電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東京大学のレ・デゥック・アイン准教授、小林正起准教授、田中雅明教授らは、分子科学研究所、理化学研究所などと共同で、強磁性半導体を含む半導体の量子井戸構造に短いパルスレーザー光を当て、600フェムト秒&...

「量子ドットレーザーの提案から40年。... その後、量子ドットはディスプレーや単光子光源、量子光源など「幅広い研究分野が開拓されてきた」。 量子ドットは極限構造...

理化学研究所の野入亮人基礎科学特別研究員と武田健太研究員、樽茶清悟グループディレクターらは、シリコン量子ドットデバイスで隣の隣の量子ビット同士を量子接続することに成功した。... ...

次世代の高効率な窒化物量子ドット発光ダイオード(LED)の実用化につながる。 ... 光を検出するフォトルミネッセンス法により、量子ドットの発光と発光強度の温度依存性...

大同特殊鋼は光を生成する活性層に発光効率の高い多重量子井戸構造を採用しており、今回は高温時の光出力低下と発熱を抑制する成膜条件を適切に管理することで動作保証温度上限を引き上げた。

半導体中の電子スピンの向きを安定的に操作できるようになり、量子コンピューターや電界効果型スピントランジスタなど、電子スピンを使った演算素子の実現に貢献すると期待される。... 共同チームは、スピンの向...

二重量子井戸構造の半導体をサブミクロンスケールで加工し、電流誘起のスピン数の密度が従来観測値の1万倍以上に増えることを突き止めた。... インジウム、ガリウム、ヒ素をベースとした半導体二重量子井戸にお...

幅6ナノメートル(ナノは10億分の1)と8ナノメートルで作製した量子井戸(半導体素子の薄膜構造)の中で、向きをそろえた電子スピンが1000億分の1秒程度の時間で乱れてい...

独自に「量子井戸」構造と「フォトニック結晶」を設けた人工物質をつくった。... 研究グループは量子井戸の構造を導入し、通常では連続的な電子遷移の波長を離散化するようにした。... 今回は量子井戸をアル...

研究グループはインジウム、ガリウム、ヒ素をベースとした半導体の量子井戸構造において、電子スピンをある特定の方向を軸に回転させたり、回転を止めたり、逆回りに回転させたりするといった制御をゲートで行えるこ...

研究では量子渦と反量子渦が1マイクロメートル程度(マイクロは100万分の1)離れた場合、回転し、10マイクロメートル程度離れると回転が相対停止する状態の観測に成功した。 ......

物質・材料研究機構量子ドットセンターの黒田隆主幹研究員らは北海道大学と共同で、直径10ナノメートル(ナノは10億分の1)の微粒子である半導体量子ドットに複数の電子を閉じ込めることで、ナ...

量子ドットを高品質に3次元で結晶化する新技術を開発した。... 量子ドット層は従来の5層から8層に増やした。 ... 光通信用の光源に使う通常の量子井戸レーザーは温度依存性が大きく、高温時に駆...

溝の間に形成した量子井戸層の発光特性を評価した。

更に高い変換効率を目指す方策としては、量子井戸・ドット構造を応用することにより、禁止帯幅より低いエネルギーを持った光も電流に変換できるため、理論的には集光無しでも44%を超える変換効率が可能で...

東北大学電気通信研究所の小坂英男准教授らは26日、絶対的な安全が保証される次世代の量子暗号通信で、通信距離を拡張する「量子中継器」の実現に向けた基礎技術を開発したと発表した。通信に使う量子状態の光子を...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン