電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

81件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

金融庁の金融審議会(首相の諮問機関)は19日、作業部会を開き、TOB(株式公開買い付け)制度の見直しに関する報告書案を大筋でまとめた。... 金融庁は24年の通常国会に...

金融庁の金融審議会(首相の諮問機関)は作業部会を開き、資産運用業の改革に関する報告書案を大筋で了承した。... また、実績が乏しい新規事業者でも運用資金を獲得できるよう、金融機関や年金...

鈴木俊一金融担当相は2日、金融審議会(首相の諮問機関)に株式公開買い付け(TOB)のあり方について諮問した。... 金融審では新たに作業部会を設け、議論を進める。...

金融庁は一本化した上で将来的には四半期決算短信を「任意化」する検討も始めた。... 18年に金融審の作業部会で四半期開示の見直しについて本格的に議論されたことがある。... 金融審の作業部会で議論が加...

金融審議会(首相の諮問機関)は2日、作業部会を開き、技術力やブランドなど無形資産を含む事業全体を担保とする「事業成長担保権」の創設に向け報告書を取りまとめた。... 金融庁は報告書を踏...

金融庁は報告書を踏まえ、2023年内にも国会に関連法案の提出を目指す。 ... 信託のスキームを活用することで、金融機関など担保権者(受託者)と資金を提供する与信者&...

任意化は「継続検討」 金融審議会(首相の諮問機関)は15日、作業部会を開き、四半期開示とサステナビリティ開示の方向性を示した報告案をまとめた。四半期開示のあり方をめぐ...

金融審議会(首相の諮問機関)は15日に開く作業部会で四半期開示の見直しに向けた報告書を取りまとめる。四半期開示のあり方をめぐっては、金融商品取引法上の「四半期報告書」を廃止し、証券取引...

金融審議会(首相の諮問機関)は25日に開く作業部会で「四半期決算短信」の任意化に向け本格的に検討を開始する。... 四半期開示のあり方をめぐっては、金融商品取引法上の「四半期報告書」を...

金融審議会(首相の諮問機関)は2日、作業部会を開き、事業全体を担保とする「事業成長担保権」の導入に向け、議論を本格的に開始した。新制度の導入により、中小企業やスタートアップなどが不動産...

金融庁は年内に方向性を取りまとめ、2023年の通常国会への関連法案提出を目指しており、ポイントになるのが企業側の視点。... 関係者によれば金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会におい...

金融審議会(首相の諮問機関)は5日、作業部会を開き、金融商品取引法上の「四半期報告書」を廃止し、証券取引所の「四半期決算短信」への一本化に向けた議論を再開した。

金融審議会(首相の諮問機関)は5日に作業部会を開き、金融商品取引法上の「四半期報告書」を廃止し、証券取引所の「四半期決算短信」への一本化に向けた議論を再開する。... 金融審の作業部会...

金融審議会(首相の諮問機関)は23日、作業部会を開き、金融商品取引法上の「四半期報告書」を廃止し取引所の「四半期決算短信」に一本化する方針を決めた。... 四半期報...

(総合1参照・編集委員・川瀬治) 金融審の報告書案は、法令上の第1四半期と第3四半期の四半期報告書を廃止し、取引所の四半期決算短信に一本化するとし...

四半期開示制度をめぐっては、2018年に金融審議会の作業部会で本格的に議論されたことがあるが、「中長期の視点で投資を行う観点からも進捗(しんちょく)確認の意義を認める見解が大...

金融審は議論を開始し、年内にも結論をまとめる方針。金融庁は金融審の報告を踏まえ、2022年の通常国会に法案として提出したい考えだ。 金融審では上場会社の監査に高い規律を求める制度的枠...

企業の情報開示のあり方を検討する金融審議会(首相の諮問機関)の議論の行方が注目される。... 金融審は四半期開示の見直しについて「投資家や企業の意見を踏まえ、市場の影響を見極めながら、...

規制緩和で金融グループ内のサービス提供の高度化や効率化が可能になり、日本の国際金融センターとしての地位向上が期待される。 ... 金融審は報告書をとりまとめた。... また、上場企業...

きょうの動き (2021/5/25 総合3)

■政治・経済■ ◇20年度の毎月勤労統計確報(8時半、厚労省) ◇金融審市場制度ワーキング・グループ(10時、金融庁) ◇基調的なインフレ率を捕...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン