電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

693件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

19年度からこの規制は適用されていたが、自動車運転業務は長時間労働の実態があるため、猶予期間が定められていた。24年4月1日からは法律が適用され、年960時間が時間外労働の上限となる。時間外労働の上限...

科学技術の潮流(236)生成AIで医療の質向上へ (2024/4/5 科学技術・大学)

日本においても、業務効率化による医療従事者の長時間労働是正などへの期待から、医療分野向けの生成AI開発と活用の動きが活発になりつつある。

長時間労働も常態化していた。

開発背景には、中小規模の建設会社特有の長時間労働の課題があった。... 時間外労働の上限規制が適用される「2024年問題」が大きく影響する建設業。

経営ひと言/日本建設業連合会・宮本洋一会長「週休2日に重点」 (2024/3/26 素材・建設・環境・エネルギー2)

長時間労働の是正に向けた取り組みについて「長期的にみれば順調に削減できている」と分析するのは、日本建設業連合会会長(清水建設会長)の宮本洋一さん。 ...

下水道工事などの作業効率が従来の換気装置より高まり、長時間労働の是正や人手不足の緩和につながるといった期待感がありそうだ。 ... 背景には時間外労働への規制が強まる「2024年問題...

ホテル業界は長時間労働や低賃金と言われる従業員の職の環境を改善していかなければならない。... 国内全体が人手不足に陥る中で、総労働時間を増やさなければ需要に追いつかない。パートタイムや高齢者の労働時...

ソニーマーケ・日立GLS、北海道で家電共同物流 (2024/2/20 電機・電子部品・情報・通信2)

トラック運転手の長時間労働規制に伴う「2024年問題」への対応や、環境負荷の低減を目的とする。

一方で、高齢化や人手不足、長時間労働といった長年の課題に加えて、時間外労働の上限規制への対応も待ったなしとなり、これまで以上に難しいかじ取りを迫られている。... 世界情勢や円安を背景に資材関係は高止...

転籍を原則として認めない現行制度は、賃金の未払いや長時間労働といった権利侵害の背景と指摘されてきた。

一方、テレワークは業務と生活の区別が曖昧になりやすいことから、長時間労働が助長されないよう努める。

産業春秋/迫る物流の2024年問題 (2024/1/19 総合1)

時間外労働の上限規制は、企業規模を問わずに適用されているが、物流など一部業種は24年4月まで猶予されてきた。... 長時間労働の背景にある荷主と物流業者の非効率的な商慣習の是正を促し監視の目を光らせる...

展望2024/大林組社長・蓮輪賢治氏 成長への投資 着実に実行 (2024/1/17 素材・建設・環境・エネルギー2)

「為替の動向を含めて見通しにくい状況だが、急に下がることはなく現在の高止まりが続くと見ている」 ―4月に始まる時間外労働の上限規制の影響と対策は。 ... 担い手確...

長時間労働の防止や医療専門家による相談体制の強化・支援による健康の促進を進めている。 具体例として、モニタリング強化による長時間労働の防止や、医療専門家による相談体制強化・健康支援、...

ゼネコン 製造業軸に受注底堅く 製造業を中心とする旺盛な設備投資意欲を背景に、受注環境は底堅いとみられる半面、懸念材料といえるのが時間外労働の上限規制の適用だ。業界...

働き方改革関連法により、24年4月1日からトラックドライバーに対して罰則付きの時間外労働の上限規制が導入される。働き方改革関連法は、日本が直面するさまざまな課題、例えば長時間労働のまん延化、少子高齢化...

一方で、月80時間を超える長時間の残業は個人の健康を害す恐れがある。... 建設業は長時間労働と厳しい就労環境が注目されがちだが、技術的好奇心を満たす知的創造性にあふれた世界だ。

過重・長時間労働を是正 小型貫流ボイラメーカーの三浦工業は、自社を働きがいや働きやすい職場にしようとワークライフバランスに重点を置き、多様な社員一人ひとりが最大限に能力を発揮できる環...

混載・リレー輸送、荷主の協力不可欠 物流の2024年問題は、これまで天井知らずだったトラックドライバーの時間外労働の上限が、24年4月から年960時間に規制される...

11月にはグラハン大手の労働組合が長時間労働が改善されないとして、時間外労働を拒否する旨を通告。... 人手不足に対応するためには労働環境の改善と合わせ、デジタルトランスフォーメーション(DX...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン