88件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

三菱ふそうトラック・バスは、小型電気トラック(EVトラック)「eキャンター=写真」の新型モデル36台を、国際物流を手がける独DBシェンカーに納車する。環境規制の強化や環境意識の高まりもあり、二酸化炭素...

【三菱ふそうトラック・バス購買本部長のフリチョフ・ヌート氏】 ―新型コロナウイルス感染症の影響は。 ... 当社の小型電気トラック(EVトラック)『eキャンター』の...

三菱ふそうトラック・バスは30日、小型電気トラック(EVトラック)「eキャンター」をゴミ収集車の仕様に改良したコンセプトトラック(写真)を公開した。... 同日会見した開発本部長のアイドガン・チャクマ...

ボルボと連携、規模で利益 三菱ふそうトラック・バスが次世代トラックの普及に力を注いでいる。電気自動車(EV)小型トラック「eキャンター」は顧客から好評で、着々と世界納車台数を伸ばして...

【松山】三菱ふそうトラック・バスは、四国最大の販売・サービス拠点となる松山支店(松山市)をリニューアルオープンした(写真)。同社の電気小型トラック「eCanter」の普及を見据え、新たに専用の急速充電...

三菱ふそうトラック・バスは、営業や整備拠点の星崎支店(名古屋市南区、写真)と北板橋サービスセンター(東京都板橋区)を大幅に改修して営業を始めた。... 電気トラックの急速充電設備を設置した。今後、電気...

トヨタ自動車が年内に燃料電池車(FCV)の次期モデルを発売するほか、ホンダなどは新型電気自動車(EV)を商品化する。... EVトラックでは、三菱ふそうの小型電気トラック「eキャンター」を販売している...

トラックの稼働効率を上げるため、テレマティクスを生かした予防整備を促す中で、整備士の存在は改めて重要性を増す。... いすゞは同サービスをいち早く手がけており、大・中・小型トラック向けに高度整備サービ...

FCトラックは電気トラックと比べ、環境負荷が少ないのは同等だが、充てん時間の短さと航続距離の長さが強みだ。... 航続距離では大型電気トラックで荷物を長距離運ぶと、大容量のバッテリーの重さで積載量が犠...

商用車が運ぶ将来(上)CASE開発費の軽減 国内各社、協業を加速 (2020/4/20 自動車・機械・ロボット・航空機)

ドライバーを必要としない自動運転や環境に優しいFCトラック、電気トラックといった、次世代技術の進展への期待が高まっている。 ... 三菱ふそうトラック・バスが19年10月に発表した大...

燃料電池(FC)トラックを2020年代後半に量産化する計画を発表した。 FCトラックは小型電気トラック「eキャンター」がベースだが、量産化は小型トラックに限らない。... 環境と積載...

FCトラックや電気小型トラックなど環境に優しい仕様で次世代のニーズに対応していく。... 今後、電気トラックとFCトラックのそれぞれの利点を生かし、次世代の輸送ニーズに対応したい考えだ。... FCト...

三菱ふそうトラック・バスは、アスクルに電気小型トラック「eキャンター=写真」を2台納入した。... アスクルは二酸化炭素(CO2)排出量の削減に力を入れており、配送用トラックとして排出ガスが出ないeキ...

アジアを中心に小型トラックが得意ないすゞ、欧米を中心に大型トラックが強みのボルボという市場のすみ分けができるなどお互いの相性は良好だ。 ... これらの解決に寄与するとされる、ドライ...

電気自動車(EV)や水素を燃料とした環境に優しいトラックの開発に取り組む。... こうしたトラックには新しい部品が必要となる。... 小型電気トラック「eキャンター」の第2世代を21―22年頃に量産化...

大型トラックの進化形や燃料電池トラック、新たなプラットフォーム(車台)といったコンセプトモデルを披露した。... UDは30年までにフル電動トラックと完全自動運転トラックの量産化を目指しつつ、コンセプ...

三菱ふそうトラック・バスは2020年までに、営業支援業務をペーパーレス化するシステムを直営の全販売拠点に導入する。... 22年に国内のトラック販売シェアを25%(18年は約20%)とする目標を掲げて...

電池を着脱できる電気トラック、電池をまとめて充電できる電池ステーションを開発する。交換式にすることで電気トラックは充電時間が長い課題を解消できる。 ... 電池はシェアリング(共有)...

「全てのトラックが電気自動車(EV)で良いかだ。... 荷物を載せた状態でのCO2排出量などを検討すると大型トラックはまだまだだが、小型トラックでは使い方によってはEVで良い場合もある。使い勝手などを...

三菱ふそうトラック・バスは、運送業の新潟運輸(新潟市中央区)に電気小型トラック「eキャンター」2台を納入した。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる