1,776件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

両社は今後、開発・量産化などの案件で協議し、個別に契約を締結していく。

TOWAは18年に6・5インチの浮遊映像レンズを製品化したが、市場での認知度の低さなどから用途が企業の研究開発などに限られていた。... 同社は半導体樹脂封止装置での微細な金型製造技術を持ち、光学設計...

清水建・鹿島・竹中、ロボ施工・IoT技術で連携 (2020/10/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

国内の建設業は、生産年齢人口の減少や技能労働者の高齢化による就業者不足が予想されるため、新規入職者の確保や生産性向上、働き方改革の実現が喫緊の課題となっている。... ただ、個社で生産する施工ロボット...

近く除菌に特化した空気清浄装置を発売する。 現在はBツーB(企業間)向け展開だが「いろいろとアイデアを考え、より小型化、量産化して一家に1台、いや一室に1台置くようにもっていきたい」...

先端材料技術展2020 ONLINE/注目の製品・サービス(3) (2020/10/19 素材・医療・ヘルスケア)

400トン油圧、100トン電動、100トン油圧技術検討機を保有し顧客のR&Dサポート、量産化システムの設計、製作を提案する。 ... 用途、要求スペックに応じ、長尺化やリブ形状、材料...

新型コロナでデジタル化はさらに進む」 ―CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術により調達戦略も変わってきます。 ... その一環でUDはいすゞ...

岡本硝子は自動運転や車の高機能化などに対応する次世代自動車向けの部品を開発し、ティア1メーカーに提案を始めた。... 一部の部品では試作開発と量産試作の段階に入っており、2023年の量産化を目指す。&...

天田財団、今年度前期の助成テーマ92件(中) (2020/10/8 機械・ロボット・航空機2)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽吉田隆/名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻「積層金属―セラミックス複合テープにおける高精度導電性マイクロパス加工技術の構築」▽森謙一郎/...

2021年の前半に試作車両を開発し、24年をめどに量産化する計画。... 三菱ふそうトラック・バスはFCトラックを20年代後半までに量産化する計画を打ち出している。

ワイヤを用いたフレームレスな腕のアシスト機器の量産化は世界初だという。

同センターを新設することで、企画から開発、設計、生産準備、量産化技術開発までの一体化体制でグローバルに対応していく考えだ。... 自動車産業はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)や...

パッケージメーカーなどに導入され、生産能力向上や、新たな包装材の試作開発・量産化に貢献している。 ... 設計から製造まで一貫して行い、複数の機械を組み合わせた省力化設備も手がける。...

挑戦する企業/クボタ(7)豪雨災害に備え (2020/9/17 機械・ロボット・航空機1)

水環境部門は主要顧客の自治体で熟練技術者が減少している状況に合わせ、省人化対応などが欠かせない。... 社長の北尾裕一が言う「命を支えるプラットフォーマーに」を水で具現化する同部門は、水道用鉄管の量産...

水環境部門は創業者・久保田権四郎が創業当時、量産化に乗り出した水道用鋳鉄管の流れをくむ祖業だ。 ... 今後は高齢化、人口減などに伴い、自治体の予算縮小に直面する。

挑戦する企業/クボタ(5)真の世界企業へ (2020/9/15 機械・ロボット・航空機1)

機械事業本部長を担う取締役専務執行役員の渡辺大はエンジン事業が今後挑むテーマについて「大型化と排ガス規制への対応」を掲げる。産業用大型ディーゼルエンジンでは同社最大級の200馬力帯を「9月中に量産化す...

三菱ケミカル 2030への道(4)車・モノづくり (2020/9/10 素材・医療・ヘルスケア)

このほか、人造黒鉛並みに膨張を抑えた天然黒鉛系負極材の量産化や、長寿命かつ入出力特性に優れたLIBに必要な電解液用添加剤の製造に取り組む。

電動車は大型化に伴い電池が大きくなる。... 軽量化に貢献する炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製自動車部品の活用に期待がかかる。... 「CFRPを車両に適用する上で大きなソリューションになる」と...

権四郎が見据えていたのは輸入製品が多かった水道用鉄管の量産化。... 【事業の多角化】 草創期からの鋳物、鉄管から農業機械のトラクターなどが礎となり、高度成長に伴う社会発展期には水処...

一方、20年にホンダがレベル3の技術を搭載した車両の実用化を予定しており、市場拡大の足がかりとなることが期待されるとしている。 ... 自動運転関連製品では、センシング機器やソフトウ...

日産自動車は3日、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製部品の量産化技術を開発したと発表した。... 車の量産ラインと同等の成形サイクルタイムを実現した。 ... 坂本秀行副社長は新...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる