237件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

戸田建、大型コンクリ解体で新工法 通電加熱で破砕容易に (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

同工法は、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋を直流電源で1000度C以上に通電加熱し、コンクリートにひび割れを生じさせて解体を容易にする仕組み。... 従来、鉄筋コンクリート造の堅牢な躯体の解体工事では、コ...

ヨコレイ、長崎・平戸に製氷工場 (2020/10/19 建設・生活・環境・エネルギー)

新規取得した敷地約1300平方メートルに、鉄筋コンクリート造2階建て、述べ812平方メートルの工場棟を建設する。

戸田建、コンクリ構造物を無振動切断 水素系混合ガス工法 (2020/10/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

同工法は、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管(CFT)造などのコンクリート構造物を無振動で解体・切断できる。

鉄筋コンクリート造の施工では、建設技能作業員の不足により、省人化・省力化が求められているため、事前に工場で部材を製造するプレキャスト化が進んでいる。

鉄筋コンクリート造の柱梁、耐震性向上 鹿島、新工法を開発 (2020/9/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

鹿島は16日、鉄筋コンクリート造建物の柱梁(はり)の耐震性を高める「ヒンジリロケーション梁工法」を開発したと発表した。... 従来、鉄筋コンクリート造の柱梁架構では、地震エネルギーを梁部材端部の柱ぎわ...

木造住宅の法定耐用年数は22年、鉄筋コンクリート造でも47年だが、実際には法定年数に達した住宅の状態はさまざま。

自社で鉄筋コンクリート造と木材を組み合わせた新たな建材を開発したり、国への規制緩和を働きかけたりして「新しいことに挑戦する」と目標の実現に向け意欲満々。

三菱地所など7社、木材製販の新会社設立 鹿児島に加工工場 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

新会社は鉄筋コンクリート造と鉄骨造に木材を取り入れた建材をつくる新建材事業と、木材のプレハブ住宅事業の二つが柱。

清水建、木質ハイブリッドマンション完工 中京圏で初 (2020/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

清水建設の設計・施工により、名古屋市千種区に中京圏初となる木造と鉄筋コンクリート造を組み合わせた木質ハイブリッド構造の中層マンションが完工した。

大成建、後施工向け耐震補強工法 建築構造物に適用拡大 (2020/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

同工法は鉄筋コンクリート造の地中土木構造物の内側から特殊ドリルで削孔し、専用モルタルを充填後、「ポストヘッドバー」と呼ぶせん断補強鉄筋を挿入して躯体と一体化して壁など部材のせん断耐力を高める耐震補強工...

三井住友建設、即時異常検知システム開発 地震時の構造物異常検知 (2020/7/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

同社は、3階建て鉄筋コンクリート造のE―ディフェンス(実大3次元震動破壊実験施設)の実大構造物大型振動台実験に付加計測チームとして参加。

西松建設は高層鉄筋コンクリート造建物向け柱梁接合部のプレキャスト化率を向上する「アジャストビーム構法」を開発した。... 同社は高さ60メートル超の鉄筋コンクリート造建物に、アジャストビーム構法の適用...

3D化に必要な地盤の高さや建物の高さ、構造(木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造)などの基礎データを、調査や航空測量によって収集する。

ヨコレイ、社員研修拠点・冷蔵倉庫を完成 (2020/5/26 建設・生活・環境・エネルギー)

建屋はいずれも鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)。

鉄筋コンクリート造などとの混構造でない純木造ビルなのが特徴。

建屋は鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)2階建て、延べ床面積は約1万4700平方メートルで、冷蔵倉庫として約8500トンの収容能力がある。

多彩なデザイン可能な高耐震構法、大成建が開発 (2020/4/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

鉄筋コンクリート造や鉄骨造の新築・改修工事などに適用する。 ... 大成建設によれば、従来の耐震建物では鉄骨ブレースや鉄筋コンクリート壁を設置して耐震性能を確保したが、耐震部材は意匠...

三井住友建、タワマンに新構法導入 多様な敷地条件に適応 (2020/3/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

「プラウド代官山フロント」は鉄筋コンクリート造の地上12階建てタワー型マンションで、総戸数が75戸、延べ床面積が1万1098平方メートル。

凸版、シアター併設の最先端独身寮 (2020/3/20 電機・電子部品・情報・通信1)

鉄筋コンクリート造地上7階建て、延べ床面積は約6374平方メートル。

今後、同装置を鉄筋コンクリート造建築物の現場に積極導入し改良を重ねる。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる