202件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

銀河の中心部での星を形成する活動と銀河の構造を調べた。... 電波を使ってガスの動きを分析したところ、天の川銀河のような渦巻き銀河で見られるガスの動きのパターンと一致していることが判明した。... だ...

【高分子材が損傷】 宇宙空間には、太陽や銀河宇宙からくる宇宙放射線、太陽からの紫外線、さらに地球周回低高度に存在する原子状酸素(Atomic Oxygen:AO)が飛び交っている。

JR西日本は13日、観光列車「ウエストエキスプレス銀河」について、京都―新宮(和歌山)間の「紀南コース」の運行の詳細を発表した。... 13日、和歌山市内で開いた記者会見で冨本直樹執行役員は「たくさん...

(飯田真美子) 反対運動で中断 米政府級参加で計画前進に期待 TMTは初期の宇宙や遠方の銀河、太陽系外惑星などを観測できる次世代望遠鏡。

129億年前の小銀河 国立天文台など発見 (2021/4/23 科学技術・大学)

国立天文台と東京大学大学院の河野孝太郎教授らの研究グループは、うさぎ座の方向に129億年前の宇宙初期に形成した天の川銀河の100分の1の質量となる小さな銀河を発見することに成功した。この銀河の近くにあ...

理化学研究所の佐藤寿紀基礎科学特別研究員ら研究グループは、天の川銀河で約350年前に起こった超新星爆発の原因がニュートリノの加熱だったことを明らかにした。

おとめ座方向のM87銀河の中心にある巨大ブラックホールを観測し、巨大ブラックホールから噴き出すジェットが5000光年(1光年は光が1年間に進む距離)ほど広がっていることが分かった。

国立天文台などが参加する国際共同研究プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」は13日までに、史上初の直接撮影に成功したM87銀河のブラックホール周辺にある磁場の様子を初めて観測した...

そのため、赤色超巨星の表面温度などが分かれば銀河全体の進化過程の解明につながる。

東京大学や筑波大学などの研究チームは、銀河同士が衝突することで、衝突された銀河中心にあるブラックホールの活動を止める可能性があることを明らかにした。... だが銀河衝突の勢いが強く、銀河の中心を射貫く...

天の川銀河が渦巻き構造であることを明らかにした。太陽系から天の川銀河の中心までの距離が2万5800光年(1光年は光が1年間に進む距離)で銀河の回転速度が毎秒227キロメートルであることが分かった。&#...

産業春秋/「新快速」50周年 (2020/10/13 総合1)

新快速“引退”後に岡山地区などで運行されていた117系車両は9月デビューの長距離特急「ウエストエクスプレス銀河」用に大幅改造された。

物理学賞 ブラックホール存在証明 物理学賞は、ブラックホールの理論を研究した英オックスフォード大学のロジャー・ペンローズ名誉教授、天の川銀河中心の超巨大ブラックホールを観測した独マッ...

3氏はブラックホールの形成に関する理論への貢献や、銀河の中心にある巨大ブラックホールの発見などが認められた。... 2氏は目に見えない非常に重い物体が銀河の中心にある星の軌道を支配していることを発見し...

タイプIII文明は、「銀河文明とも呼ばれ、銀河系全体の規模でエネルギーを使用および制御できる」文明のことだ。

(小林広幸) にぎわい創出―地域の魅力発信 JR西日本は11日、新たな長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」をデビューさせる。... 銀河には西日本全域を宇宙、...

同銀河団は外側のガスの温度よりも中心部のガスが3000万度Cと冷たい唯一の銀河団であり、ジェットが確認されていなかった。銀河団やブラックホールの形成の解明につながると期待される。 銀...

しかし、我々の銀河系で起きる超新星爆発の頻度は30―50年に一度とまれであり、超新星爆発に関するより多くの情報を得るには、超新星背景ニュートリノの観測が必要だった。

候補となった銀河の元素量などを調べた。... 若い銀河が放つ特徴的な色に注目。... 今回発見された銀河は、宇宙の歴史の中で最後の世代の銀河である可能性もある。

天体の距離と運動を高精度で計測して銀河系の詳細を明らかにする。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる