599件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

冬の電力需給厳しく 「2月東京」分、公募で確保 (2021/10/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

「昨年並みの寒い冬でも3%は確保できるが、心配は設備トラブル」と電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は懸念を示す。... 国は大手電力会社に対し、これらを保有する事業者をリスト化し、緊密に連絡...

 「電力需要が増える冬に向けて、エネルギーを効率的に利用してほしい」と訴えるのは、電気事業連合会会長(九州電力社長)の池辺和弘さん。  

電事連会長、原発活用に理解求める (2021/10/25 建設・生活・環境・エネルギー)

 電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、第6次エネルギー基本計画が22日に閣議決定されたことについて「2050年のカーボンニュートラルを目指し、あらゆる可能性を排除せず脱...

今冬の電力需給について、発電事業者への燃料確保要請、追加公募などの対策で安定供給に最低限必要な予備率3%を確保できる見通しを示した。 ... 事業者からは電気事業連合会の池辺和弘会長...

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は「再生エネは時間軸を考えると非常に野心的な目標。... 電気は蓄電池や揚水発電以外では貯められず、発電量と利用量のバランスを常に取る必要がある。... ま...

「LNG(液化天然ガス)先物の厚みある市場ができればいい」と期待するのは、電気事業連合会会長の池辺和弘さん。

電事連会長、新エネ基に原発の新増設明示を要望 (2021/9/14 建設・生活・環境・エネルギー)

 電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、経済産業省が7月に素案を取りまとめ、現在パブリックコメントを募集している第6次エネルギー基本計画について「再生可能エネルギーは時間軸を考えると非常に野...

エネ庁が12日に示した発電コストのデータでは、30年に事業用太陽光で1キロワット時当たり8円台前半―11円台後半となり、11円台後半以上の原子力よりも安価になると試算。... 電気事業連合会の池辺和弘...

「原発に長期ビジョンを」 エネ基改定で電事連会長 (2021/7/19 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、大詰めを迎えているエネルギー基本計画の改定に関して「原子力発電の重要性をしっかり位置付け、リプレイスや新増設などの中長期なビジョンを示してほしい」とした...

森本社長は「国や電気事業連合会と連携してあらゆる可能性に全力で取り組んでいる」とするが、関電が施設の共同利用を期待した青森県むつ市はその可能性を全面否定。... 原発再稼働に当たっては原子力規制委員会...

核物質防護業務、各社でノウハウ共有 電事連会長 (2021/6/21 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会(池辺和弘会長=九州電力社長)は、東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原発で核物質防護(PP)事案の不備が多発したことを受け、これまでセキュリティー上、個社の閉じた世界で対応していたPP関...

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は「事業者として必要な検討、取り組みを着実に進めたい」と語った。

送配電網協議会(土井義宏会長)は、2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向けたロードマップ(行程表)を策定、再生エネルギーを最大限活用できる計画的な系統整備に転換する方針...

電事連、脱炭素化へ方針 再生エネ・原発活用 (2021/5/24 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会(池辺和弘会長=九州電力社長)は、2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け、供給側の電源の脱炭素化と需要側の最大限の電化推進の両方の取り組みが必要とする基...

原発関連事業者13社、テロ対策で知見共有 電事連会長 (2021/4/19 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、東京電力柏崎刈羽原発で起きた核物質防護事業(テロ対策)に関する一連の不祥事を「極めて重く受け止めている」とし、原子力関連事業を行う企業(13社)が協力し...

柏崎刈羽の核防護不備 電事連、再発防止へ情報共有 (2021/3/22 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、東京電力ホールディングス(HD)柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)で核物質防護設備の機能が一部喪失した事案を受け、「電力各社で同様の事案はない...

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は定例会見の中で、国で検討するカーボンプライシングについて「脱炭素に向けて電化は最重要だが、電気代が上がるならば逆方向。

福井・原発40年超運転 関電、再稼働に前進 (2021/2/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

森本社長は大手電力会社で構成する電気事業連合会が20年12月に打ち出した、青森県むつ市の中間貯蔵施設の共同利用案に「地元理解を得られれば参画したい」と改めて表明。... 関電は課題山積の原発事業で行動...

関電は、電力大手で構成する電気事業連合会(電事連)として検討する、青森県むつ市の中間貯蔵施設の共用案や他地点も含め、中間貯蔵施設の計画地点の確定を急ぐ。

電事連会長「電源はバランス大事」 LNG在庫不足受け (2021/1/18 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、寒波に伴う液化天然ガス(LNG)火力発電の出力増加でLNG在庫が不足する事態について「需要の見通しが甘かったとは思わない。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる