48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

―日本は2015年から科学技術外交を推進しています。... 技術革新によって安全保障に変化が生じることもある」 「日本が二国間科学技術協力協定を結んでいるのは現在47カ国・地域にのぼ...

量子重ね合わせによって「エンジン」と「冷凍機」の機能を高速で切り替えるなど、従来の古典熱機関では実現しなかった技術の開発につながると期待できる。... 近年、この熱機関に量子技術を導入した量子熱機関が...

時間結晶が量子コンピューターなどで生成できる性質を応用することで、小さな量子コンピューター上で巨大な複雑ネットワークを解析するなどの応用が見込める。また、複雑な量子の世界をネットワークとして解析できる...

政府は2021年度予算概算要求で、量子コンピューターや量子計測技術など量子科学技術の関連予算を20年度比1・5倍の340億円にすることが分かった。... 文科省は、量子科学技術を駆使し社会的課題の解決...

「デジタル変革(DX)でも日本は世界に出遅れており、量子技術に関してはもう後れを取ることは許されない」と厳しい口調で語るのは、みずほフィナンシャルグループ会長の佐藤康博さん。 このほ...

量子コンピューターを含む日本の量子技術の研究開発の現状に「このままでは諸外国の後塵(こうじん)を拝しかねない」と危機感をあらわにするのは、文部科学相の萩生田光一さん。 かつてNECの...

質・量ともに世界をリードしているのは米国で、ボストンなどの科学技術に強い大学発の新興企業が目立つ。... 核となる技術をベースとするものの、マーケットニーズを想定して事業を構想し、必要な技術・人材を幅...

内閣府の竹本直一科学技術担当相は26日、欧州委員会のマリヤ・ガブリエル欧州委員と科学・イノベーション協力の強化に関する意見交換を行い、合意文書に署名した。 研究技術革新のための欧州連...

原理的に盗聴できない「量子暗号技術」などのセキュリティーに関わる最先端のネットワーク技術「量子ICT(情報通信技術)」の研究にも注力している。... 【記者の目/新たな技術革新に期待】 ...

NTTや東大のグループは3月、この光ファイバーをつなぐための光通信技術の実証実験に成功したと発表している。 ... Data/時間ビジネスの新市場狙う 政府が1月に...

先駆けて、27日に耐量子技術の理解や脅威への備えの達成レベルを測る「PQC成熟度モデル」を公開する。これにより、量子計算機が既存の暗号化技術にもたらす脅威への準備や次世代技術への移行を支援する。...

新設する研究拠点では、国内外から研究者となる人材を集め、日本の量子技術の発展につなげる。 ... 日本の量子ICTの国際競争力を強化するため、量子を専門的に扱う優れた研究者「量子ネー...

量子マテリアルの開発で、IoT(モノのインターネット)社会を支える超高速演算素子や省エネルギー社会を支える超高効率熱電素子、量子コンピューターや次世代量子情報通信などの基盤技術の開発が進むと期待される...

東京大学と産業技術総合研究所の研究グループは、量子力学的効果で物質中の液晶に似た電子状態「量子液晶状態」の新現象を発見した。... 新しい量子技術の開発につながる可能性がある。 .....

ブロックチェーン(分散型台帳)が普及すると、「データを増やさず管理できる暗号技術が必須になる」と訴える。 ... 暗号も高度化へ人工知能(AI)や量子技術を知る仲間が要る」と、技術者...

大阪大学は、量子関連の異分野融合研究拠点として「量子情報・量子生命研究センター」を3月1日付で豊中キャンパス(大阪府豊中市)に設置する。... 量子技術を実用化し、社会課題の解決への貢献を目指す。&#...

産業界の次代を担う中核技術であり、米国以外では中国勢も国家を挙げて開発に力を注いでいる。 日本政府も2019年11月に、39年までの量子技術開発ロードマップ(工程表)を策定、19年度...

一方、戦略推進会議では、今後20年を見据えた量子技術に関する新戦略も策定した。スーパーコンピューターの性能をはるかに上回る「量子コンピューター」など四つの重点領域を設定し、研究開発投資を拡充。... ...

人工知能(AI)を活用したロボットの開発や、地球環境問題の解決、量子技術の向上といった六つの目標を設定する。... 海外の研究者や研究機関との国際的な連携を通じ、技術の世界普及を目指す。... さらに...

2020年は16年度から始まった科学技術の5カ年計画「第5期科学技術基本計画」の締めくくりの年となる。... 日本が得意とする技術開発を進めていく。... 「人工知能(AI)やバイオ、量子技術が大きな...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる