1,896件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

日本触媒など、酸化グラフェンで複合膜 水回りでも発揮 (2021/10/19 素材・医療・ヘルスケア2)

そのため、単独では基材への付着性が低い物質をGOと複合化することで、耐水性や安定性を向上できるという。  ... 日本触媒は、GOの量産化技術を確立済み。

大型資金調達 量産化に前進  人工たんぱく質繊維を開発・製造するスパイバー(山形県鶴岡市)は、事業拡大へアクセルを踏む。9月に344億円の大型資金調達を実施し、タイと米国で量産工場の...

アサヒビール、紙資材8割減 6缶パック上部のみ固定 (2021/10/18 建設・生活・環境・エネルギー)

量産化のため、茨城工場に約9億円の設備投資を実施し、2023年の本格展開を目指す。  

三菱電、高速CFRP加工機 発振・増幅器を筐体に統合 (2021/10/15 機械・ロボット・航空機)

CFRP製品の量産化を実現する。

沸騰・半導体市場(27)富士フイルム、最先端品で存在感 (2021/10/14 素材・医療・ヘルスケア2)

中でも銅配線層の平坦化に使われるCMPスラリーは世界トップシェアを握る。フォトレジストは極端紫外線(EUV)向けが年内にも量産開始の見通しであるなど、市場環境を踏まえた製品開発で半導体業界の発展を支え...

メンテナンスの周期も長期化できる。 ... 日鍛バルブは一部の舶用エンジンメーカーと中空バルブの評価を始めており、早期量産化を目指す。 ... 今後実用化される水素...

凸版印刷、ガラス製マイクロ流路チップ (2021/10/8 電機・電子部品・情報・通信)

現在、一般的なポリジメチルシロキサン(PDMS)を金属製の型に注入する射出成形技術で作るチップと比べ、大量生産と低コスト化が可能になる。量産化技術を2022年3月にも確立し、製品化に取り組む。

大陽日酸、培養肉など細胞由来品プロ参画 (2021/10/5 素材・医療・ヘルスケア1)

 日本酸素ホールディングス(HD)傘下の大陽日酸は、培養肉など細胞由来製品の量産化に向けてコストや安全性などの課題解決を目指す「CulNet コンソーシアム」に参画した。

実験レベルでエネルギー変換効率が25%を超えたことを追い風に実用化の研究が進んでいる。  ペロブスカイト太陽電池の社会実装には、量産化技術の確立やエネルギー変換効率の改良、性能向上の...

建設16社、施工ロボ開発で連携 共同事業体設立で合意 (2021/9/23 建設・生活・環境・エネルギー)

量産化によるロボット開発・生産・運用コストの削減や協力会社作業員の負担軽減を推進し、建設業界全体の生産性と魅力向上を強力に推進するのが狙い。... 幹事3社はこれまで共同事業体と同様の趣旨で建設技術連...

日本触媒はバイオマス原料からプロピレンを経由せずに製造できるアクリル酸の実用化に向け、量産技術の開発に着手した。... 日本触媒は市場動向や顧客ニーズを注視して具体的な生産時期や生産量、生産地を決定し...

ロータリーエンジンの量産化、スカイアクティブ技術による独自のエンジンを生み出した歴史を持つ同社で技術系出身の社長が多いのは、何ら不思議ではない。 ... 一方で、次期トップにはCAS...

高分解能化が進む オシロスコープ (2021/9/17 特集・広告)

第5世代通信(5G)サービスを活用したIoT(モノのインターネット)機器の拡大、自動車の電動化の加速、パワー半導体の量産化・低価格化に対応したパワーエレクトロニクス関連...

傾斜のあるサファイア基板を用いたダイヤモンドの生成技術により、直径2インチサイズの量産化に成功した。... 2022年の製品化を目指す。 ... 今後も大口径化に向けた研究を進め、2...

配線微細化に伴い、チップと基板の配線ピッチの差は広がっている。... 2・5Dは市場に出始めたばかりで、3D半導体はまだ量産化されていない。... これまで半導体の進化は回路微細化を支える前工程が主役...

【北九州】戸畑製作所(北九州市小倉南区、松本敏治社長)は、難燃性マグネシウム合金の粉末・量産化に成功した。... 戸畑製作所は長年マグネシウム合金の研究開発を手がけており、17年に粉末化に着手。......

すでに試作モデル(写真)の供給を始めており、量産化技術の確立を目指す。

ただ、杉材1キログラムから約0・5キログラムの改質リグニンが抽出できることや、石油と異なり輸送費がかからないことを考慮すれば、量産化後は石油由来の素材より価格を抑えられると試算している。... 2―3...

例えば今は各工場ごとに部品を手配しているが、全体で一元化して効率的に手配できるようにする。... 24年には提案した部品の量産化を目指す。... ただ外部環境の変化が速く、現段階で具体的な数字を入れて...

開発・量産化費用は約6000万円。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる