2,030件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

その後は短期間での感染封じ込めにより経済活動の正常化が進んだほか、金融緩和や減税、社会保険料の引き下げといった景気刺激策が奏功し、20年4―6月期に早くも拡大に転じた。

世界景気の持ち直しに加え、金融緩和で余剰となった資金の流入が価格を押し上げた。 ... ロンドン金属取引所(LME)の銅売買では、金融緩和を背景に強気に出た投機筋が6月以降買い越しに...

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、同行機関誌「中国金融」への寄稿で、「ここ数年、周期的、構造的、体制的な矛盾が重なったところに国外経済・金融情勢の複雑化が加わり、これまでに蓄積した金融リスクが表面...

自動車や建材などに使われるアルミの相場は、中国景気の回復を受けて5月以降底入れを強めたが、金融緩和による余剰資金の流入が実需以上に価格を押し上げた側面がある。

世界的な金融緩和と、ドル安基調によるドル建て商品の割安感が上昇を支えた側面があり、コロナ禍が続く状況では一段の押し上げ材料を欠く。 ... 直近では、需給動向よりもドル指数の変動にア...

当面は、米国の大規模金融緩和の長期化などを背景にドル安が進む可能性があるほか、コロナ禍を背景に株価が再び不安定化するリスクが続く。

中国景気の回復に加え、金融緩和が世界経済を下支えして銅や原油の価格が持ち直した。... 11月の米大統領選の結果次第では財政・金融方針が変更される可能性があるなど、当面、原材料相場は不安定材料を抱えて...

ただ金融緩和姿勢の維持、銀行の貸し出し継続、海外からの投資意欲の底堅さを踏まえると、下落圧力は限定的とみられる。

金融緩和で余剰となった投機資金の流入が、実需以上に価格を押し上げたことでアルミの減産が進まず、過剰な供給が上昇余地を限定させている。 ... 需要が停滞する中での供給増について、市中...

銅市場では5月以降、中国景気の回復に加えて世界的な金融緩和やドル安基調を背景とする投機資金の流入が、相場上昇を支えてきた側面がある。

同日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見では追加金融緩和策に言及がなく、米国債10年物の利回りは上昇したが振れ幅は限定的。... 一方、中長期の視点では金融緩和の継続に加え、米国などの巨...

菅首相は金融緩和、財政政策、成長戦略を3本柱とした安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」を継承するとともに、役所の縦割りや既得権益、前例主義を打破して規制改革を進める考えを強調する。... 有事の時こ...

金融緩和を長期間継続し、新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した景気と雇用の回復を後押しする姿勢を強調した。... 8月に「2%超」を許容する新目標を決めたことを受け、金融緩和を通じ雇用改善につながる適...

日銀は17日に開いた金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策の継続を決めた。... 大規模な金融緩和策は、長期金利をゼロ%に誘導するために長期国債を上限なく購入し、短期金利は日銀当座預金の一部にマイナス...

金融緩和による余剰資金の流入が上昇を支えた側面があり、足元のトン当たり1700ドル台後半の値動きは「世界需給を踏まえた水準に対して割高感がある」(同)とみられている。

新内閣は麻生太郎副総理兼財務相・金融担当相、梶山弘志経済産業相ら重要閣僚を留任させるなど安定性、継続性を重視した布陣となった。 菅首相は同日の就任会見で「金融緩和、財政投資、成長戦略...

NY金、堅調 1オンス=1975ドル (2020/9/16 商品市況)

FOMC声明発表を待たずに、金融緩和継続を先取りする動きが広がっている。

市場関係者は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和が、金相場を支えているとみている。 ... 株式市場は金融緩和や財政出動のおかげで新型コロナウイルスのショックから急速に立ち直っ...

財政と金融緩和で景気を下支えした効果だ。ただ完全雇用の実現後も、財政・金融緩和に頼り続けたことがあだになった」 ―具体的には。 ... 「財政や金融緩和は不況期だけ...

日銀の社会経済のインフラとしての機能をしっかりと果たすとともに、当地経済や金融情勢を分析し、マクロ経済政策に生かせるよう本店に伝えていくのが使命」と抱負を語る。 金融政策を企画、立案...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる