821件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

阪神・淡路大震災や東日本大震災の際も担当者が被災地に集結した。

1922年(大11)創業で石油の卸販売と小口配送を手がけているが、2011年に発生した東日本大震災の直後に「油を分けてほしい」と病院や老人ホームの職員から頼まれたことが、製造業に進出するきっかけとなっ...

岸社長は95年の阪神・淡路大震災を契機に、ビジネスモデルの変革に挑んできた。... 95年、阪神・淡路大震災が発生。

阪神・淡路大震災後の産業振興で始まった同展示会だが、災害の点では新型コロナウイルス感染症も同様。

危機克服の経験生かす 100年経営の会会長・北畑隆生氏 今まさにコロナ禍と呼ばれる状況だが、この会は東日本大震災という1000年に一度と言われた...

1953年創業の相沢食産は、95年の阪神・淡路大震災で神戸市灘区の工場が被災するも翌年、同じ県内の福崎町で事業を再開した。

印象に残る仕事の一つが「1990年代前半の大型プロジェクトだった熱延リフレッシュ工事や、阪神淡路大震災時の南岸壁設備の復旧に奔走したこと」を挙げる。

95年の阪神・淡路大震災では前蔵は屋根が被害を受けた程度で済んだものの、大蔵が全壊。... 【メモ】▽開館時間=9時半―16時半(入館は16時まで)▽休館日=お盆、年末年始▽入館料=無料▽最寄り駅=阪...

その矢先、95年に阪神・淡路大震災が発生する。

阪神淡路大震災の時は土木部に勤務。東日本大震災は危機管理監として県全体の復興支援のまとめ役を担った。

阪神・淡路大震災では、送られてくる神戸支店の焼けた金庫から燃え残った紙幣を取り出し、新札に交換できる枚数を計算した。

特にイベント関連などの売り上げは落ちているが「阪神・淡路大震災を機に顧客の分散を図ってきた。

兵庫神戸は阪神・淡路大震災の翌年の1996年以来2回目で「前回は震災復興にまい進した」という。

「神戸はかつて阪神・淡路大震災という未曽有の危機に直面し復興したが今回は全く異質。... 六甲山ではIT企業誘致を促進し、神戸のスタートアップの集積を期待する」 【POINT/変革に...

東日本大震災の復興のシンボルに位置付けられ、20年度末の開通を目指す「気仙沼湾横断橋」(宮城県気仙沼市)にも同ダンパーが採用されている。 ... 阪神・淡路大震災では神戸市中央区にあ...

1995年の阪神・淡路大震災では建物内の家具などは倒れたが、建物自体に大きな被害はなかった。 ... 【メモ】▽開館時間=10―17時▽休館日=土・日・祝日、年末年始、夏季休暇▽入館...

95年の阪神・淡路大震災では、れんが造りだった当時の酒蔵館が全壊。... 【メモ】▽開館時間=10―17時(最終入館16時半)▽休館日=火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始・夏季休暇▽入館料=400円...

1995年の阪神・淡路大震災では避難所でインフルエンザが流行し、多数の関連死を招いた。... 岩手県は東日本大震災の教訓から、市町村や保健所の後方支援のため内科医を中心に約60人の「岩手感染制御支援チ...

瓦は1995年の阪神・淡路大震災以降、落下によるイメージの悪化もあり減産傾向にある。

従来は木箱を用いた輸出梱包業務、木製パレット製造が主力だったが、1995年の阪神・淡路大震災後、2×4住宅の耐震性の高さが評価されたことから、木箱組み立て技術を生かし、2×4住宅パ...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる