36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

古河電工、大型電線「撚り線機」導入 海底ケーブル受注増 (2020/2/27 電機・電子部品・情報・通信2)

千葉事業所は情報通信や電力などインフラ事業の主力工場で、敷地面積は約65万平方メートル。... 製造工程で生じる偏肉率を低減し、長距離で安定した品質の海底ケーブルを生産している。

長距離安定通信などの特徴を、車両でのデータ取得に生かす考え。 ソニー独自の省電力広域無線ネットワーク(LPWA)通信規格「ELTRES」を用いた「ELTRES IoTネットワークサー...

衛星通信制御や第5世代通信(5G)対応などの改良を加え商品化する考え。... 長距離飛行を可能にするため、機体はグラスファイバー系の素材を採用した。横風にも強く、強風でも安定飛行できる。 &#...

高品質で長距離の通信を安全に行え、電気やガス、水道の計測や、高度な道路交通システムなどで活用が期待される。 開発した無線機は、約1キロメートルの距離を安定して伝送できる技術を核とした...

また、朝鮮半島の平和と安定に向け、周辺国や国際社会と緊密に連携、対話していく方針を打ち出した。朝鮮中央通信が21日、伝えた。  ... 今や、いかなる核実験も中・長距離、大陸間弾道ミ...

現状の試作機での通信はWi―Fi利用だが、より長距離で安定性の高い工業無線規格「ISA100」採用機の量産を模索。

「八ヶ岳を世界一安心安全な登山エリアにしたい」―長野県茅野市の柳平千代一市長が力を込めるのは、同市とソニーによる無線通信技術利用の社会実験だ。... ■通信安定 経済効果も創出 核と...

土中・山間部で通信可能な、特定小電力無線モジュール−明光電子 (2017/7/6 電機・電子部品・情報・通信2)

【横浜】明光電子(横浜市港北区、十川正明社長、045・471・2223)は、低消費電力で長距離通信が可能な規格「LoRa(ローラ)変調方式」を採用した特定小電力無線モジュール「スマートアールエフモデム...

通信販売の楽天は、自律制御システム研究所(千葉市美浜区)に出資。... 今後、インフラ保守・点検や測量、農業など幅広い分野へのサービス提供を進めるほか、衛星通信を搭載したドローンによる長距離運行を実現...

災害時には4―5時間の長距離飛行や急な目的地変更も多く「離陸後の機内にもリアルタイムの気象情報を伝えられなければ、二次災害につながりかねない」(高森グループリーダー)という。 ...

情報通信研究機構は1日、住友電気工業などと共同で、従来の世界記録だった光ファイバー1本当たりの伝送容量を2倍以上に増やしたと発表した。... 品質が均一で、長距離伝送に適した「同種コア型シングルモード...

国立情報学研究所は、世界最速である毎秒80ギガビットの記録を超える、同約84ギガビット(ギガは10億)のデータ転送速度で1ペタバイト(ペタは1000兆)のデータを安定的に転送する実験に成功した。......

レーザーを使うことで、映像を圧縮せずに高画質なまま、800メートルの長距離までリアルタイムにデータを伝送できる。... 4K映像の電気信号を安定的に光信号に変換して伝送する。LANの通信速度は毎秒1ギ...

無線通信のためケーブルの巻き取りなどが不要。... これまではロボットに積んだカメラの映像を操縦室に送ったり、操縦指令を安定して伝えるために有線のケーブルが使われることが多い。... 西尾レントオール...

系統安定化の効果が大きい自励式の高圧直流送電(HVDC)事業に関しABBが最新技術を供与し、日立がシステム化して顧客に供給する。... (総合3、電機・電子部品・情報・通信1に関連記事) &#...

長距離通信に適したマイクロ波帯(5ギガヘルツ帯、ギガは10億)と、高速通信に適したミリ波帯(60ギガヘルツ帯)に対応。... 周波数帯が切り替え可能ながら、安定かつ高速な通信を実現する。... マイク...

国をまたぐ長距離の番組中継では衛星放送が長らく主流だった。... そこでNTTコムは現地の提携先である通信会社のヴィーヴォと協力。... 設備の運用業務では常時回線を監視してサポートする現地の多言語対...

光回線や携帯電話の基地局が整備されていない郊外や山間部などで、大容量の安定した通信環境を構築できるのが特徴。... 長距離通信が可能な高速無線リンク装置と無線LAN規格「Wi―Fi(ワイファイ)」アク...

富士通コンポーネントは最大8キロメートルまでの長距離通信を可能にする無線通信モジュール(写真)を開発し、6月にサンプル出荷を始める。周波数920メガヘルツ帯に対応した製品で、信号を広い帯域に拡散する独...

「エレクトロニクス、情報、通信」分野で選ばれた東京工業大学の末松安晴栄誉教授は、1980年代初めに光ファイバー通信に欠かせない安定した強い光を発する「動的単一モード(DSM)レーザー」を開発。光ファイ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる