65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

米ウィスコンシン大学マディソン校などはレーザー冷却した最大6個の中性原子を使って量子もつれ状態を作り、この量子回路上で量子アルゴリズムの実行に初めて成功した。マイクロ秒止まりだった量子状態も、ミリ秒台...

東北大学の金井駿助教らは米シカゴ大学と米アルゴンヌ研究所と共同で、固体中スピンが量子状態を保持できる時間を求める数式を開発した。... 固体中のスピンが量子ビットとして量子情報を保...

高空間分解能・高感度が必要な細胞内計測など、量子センシングに広く応用できる可能性がある。 ダイヤモンド結晶中で窒素と炭素原子の穴が対になった格子欠陥の「窒素―空孔(NV...

将来の量子コンピューターでは数百万もの大量の量子ビットが必要になると言われる。... 現在の超電導量子ビットの大きさはミリメートルレベル。... 極低温でキャパシターの電荷が絶縁層を通り抜ける現象を利...

東北大学の平山祥郎総長特命教授らは、ガリウムヒ素半導体の量子構造が2分の3の偶数分母状態になることを発見した。... すると分数量子ホール効果の中でも分母が偶数の2分の3状態を観測できた。 &...

電子の流れの代わりにスピンと呼ばれる量子状態(量子ビット)を活用し、その向きを反転させることで記憶・処理を行う。... このようなスピンフォトニクス、量子センサー、量子コンピューター、...

強い可視光吸収を示し、異なる量子状態の間で起こる項間交差の効率が高いケトクマリン誘導体に着目。... 「三重項―三重項消滅(TTA)」と呼ばれる、二つの励起三重項状態の分子が衝突してエ...

単一水分子の量子回転運動を検出したことになる。分子の量子状態を情報の媒体とする量子情報処理につながる。 ... 単一分子の核スピンを用いた量子情報処理につながるという。

京都工芸繊維大学の山下兼一教授と高橋駿助教らは、光と物質のハイブリッド量子状態「ポラリトン状態」を室温で安定して作ることに成功した。... 共振器の中で光と電子や正孔が強く相互作用...

量子ビットを送る類似技術に量子暗号通信があるが、送受信者が共有するデータは量子状態を壊して得るデジタルデータである。一方、量子インターネットでは壊すことなく量子状態そのもの(量子データ)...

それらが一つのレゾネーターのリングを回転中に40の量子状態が生み出されることを確認した。システムを最適化すれば、1個のレゾネーターで数千の量子状態の生成も可能としている。 今回、開発...

浜松ホト、科学計測用カメラ開発 ノイズ3分の1、光子数・位置計測 (2021/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

量子技術の研究開発への貢献を目指す。 ... 顕微鏡に設置すればイオンや中性原子などの量子状態をより正しく観察できる。

量子コンピューターを使って量子多体問題を数値的に解くための有用な量子アルゴリズムになると期待される。 ... そこで、量子ダイナミクスを決める、量子状態の時間に関する変化を表す演算子...

青色ダイオードで知られる窒化ガリウムのような新しい半導体材料の基礎物性研究、リニアモーターカーやMRIなどで利用される超伝導のように極低温で発現する量子状態の応用研究、さらに今後国を挙げて進めていく「...

デルフト工科大とは「スピン量子ビット」を利用した量子計算機の基礎研究に取り組む。ダイヤモンドに不純物原子を注入し、スピン状態を利用した量子ビットを形成する。量子ビットの状態に光でアクセスでき、大規模化...

原子の量子的な波の伝達を観測し、数値計算と比較する「量子シミュレーション」により確認。量子に関わるさまざまな計算の精度向上につながり、将来は量子状態の制御や量子デバイスへの応用などが期待できる。...

NTTは東京大学、東京工業大学と共同で、固体物質中で起こり、物質の持つ磁性がその役割を果たす「磁性ワイル半金属状態」と呼ばれる状態に特有の量子的な電気伝導特性を世界で初めて観測した。... 近年、物質...

それぞれの量子ビットについて重要なことは、ノイズを減らすことと、安定した量子状態を長時間保つこと。量子状態というのは、あたかも空中で回転するコインのように回転している間だけ量子状態を発揮し、その間だけ...

光の最小構成単位である光子が量子状態の伝送に適していると考えられる一方、原子は量子情報処理に適しているとされる。... 静止した個々のイオンやイオン列全体にレーザー光を照射することで量子状態を自在に制...

必要なAIや自動装置を導入する」 「もう一つは量子状態の精密制御で機能を発現する物質や材料を取り扱う『量子マテリアル』の研究体制の構築だ。必要な人材を集め先端的な量子材料開発の基盤を...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン