍化している要因を特定した。... その...

導電性高分子に白金粒子を固定し、水素ガスと接触すると起きる酸化還元反応の起電力を検出する。... 炭化水素や酸素、二酸化炭素(CO2)などのガスとは反応しなかった。

これまで農研機構は水田由来のメタンや畑地由来の一酸化二窒素(N2O)の削減といった研究開発で成果をあげており、こうした分野の研究を農林水産分野の主要研究開発課題として推進したい」 【...

また、1986年に銅酸化物高温超電導体が発見され、世界中で冷媒として液体ヘリウムを使わない液体窒素冷却での超電導の応用技術(送電、電磁石、モーターなど)が盛んに研究されてきた。

一酸化窒素は呼吸不全の治療に使われる。

三井不、CO2排出ゼロ倉庫 神奈川・海老名に来年9月完工 (2021/5/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

三井不動産は12日、二酸化炭素(CO2)排出量が実質ゼロの環境配慮型倉庫(イメージ)を神奈川県海老名市に建設すると発表した。

これまでは二酸化炭素(CO2)排出を18年度比30%減としていた。

【名古屋】中央発條は、二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、主力の藤岡工場(愛知県豊田市)でバネ生産向け冷間成形の設備を導入した。

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる