電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

289件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

それに先立つ6年前の10年、初めての量産型EV「リーフ」を市場投入している。

カムリのほかにワゴン型軽自動車「ピクシスジョイ」、小型スポーツ多目的車(SUV)「C―HR」、小型車「パッソ」の国内生産をそれぞれ終了した。... ホンダ 距離と価格...

検証2023/電動ショベル開発加速 脱炭素へ先陣争い (2023/12/5 機械・ロボット・航空機1)

住友建機も量産型電動ショベルの投入を見据えるなど、先陣争いが活発化している。 ... コマツは23年度を電動化建機の市場投入元年に位置付け、24年度は20トン型など多数の商品投入を計...

据え置き型ではなく、コンセントによる給電にするとともに、本体の下部にキャスターを付けて移動可能にした。 ... 高速・低温・平滑な成膜という特徴を生かすため、工具や金型、摺動(...

導入国は明らかにしていないが、同年までにレンジエクステンダー(航続距離延長装置)型のPHVトラックの市場投入も決めている。... 同社は17年に日本国内初となる量産型EV小型トラック「...

経営ひと言/矢崎総業・矢崎陸社長「強みを発揮」 (2023/11/10 電機・電子部品・情報・通信)

1997年に世界初の量産型ハイブリッド車(HV)に高電圧系システムを搭載するなど、電動化で実績を持つ。

親会社のエアロネクスト(東京都渋谷区)がACSLと共同開発した量産型の物流専用ドローン「エアートラック」を使用。

(編集委員・安藤光恵) 自動溶接は量産型自転車のフレーム生産で導入。... 塗装工程も更新前は人手による溶剤塗装のみだったが、アーム型ロボット2台...

木村製作所(大阪府東大阪市、宮坂典央社長)は、容器内の液面を検知する量産型の樹脂製小型フロートスイッチの販売に乗り出す。... 樹脂製に関しては顧客からの特注で作っ...

住友建機も量産型電動ショベルの開発に乗り出している。親会社の住友重機械工業からモーターやキーパーツの技術支援を受け、24年度にも7・5トンクラス以上の量産機を投入する計画だ。数見保暢社長は「電動型はエ...

経営ひと言/住友建機・数見保暢社長「割高感和らぐ」 (2023/9/28 機械・ロボット・航空機2)

同社は現在、量産型の電動ショベル開発も推進中。

住友建機は早ければ2024年度にも、量産型の電動ショベルを開発する。... 電池など主要部品のコスト高は課題だが、量産効果を引き出しやすい。 量産型電動ショベルの...

(名古屋・川口拓洋) 【トヨタ】水素エンジン車 レース場で技術磨く トヨタは2014年に世界初の量産型燃料電池...

ジャノメ、部品供給機を拡充 専業会社買収 (2023/7/13 機械・ロボット・航空機2)

アートテックの事業を承継することで、量産型とオーダーメード型といった異なる製品分野を補完できるようになる。

量産効果などにより37%のコスト低減を目指す。 ... 14年に世界初の量産型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を市場投入したトヨタ...

三菱ふそう、新型「eキャンター」豪で公開 (2023/5/30 自動車・モビリティー)

同社は17年に日本国内初の量産型EV小型トラックを投入し、21年に豪州市場に導入。

物流業界の脱炭素機運が高まる中、初代eキャンターは国内量産型EV小型トラックとして最も早く市場投入し、得られたデータや知見を新型車に反映した。

両社に先駆けて17年に国内初の量産型EV小型トラック「eキャンター」を投入した三菱ふそうトラック・バスは3月、同車種を全面改良し発売した。

ボルトはGM初の量産型EVで、同社の米国内のEV販売台数全体に占める割合は依然90%を上回っている。

2017年に国内初の量産型EV小型トラックを投入した「フロントランナー」として顧客の声を基に改良を重ね、従来一つだった型式を国内で28に拡充した。... 従来型eキャンターは海外での採用実績も増えつつ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン