48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

量子科学技術研究開発機構と東京都立大学の研究グループは、細胞が接着面を微小に引っ張る力を使って簡単に変形するフレキシブルな細胞培養薄膜を開発した。

量子科学技術研究開発機構と京都大学霊長類研究所の共同研究グループは、脳の前頭前野が関与する「作業記憶」と「意思決定」という二つの機能が別々の神経経路で処理されていることを明らかにした。

量研機構の『QST病院』で行っている重粒子線がん治療は治療成績が優れているだけでなく、QOLを保てる優れた方法だ。... 21年度は(量研機構発足時から)理事長として5年間の結果が出てくる年であり、第...

量子科学技術研究開発機構と名古屋大学などが参画する国際研究グループは、理論予測や間接的な観測にとどまっていた新しい化学反応経路の実証に成功した。

京都大学と量子科学技術研究開発機構の研究グループは、光の波長11マイクロメートル(マイクロは100万分の1)で、電子ビームからレーザー光への変換効率9・4%を達成した。

同機構では、これら放射性セシウムと体内で同じ動きをする「同127」の精製に成功した。 ... だが生成する同127の量はわずかで、同時に生成され、実験の障害となる大量のナトリウムイオ...

量子科学技術研究開発機構の五十嵐龍治グループリーダーらは、生きた細胞内にある分子の回転運動を3次元(3D)で検出できる100ナノメートル(ナノは10億分の1)以下のダイヤモンドセンサーを開発した。

量子科学技術研究開発機構の平野俊夫理事長は、北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授と共同で、新型コロナウイルス感染症によって起こる致死的な急性呼吸器不全症候群は、免疫系の過剰な生体防御反応であるサ...

量研機構など、熱利用水素製造を7割省エネ 膜透過抵抗を低減 (2020/4/17 国際・商社・科学技術・大学)

量子科学技術研究開発機構と芝浦工業大学、日本原子力研究開発機構の研究グループは、太陽熱などによる熱利用水素製造プロセスの主反応にかかるエネルギーを約7割低減することに成功した。... 量研機構が、イオ...

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らは、量子科学技術研究開発機構と共同で、認知症に対する点鼻ワクチンを開発した。

量子科学技術研究開発機構の研究グループは、狭く外部からの作業が難しい環境下で配管を溶接できる技術を開発した。

【電子版】先週の注目記事は? (2020/2/4 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(1/27~2/2) 1位 富士電機、幹部再雇用制度を新設 現役と同報酬 2位 世界で2社しか作れない、高耐熱繊...

量子科学技術研究開発機構と三菱重工業は30日、核融合実験炉「ITER(イーター)」の重要部品「トロイダル磁場超電導コイル(TFコイル)=写真」の完成披露式典を三菱重工神戸造船所二見工場(兵庫県明石市)...

量子科学技術研究開発機構と三菱重工業が開発してきたイーターの重要部品「トロイダル磁場超電導コイル」が30日に完成する。

量子科学技術研究開発機構の荒木良子幹細胞研究グループリーダーは、全遺伝情報(ゲノム)変異が少ないヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製法を発見した。... また、マウスとヒトの皮膚線維芽細胞を初期化...

慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授と中村雅也教授らは、量子科学技術研究開発機構と共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)移植後の細胞の腫瘍化を観測する技術を開発した。... 具体的には、量研機構が開発...

量子科学技術研究開発機構の李松田主任研究員や境誠司プロジェクトリーダーらは、電子のスピン(自転)を利用し、多くの情報を少ない電力で保存できる磁気メモリーの実現につながる材料を開発した。... 高エネル...

量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所の塚本智史主幹研究員らは、マウスの卵子から生きたまま細胞内小器官の一つ「脂肪滴」を分離する世界初の技術を開発した。... 量研機構ではこれまで、細胞内のたん...

量子科学技術研究開発機構の横谷明徳量子細胞システム研究グループリーダーらは、X線をしま模様状に当てる「ストライプ照射」では、放射線の影響が軽減されることを突き止めた。

量子科学技術研究開発機構量子生命科学領域の五十嵐龍治グループリーダーらは、生きた細胞内部の水素イオン濃度(pH)を計測できるナノ量子センサーを開発した。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる