65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

アワビ養殖、海水再利用 大林組がシステム構築 (2020/12/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

大林組は9日、浄化した海水を再利用し、アワビを育成する循環式陸上養殖技術を開発したと発表した。... 循環式陸上養殖技術は飼育水に人工海水を使い、新たな水の供給は1日に水槽の約2%。

水産業の陸上養殖いけす向け防菌・増酸素装置「バブリーン」を開発した際に、部品生産を目的として3Dプリンターを導入した。... 「バブリーンは養殖用いけすに低濃度のオゾンとマイクロバブルを混合して送り、...

リージョナルフィッシュ(京都市左京区)などとは当社のポンプとIoT(モノのインターネット)を活用したスマート陸上養殖に取り組んでいる。

関電、エビ生産・加工販売 陸上養殖で参入 (2020/10/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

関西電力は26日、社内ベンチャーを通じ、陸上養殖でバナメイエビの生産・加工販売事業に参入すると発表した。... 2022年には静岡県磐田市で自前の養殖用プラントも新設する計画だ。 ....

完全な陸上養殖システムによる採卵から成貝までの一貫生産体制が特徴で、今後は最終消費者向けの市場を広げる考えだ。

▽ステージ(大阪市北区)=仮想現実等の情報技術を活用した、倉庫物件の成約率向上サービス▽ヴァズインク(同)=「近距離広告」「小型POP」の多品種小ロット市場への参入▽LINK FUN(同都島区)=微生...

日立造船、鳥取でマサバ陸上養殖施設を完工 (2020/5/13 機械・航空機 1)

日立造船は日本水産、弓ヶ浜水産(鳥取県境港市)と共同で、鳥取県米子市にマサバの循環式陸上養殖の実証施設「米子陸上養殖センター=写真」を完工した。... 同センターでは日本水産などの養殖ノウハウと日立造...

丸紅、デンマークのサーモン養殖企業買収 陸上養殖に参入 (2020/4/17 国際・商社・科学技術・大学)

DSの株式66・7%を15日付で取得して子会社化、欧州でのサーモンの閉鎖循環式陸上養殖(RAS)事業に参入する。... 一方、海面でのサーモン養殖には最適な水温・海流速度が必要となるが、適した沿岸地域...

この膜装置システムを生かし、2017年ごろから陸上養殖業向けへの提案を始めた。 同社によると、漁師不足やマイクロプラスチック問題などから、安全で新鮮な魚が提供できる陸上養殖が増えてお...

カワハギの陸上養殖は、養殖事業部の清水精也部長が17年9月に開始した新規事業。昨今問題視される海洋汚染や漁獲量減少を踏まえ、場所を限定しない陸上養殖を選択した。 清水屋の陸上養殖は独...

玉川大、おせち材料に養殖アワビ提供 (2020/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

【立川】玉川大学農学部(東京都町田市)が同大キャンパス内で陸上養殖したアワビが、和食料理の大志満(おおしま)(東京都港区)の2020年正月のおせち料理の材料に採用された。... 同大は16年に開設した...

JR西日本は陸上の養殖施設で育てたサバなどの本格販売に着手。... JR西は2017年、日本海沿岸の鳥取県岩美町でサバの養殖を始め、地下から海水をくみ上げる施設で「お嬢サバ」を育てている。富山県射水市...

瓦工場だった建物に完全閉鎖型の陸上養殖システムを設置し、温泉水を利用して育てる。... 養殖システムは排水設備などを手がけるカサイ(新潟市秋葉区)などが開発した。... 2018年に開いた展示会で養殖...

課題解決に向け情報通信技術(ICT)を活用したスマート水産などの次世代型養殖技術が注目を集める。 23年度の市場の内訳は、魚粉の量を少なくした低魚粉飼料が18年度比17・1%増の11...

レッキス工業(大阪市中央区、宮川純一社長、06・6245・3158)は、IoT(モノのインターネット)で陸上養殖場の水質を管理するシステム「ウォーターマスター」を11月にも投入する。... 勘と経験に...

海での養殖は天候条件など適した漁場が限られるのに対し、陸上において大型水槽で養殖する「陸上養殖」は安定供給の面から期待が高まっているという。 ... 今回、陸上養殖で水温をコントロー...

また人工海水による貝類などの陸上養殖の実証も今秋から開始する。... また再生エネの電気と熱を利用した人工海水による養殖事業にも乗り出す。... これにより自然エネルギーを活用した陸上での農漁が一体化...

事例では、水質浄化技術を使ってフグの陸上養殖事業を検討する地域企業を支援する滋賀銀行を解説。同行は海洋資源保全などの環境課題解決だけでなく、琵琶湖を使った養殖による地域経済の活性化も期待する。

沿海調査エンジニアリング(札幌市中央区、大塚英治社長、011・621・1240)と富士通は、IoT(モノのインターネット)を活用したウニ・ナマコの陸上養殖の実証実験を北海道神恵内村で始めた。ウニ・ナマ...

マサバの循環式陸上養殖 日水など、鳥取に実証施設 (2019/4/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

日本水産、弓ヶ浜水産(鳥取県境港市)、日立造船はマサバの循環式陸上養殖の実証施設(完成予想図)を6月に鳥取県米子市で着工する。... 合計の水槽の容量は約2700トンで、養殖するマサバは年250トン程...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる