電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

教育機関は三重大学、鈴鹿工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校が、行政は三重県と四日市市、桑名市がそれぞれ参加する。

MonotaRO(モノタロウ)は、鈴鹿工業高等専門学校(三重県鈴鹿市)の共同研究推進センターに産学官協働研究室「MonotaRO品質評価研...

【津】エイベックス(名古屋市瑞穂区、加藤丈典社長)は、鈴鹿工業高等専門学校(三重県鈴鹿市)の共同研究推進センター内に産学官協働研究室「AVEX未来創...

【津】華月(三重県四日市市、藤井啓雄社長、059・331・6037)は、鈴鹿工業高等専門学校(三重県鈴鹿市)の共同研究推進センターに「調理器材料開発・省力機械開発研究室...

本社に設置した直径3・5×長さ13メートルの配管型のオブジェを見て「若者の思考性を地域振興につなげたい」と語るのは、荏原風力機械(三重県鈴鹿市)社長の長岡一宏さん。 ...

鈴鹿工業高等専門学校が中核となり、全国の高専の人材と設備を共有してイノベーター育成と企業の新素材開発を実現するプロジェクト「未来技術の社会実装教育の高度化」が始動した。... 鈴鹿高専K―Teamには...

光機械製作所、鈴鹿高専内に協働研究室 (2020/6/18 機械・ロボット・航空機)

光機械製作所(津市、西岡慶子社長、059・227・5511)は、産学官協働研究室「光機械製作所 ダ・ヴィンチ i Lab.」を鈴鹿工業高等専門学校...

死去日・氏名(年齢)・肩書き 【2018年12月】 25日 鴻池祥肇氏(78)元防災担当相 30日 ...

吉田潤一氏(66歳、よしだ・じゅんいち=鈴鹿工業高等専門学校校長、京都大学名誉教授・有機合成化学)14日病気のため死去。

SUZUKA産学官交流会、26日に産学官交流フォーラム (2018/2/15 中小企業・地域経済1)

SUZUKA産学官交流会は26日14時から三重県鈴鹿市の鈴鹿工業高等専門学校で「第47回産学官交流フォーラム」を開く。佐藤知正東京大学名誉教授が「ロボットで社会を変える」、板谷年也鈴鹿高専准教授が「炭...

【重点研究開発助成(塑性加工)】▽首都大学東京システムデザイン研究科・楊明教授 【一般研究開発助成(塑性加工)】▽名城大学材料機能工学科・赤堀俊和准教...

鈴鹿工業高等専門学校の教授がシャクヤクの花びらと葉に抗菌・消臭効果があることに着目。

【津】鈴鹿工業高等専門学校は産学官の交流組織「鈴鹿高専テクノプラザ」を18日に発足する。... 会長には川口宗弘ダイソウ工業(津市)会長が就任する予定。

【津】光機械製作所(津市、西岡慶子社長、059・227・5511)は三重大学や鈴鹿工業高等専門学校と連携し、ライフサイクルコストを抑える追尾式の太陽光集光装置の開発を始めた。... 鈴...

「次世代全固体ポリマーリチウム二次電池」は三重大学の次世代型電池開発センターを中心に、三重県工業研究所、三重県産業支援センター、高度部材イノベーションセンター、鈴鹿工業高等専門学校、キンセイマテック&...

【名古屋】名古屋大学工学研究科の湯川宏助教らは14日、大分工業高等専門学校、鈴鹿工業高等専門学校と共同で、世界最高の水素透過性能を発揮する水素透過金属膜を開発したと発表した。

【津】三重県鈴鹿市は30日に、三重大学と連携協定を締結する。... 各研究会には三重大学のほか、すでに連携協定を結んでいる鈴鹿工業高等専門学校や鈴鹿医療科学大学が参画する。

鈴鹿工業高等専門学校は、文部科学省の「産学連携による実践型人材育成事業」に採択され、技術のエキスパートの育成に取り組んでいる。... (金曜日に掲載) ■学校紹介 三重...

委員会の代表で、電子機器の開発を手がける橋本電子工業の橋本正敏社長は「ビタミンは体に必要なもので外部から取り入れて、成長の糧になる。... 抗菌消臭素材開発研究会は、鈴鹿工業高等専門学校の生貝初教授が...

「地域に根ざした工業系の高等教育機関として蓄積した技術や研究成果を地域の産業発展に結び付けたい」と意気込むのは、鈴鹿工業高等専門学校(三重県鈴鹿市)校長の高橋誠記さん。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン