23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

トヨタがインドで電動化製品を生産するのは初となる。

車両の電動化やカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)など自動車業界が取り組むべき事項について、株主から質問が相次いだ。 ... 部品の...

また今後に備え電動化関連製品の生産場所を確保する。 ... 本社工場が老朽化していることが新工場を建設した理由となっており、生産移管後の本社工場の活用法は今後検討する。 &#...

先行きが不透明だからこそ、30年を見据えて一人ひとりが具体的に一歩踏み出すようにしたい」 ―電動駆動モジュール「eアクスル」など電動化製品の拡充を進める計画です。 ...

電動化対応では、電動ユニットを25年度に年450万台生産できる体制を築く。eアクスルは小型・高効率化を推進し、全車格での製品をそろえる計画。また25年度に同社の電動化製品で電動車の電費を10%...

その一環で、長期的な視点で電動化製品の開発に取り組む新組織「PT先行開発部」を立ち上げた。電動化は「フルラインアップで対応する」と力を込める。

2030年度に二酸化炭素(CO2)排出量を13年度比で半減し、電動化関連製品の売上高比率を20年度比27ポイント増の70%以上に引き上げる。... また研究開発費のうち電動化や...

製品だけでなく、物流やその先の廃棄処理まで評価される対象となる。... 電動化製品の拡充や二酸化炭素(CO2)の回収利用など、新たな挑戦を加速する。

【名古屋】デンソーは26日に経営戦略説明会を開き、2035年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成に向け、25年に電動化製品の売上高を現状比約2倍の1兆円にすることを...

鍛造品など主力事業の付加価値向上に加え、ステンレス事業、電動化や自動運転技術などで必要となる部品を手がけるスマート事業を伸ばし収益拡大につなげる方針。... 電動化などで部品の構造が複雑化する中、愛知...

愛三工業社長・野村得之氏 電動化対応製品を提案 ―新型コロナウイルス感染拡大で自動車の生産が減る中、どんな収益改善活動に取り組んできましたか。 ... その...

30年度には全電動化製品をCO2フリーで生産する計画。

農機、電動化研究進む 環境規制の強化見据え (2020/11/24 機械・ロボット・航空機1)

世界各国の環境規制の強化を見据え、農業機械や道路機械の分野で電動化の研究が進んでいる。... 欧州や中国の環境規制強化に加え、米国の政策転換で、電動化の流れはさらに加速する可能性が高い。 &#...

アイシンはイーアクスルを拡充し、駆動製品の電動化比率を現状の5%から、25年に30%に引き上げる計画だ。 ... イーアクスルはモーターやギアボックス、インバーターを...

従来は開発である程度形ができあがった後、製品の評価をしていた。だが、伊藤は「悪いモノを出さないことの確認は重要だが、新しい製品を開発するのに手遅れになる場合もある」とし、開発の前段階でどんな仕様にする...

明電舎は1日、業務提携する独FEVのエンジニアリングシステムを活用した電動車のモーター向け評価試験装置(写真)の運用を太田事業所(群馬県太田市)で始めた。... 運用開...

自動車部品メーカーが車の新潮流「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」に対応するために専門部隊を立ち上げている。ニッパツは社長直轄組織として電動化に対応した部署を発...

デンソーは安全関連や電動化製品の拡販で、増収増益予想。設備投資は同8%増の4500億円、研究開発費は電動化駆動モジュールなどを対象に、同4・5%増の5200億円を計画する。... 研究...

同社が現在力を入れているのが、電気自動車(EV)など電動車両向けの製品だ。... そもそも、ケーヒンは90年代からHV対応として電動化に資する製品の開発に取り組んできた。... 取り組...

既存の電動化製品も、電気自動車(EV)の部品として売り込んでいく。... ただ17年3月期は再び投資を増やし、製造の高度化などを推進するという。... 買収した工場などを活用しつつ、ど...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン