電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

4件中、1ページ目 1〜4件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

東京大学の長藤圭介准教授らは、金属3次元(3D)プリンターの微粒子飛散を撮影してプロセス条件を最適化する技術を開発した。

東京大学の長藤圭介准教授らは約15万円の中国製ロボットアーム2台で粉体成膜の実験を自動化した。... 長藤准教授は「学生はロボットを買ってきて1週間で実験システムを構築した。

企業のノウハウは盗まれない」と断言するのは、東京大学准教授の長藤圭介さん。

東京大学の長藤圭介准教授と永井鴻平大学院生、冨沢森生大学院生らは、粉体成膜のプロセス最適化に人工知能(AI)技術を適用し、新しい成膜コンセプトを見いだした。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン