電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

111件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

第66回十大新製品賞/本賞 三菱電機 (2024/2/8 機械・ロボット・航空機1)

【三菱電機 高効率同期リラクタンスモーター RF-SR形「MELSUSMO」】 三菱電機が開発した高効率同期リラクタンスモーター「MELS...

日本におけるビール産業の歴史だけでなく、ビール大手のアサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリーの攻防や製品開発の舞台裏、「スーパードライ」など市場の転換点となった人気商品の背景などを盛り込...

LLM開発に挑む(1)生成AI、競争激化 (2023/7/26 電機・電子部品・情報・通信1)

その前哨戦として、ITベンダー各社は生成AIの中核技術である「基盤モデル」の開発競争で火花を散らす。主戦場となる大規模言語モデル(LLM)をめぐる開発の舞台裏を探る。(4回連載...

伝熱フィンを巻き付ける仕様にした結果、工場配管用途で大きな反響があり、OPFFの開発が始まった。 開発で苦労したのは「配管向け放熱部品として、どのように製品の放熱性能を保証するか」&...

激動の経営/神戸マッチ(4)お香ブランド「hibi」 (2023/6/23 中小・ベンチャー・中小政策)

真史は開発当初から海外展開を念頭に置いていたものの、先に国内で地盤固めをする予定だった。... hibiの開発の舞台裏は発売から約5年間、公開しないまま、プロモーションを続けた。

製品設計や工程改善、材料開発といった工学分野の研究開発だけでなく、医療、マーケティングなどさまざまな分野での活用が期待できる。 開発のきっかけは河尻部長の大学院生時代にさかのぼる。....

日本装置開発(長野県安曇野市)の木下修社長は産業用高速X線CTスキャナー「CTH150μFPD」を開発した背景についてこう話す。 ... 自社製品開発のきっかけはリー...

そう考えたSOXAI(横浜市中区)の渡辺達彦社長が開発したのは、指輪型スマートデバイス。... 課題は機器を小型で薄型にする技術開発だった。 ... さらに信号品質の...

全体構想を担った開発部メカ設計Ⅱ課の加芝正幸氏は「深く考える中で徐々に道が開けていった」と振り返る。 ... 開発部制御設計課の清水智之氏は「加芝さんの言葉がヒントになることがあった...

ここで開発者の役割分担とチームワークが生きた。... ノイズ、パソコンの設定ミス、ディスクドライブの異常など原因を突き止めるのが大変だった」(高橋真理子研究開発室主任)こと。... 約...

テクノランドコーポレーション 粒子線ガン治療スキャニング装置用ポジションモニタ テクノランドコーポレーション(東京都羽村市、清水孝志社長)は、粒子線がん治療装...

古堤社長が大手飲料メーカーから容器の水滴除去機器の開発依頼を受けたのは2017年。... 依頼から1年、開発にも頭打ち感が出て、「これ以上続けても時間だけが過ぎ、迷惑はかけられない」(古堤社長...

先端フォトニクス(東京都目黒区、宋学良社長)は得意の短距離光伝送技術「光インターコネクション技術」を生かし、二つの要求を満たす医療機器用絶縁部品「4K対応医療用HDMIアイソレータ」を...

老舗圧力計メーカーである木幡計器製作所(大阪市大正区、木幡巌社長)が開発に至った背景には、圧力計の本質を考え抜いた発想の転換があった。 ... 既に食品工場などで導入...

小川社長はエネプロ21について「世の中の動きや顧客のニーズを組み込んだ開発を続けてきた」と強調する。... バージョン6の開発は21年3月に着手。... 藏田聰子システム開発部長は「顧客の一歩先を行っ...

2018年、宮武社長は液体ヘリウムを寒剤に用いないSPM装置の開発を決めた。岩谷克也開発部長と笠井純開発部主査を中心に開発チームが発足。... 開発陣が苦労したのは絶対温度5K(マイナス268...

そこでカメラ情報に基づいてロボットを制御する「ビジュアルフィードバック制御」を活用して、キャリブレーションやティーチング不要でロボットを扱えるシステムを開発した。... 開発期間は1年4カ月。今までの...

独自開発のレーザー周期加熱法という技術を用いており、レーザー加熱波形と加熱点から放射される赤外線の温度応答波形の遅れ時間(熱時定数)が接合面積と相関するという知見に基づいている。...

その開発の舞台裏には、福島県内の産官による手厚い“アシスト”があった。... 同社は「S字の力」という商品名のワークサポートスーツを開発し、約3年前から農業や運送事業者向けに販売している。 &...

感染対策で顧客訪問などの行動が制限されたのを逆手に開発に集中。... そこで開発したのが集束イオンビーム(FIB)などを使った3次元画像を解析するソフト。... 現地で第3子を出産した...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン