81件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

基礎研究、環境整えサポート ―日本の科学技術の基礎研究力が低下しています。 ... 文部科学省では、研究環境の整備や研究費などサポートをすること...

阪大・河田氏、来年会長就任  米国光学会(OSA)は、光学技術の加速を目指し、学会名称を「Optica(オプティカ)」に変更した。光を利用した技術は超高速レーザー科学や量子技術、第5...

中長期的な取り組みとして、人工知能(AI)や量子技術の研究を進めることを盛り込んだ。

量子時代に向けた戦略を認識、準備、優位性の3段階に定義。... 次の準備段階では、量子コンピューティングを採用した際の自社ビジネスの破壊と革新や、量子技術を応用する最適な領域、人材育成などの検討をはじ...

東芝やトヨタ自動車、NTTなど24社は1日、日本での量子技術の実用化を加速する任意団体「量子技術による新産業創出協議会(Q―STAR)」を設立した。... 材料やデバイス、計算機、...

「日本の半導体産業が量子技術で活性化するきっかけになれば」と目を細めるのは、名古屋市立大学教授の松本貴裕さん。... 量子もつれを利用すると、1平方センチメートルに100万個の量子ビットを使った計算が...

超電導技術を用いたゲート型量子コンピューターを中心に、似て非なる日米ベンダーの立ち位置を検証する。... IBMと同様に超電導技術を用いたゲート型の量子コンピューターに照準を合わせるのは富士通だ。&#...

量子技術の発展はもとより、次代を担う若手人材や子どもたちに与える意欲向上にもつながるものだ。 ... 素材開発や自動運転技術、創薬など幅広い用途での活用が見込まれるが、実用化にはまだ...

具体的には量子アルゴリズムやアプリケーション(応用ソフト)の開発に加え、「量子ネーティブ」と呼ぶ、人材育成にも力を入れ、日本における量子コンピューターの利活用を加速する。 ... 最...

量子技術の商用化に向けて、投資マネーが北米や欧州などに流れ込んでいる。量子技術は量子コンピューターや量子暗号・通信、量子計測、量子マテリアルなどがある。... (編集委員・斉藤実) ...

ネットワーク技術の高度化を踏まえ、人工知能(AI)や量子技術の活用による課題検討や標準化などの対応にも取り組む。

(藤木信穂) 【スピン利用】 近年、量子コンピューターをはじめとする量子技術が進展している。量子技術の最小構成単位は「量子ビット」で、これを用いた熱サイクルが量子熱...

競争が激化する量子技術分野で存在感を発揮しようとしている。... 産総研では、「量子技術の社会実装には物理学だけでなく工学的センスや技術が必要」(川畑総括研究主幹)との観点から、量子コンピューターの専...

だが、量子技術はまだ発展途上にあり、研究開発の間口を広げておくことが得策。研究レベルでHQSとCQCが密に連携することはあっても、互いの技術が依存し合っては逆にそれが発展の足かせとなりかねない。...

株主からは第5世代通信(5G)や量子技術など先進分野への質問のほか、東京五輪・パラリンピック向けシステムの事業費削減をめぐる、平井卓也デジタル改革担当相によるNECに対する発言へのコメントを求める声も...

オペランド計測を社会課題の解決につながりやすい技術にしていくために、材料、デバイス、バイオなど応用分野の研究者が開発段階から計測技術の研究者と連携して進めるのが効果的である。... 日本原子力研究所、...

日本での量子技術の実用化を加速するため、トヨタ自動車やNTT、東芝など11社が参画する「量子技術による新産業創出協議会」設立に向けた発起人会が31日、開催された。... 同協議会で...

わが国も「量子技術イノベーション戦略」に基づき、量子技術の国際拠点づくりに着手したところだ。... ある量子技術の研究成果を別の量子技術に応用し、さらに発展させる、といった領域横断型の研究戦略も視野に...

第2期計画、未来像描く 量子科学技術研究開発機構(QST)は、政府が策定した量子技術の研究開発方針などを示した「量子技術イノベーション戦略」を支える研究開発拠点の一つとして重要な役割...

超ミクロの世界をつかさどる量子力学を礎とした量子科学技術は、「これまでの常識を凌駕(りょうが)し、社会に変革をもたらす重要な技術」(文部科学省「量子科学技術〈光・量子技術〉の新たな推進方策報告書」)。...

おすすめコンテンツ

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる