201件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

エリオニクス、走査4倍速400メガヘルツの電子線描画装置を投入 (2020/11/30 電機・電子部品・情報・通信)

量子ドットを使った量子コンピューター向けデバイス製作や10ナノメートル(ナノは10億分の1)以下のナノインプリント用テンプレート(ひな型)の製作、樹脂材料評価向けなどに提案する。

量子ドットに近赤外光を照射すると、吸収エネルギーの一部を蛍光や熱に変換して放射する。... 【学際融合】 また我々は、診断だけでなく、治療面でも量子ドットに着目している。... 我々...

量子ドットの形成過程が分かり、量子ドットを使った半導体量子ビットや量子センサーなどの量子デバイスへの応用が見込める。... さらに不純物の濃度により量子ドットの形成過程が変化することを突き止めた。&#...

早稲田大学の庄子習一教授、水野潤研究院教授らの研究チームは、常温下で液体の有機半導体と量子ドット水溶液を組み合わせ、従来よりも発光色が強く色鮮やかな有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)デバイスを開発...

フルカラーにするため、青色LED上に量子ドット(QD)という色変換層を形成し赤と緑の素子をつくる。

表示は蛍光を長時間保持する微粒子の量子ドットを蛍光計測機器でデジタル判定し、診断の誤差をなくした。

インク構造改革急ぐ(上)DIC社長・猪野薫氏 (2020/4/14 素材・医療・ヘルスケア)

ディスプレー向け量子ドットインクジェットインク、3Dプリンターや蓄電池向け材料といった分野だ」 ―質的転換の実現に向け、独BASFの顔料事業の買収を20年中に完了予定です。

物質・材料研究機構は量子状態の精密制御で機能を発現する物質や材料を取り扱う「量子マテリアル」分野の研究体制を構築する。... 物材機構の内部で、情報が完全に守られる量子情報通信に必要な「量子ドットもつ...

挑戦する企業/住友化学(20)一番身近なパートナー韓国 (2020/3/26 素材・医療・ヘルスケア)

「20年度は、急成長の予想される量子ドット(QD)ディスプレーやCMOSイメージセンサー(CIS)関連のリーディングメーカーとして成長したい」と話す。

このような要求に応えるため、情報通信研究機構(NICT)では量子ドットと呼ばれる半導体ナノ構造を世界最高水準で高品質化する技術を開発した。... 一般的なレーザーの使用温度範囲は10―30度C程度だが...

挑戦する企業/住友化学(8)ディスプレー部材多彩に (2020/3/5 素材・医療・ヘルスケア)

マイクロLEDや量子ドット技術向け材料も開発し、商機をつかめるように準備を急ぐ。

量子ドットディスプレー材料も開発している。

【福岡】福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST、福岡市早良区、梶山千里理事長、092・832・1301)の有機光エレクトロニクス実用化開発センター(同西区)は、発光材料になる半導体粒子「量子ドッ...

サムスンディスプレーの発表資料によると、同社は牙山市に量子ドット(QD)ディスプレーの生産ラインを建設する。

TCLジャパンエレクトロニクスは量子ドット発光ダイオード(QLED)技術で高画質を実現した4Kスマートテレビ3シリーズ7機種を順次発売する。

東北大学材料科学高等研究所の寒川誠二教授らは、ガリウムヒ素などの化合物半導体を使い、欠陥の少ない「量子ドット」の作製に成功した。... すべての方向から閉じ込めナノ円盤構造になったものを量子ドットと呼...

「量子ドット発光ダイオード技術」を用いたスマートテレビを投入する。

TCLジャパンエレクトロニクス、日本で4Kスマートテレビ (2019/9/3 電機・電子部品・情報・通信2)

TCLジャパンエレクトロニクス(東京都中央区、03・6240・3767)は量子ドット発光ダイオード(LED)技術「QLED」を採用した4Kスマートテレビ7機種を20日から日本国内で順次発売する。......

JNCと関西学院大学は16日、量子ドットやLED(発光ダイオード)を超える色純度を持つ、有機ELディスプレー用青色発光材料の開発に成功したと発表した。

これまでのバイオイメージング素材は量子ドット蛍光体を使うことが多かった。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる