電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

27,218件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

総合塗料3社の通期見通し、全社増収 外需伸長・M&A寄与 (2024/5/20 素材・建設・環境・エネルギー)

経済成長が鈍化した中国でも中小都市を含め地域に密着した営業で、既設住宅の塗り替え需要を開拓。

新東工業、EBITDA比率を27年3月期8%に 顧客開拓・収益高める (2024/5/20 機械・ロボット・航空機1)

新規顧客の開拓を進めるとともに、生産性を高めて収益力の向上を図る。 顧客開拓を進め、現状約3万5000社の顧客数を4万社程度に増やすほか、各拠点でのアフターサービスの顧客基盤拡大や生...

エムダイヤ、太陽光パネル向け切断機 再資源化ニーズ開拓 (2024/5/20 機械・ロボット・航空機1)

【富山】エムダイヤ(富山県滑川市、森弘吉社長)は、リサイクル廃材用切断機「エコカッター」に最大投入幅1500ミリメートルの大型機を追加し、月内に受注を始める。従来機...

ただ、自動車向けを深耕する横型MCや医療向けを開拓する5軸機といった製品がそろいはじめ、「新たな成長機会が見えてきた」と星専務執行役員は語る。

エバラ、成長投資加速 EBITDA26年度40億円 (2024/5/20 生活インフラ・医療・くらし)

健康分野を開拓 【横浜】エバラ食品工業は2033年度を見据えた長期ビジョンと、その実現に向けた第1ステップとなる中期経営計画「Ebara Reboot2026」(24...

99年に工場長(当時)として入社した磯田社長は新規取引先を開拓するため、営業力を強化した。

このままのスタートダッシュ支援策だけでは民間主導の市場開拓が期待通りに進まない。

9月に同工業会などが主催予定の油圧・空気圧・水圧関連の国際見本市などを通じ、業界の需要開拓を目指す。

ニチハが新中計、27年3月期営業益165億円 非住宅強化・米開拓 (2024/5/17 素材・建設・環境・エネルギー)

【名古屋】ニチハは2027年3月期に連結売上高1610億円(24年3月期実績は1427億円)、営業利益165億円(同102億円)を目指す3カ年の中期経営計画を策定した。...

新鮮な野菜を電子商取引(EC)で販売しつつ、有機農業の新規参入者を販路の開拓や確保で支援するビジネスモデルが特徴だ。

品質管理強み、海外企業開拓 スズケンは医薬品の製造受託機能を有する複合型物流拠点「首都圏物流センター」(埼玉県草加市)を稼働した。... 高い品質管理体制も武器に、希...

長期的な視点ではサプライヤーの減少に備えた調達先の開拓も考えていく」 ―サプライチェーンを強靱(きょうじん)化する取り組みも進めています。

常磐植物化学研究所、フェムケア市場に参入 サプリでPMS改善 (2024/5/17 生活インフラ・医療・くらし2)

新たにフェムケア市場を開拓することで、25年3月期にベネトロンの売り上げで前期比28・6%増を見込む。

同社が手がける日本の食品に特化したメタバース(仮想空間)展示会「JVREXFood」と連携し、出展した食品関連企業と展示会に参加した海外バイヤーをつなぎ、輸出や海外販路開拓を支援する。...

「中部地域は女性にとって働きやすいか」というテーマでは「自治体の制度や住環境が充実している」「製造業で女性の割合が低く開拓の余地がある」といった意見が交わされた。

FUJI、26年度めど売上高1800億円へ 工作機械の黒字化目指す (2024/5/16 機械・ロボット・航空機1)

ダイボンダー事業はコンタクトイメージセンサー(CIS)、パワー半導体、中国のロジック半導体の市場を開拓しつつ、現状で月30―50台の生産体制を同100台に引き上げる。 ...

アジアや南米などで市場開拓する「グローバル拡大戦略」とビジネスモデル変革などの「サステナビリティ事業創造」により、36年3月期に24年3月期比2・7倍の売上高1500億円を目指す。

新社長登場/広島ガス・中川智彦氏 脱炭素、e-メタン視野に (2024/5/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

住友重機械工業と貯蔵した液化空気を必要な時に再気化し発電する共同実証も楽しみだ」 《地域密着で長年事業を行い、42万件の顧客を持つ》 「参入した電力事業では、これま...

三井不、柏市と新興支援 法務・資本政策の特別講座 (2024/5/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

ビジネスプランの作成からマーケット開拓、資金調達について学ぶことができる。

ニュース拡大鏡/シャープ、液晶大幅縮小 経営資源「選択と集中」 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信1)

液晶・電子デバイス事業は継続的な投資が必要だが、シャープが台湾・鴻海精密工業の傘下に入ってからは十分な投資ができておらず、成長分野の開拓が進まない“負のサイクル”に陥っていた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン