220件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

無人搬送車(AGV)や配膳・宅配ロボット、電動車いすなど幅広い用途に提案し、3年後に日本で30億円、中国で300億円の売り上げを目指す。

経営ひと言/シンエンス・前田誠司社長「家族も安心」 (2022/6/3 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は電動車いすに搭載し、走行状態を遠隔で確認できるデバイスを開発した。 電動車いす用モニタリングシステム「モニスタ」は使用状況をデータ確認可能。... 運転免許証返納後の...

モニスタは電動車いすレンタルのオプションとして、全国の福祉用具取扱店を通じて6月1日から提供する。... 電動車いすは高齢者が一人で自由に外出できるツールで今後の利用増も見込まれるが、安全対策が課題。...

例えば、歩道の段差などの位置情報まで把握しながらガイドする視覚障がい者向け電動車いすなどを想定している。

地域に根ざした医療MaaS推進 普及へデータ連携カギ (2022/5/5 素材・医療・ヘルスケア)

患者は病院に到着すると、用意されている自動運転電動車いすで目的の部屋まで送ってもらえる。自動運転電動車いすは患者を降ろすと自動的に設定した場所に戻る仕組みだ。... 2月の実証実験はAIオンデマンドタ...

ラクロは時速6キロメートル以下で走行する電動車いすとして分類されるため、公道を走行できる。

AGV、止まらぬ進化 導入容易で用途広がる (2022/4/20 科学技術・大学)

電動車いすの移動ユニットの転用で価格を下げる例もある。... ヤマハ 車いす転用で安価 ヤマハは電動車いすの移動ユニットをAGVに転用した。電動車いすは屋...

商工中金は高齢者や障がい者向けに近距離移動用の電動車いすを開発するWHILL(東京都品川区、杉江理社長)に対し、期間10年期限一括償還型の資本性劣後ローンを適用し、...

「電動車いすでWHILL(ウィル、東京都品川区)とコラボレーションしているように、スタートアップを含めてコアな技術を持つ企業と接触している。例えばパーソナルモビリティーでメーンとなる車...

今後の道路交通法改正で想定されている、公道走行が可能な自動歩行通行車の大きさは、電動車いす程度。

スズキは、電動アシストカート「KUPO(クーポ)=写真」の試験運用を浜松市西区の植物園「はままつフラワーパーク」で始めた。... クーポは歩行を補助するほか...

WHILL、折り畳める電動車いす (2021/11/8 新製品フラッシュ1)

WHILLは折り畳み可能な近距離モビリティー「WHILL Model F」を発売した。スペースに制約のあるマンションなどでも収納しやすい。また長距離移動の際の持ち込みがさらに容易になる...

WHILL(ウィル、東京都品川区、杉江理社長)は16日、全国の自動車ディーラー31社と連携し、電動車いす「WHILL」を活用して地域の課題解決に取り組むと発表した。

今仙技研は今仙電機製作所の子会社で、電動車いすや義肢などを手がける福祉機器メーカー。

配送ロボ、車道実証 京セラコミュ、北海道・石狩の工業地域 (2021/8/19 電機・電子部品・情報・通信1)

これまで国内で実施した自動配送ロボットの公道走行実証は、歩道走行が可能な電動車いすに準じた大きさと速さがある小型・低速のロボットによる歩道での走行が主流だった。

岐阜市のベンチャー「キュリオ」が開発した電動車いす「SCOO(スクー)」を車台に開発した。

自働搬送は工場建屋間ではゴルフ用カートを転用した車両、工程間では電動車いすと無人搬送車(AGV)用ブラシレスモーターを用いた車両で行う。

新本社・工場を浜松市北区に 近距離移動ニーズ照準 【浜松】セリオ(浜松市北区、望月誠社長)は、ハンドル形電動車いす(シニアカー)の年産能力を従...

電動車いすと比較した使い勝手なども検討する。

電動車いすと比較した使い勝手なども検討する。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン