590件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

天田財団、今年度前期の助成テーマ92件(中) (2020/10/8 機械・ロボット・航空機2)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽吉田隆/名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻「積層金属―セラミックス複合テープにおける高精度導電性マイクロパス加工技術の構築」▽森謙一郎/...

慶応義塾大学理工学部教授で電気通信大学人工知能先端研究センター特任教授の栗原聡氏が「AI革命の最前線と手塚治虫への挑戦『TEZUKA2020』の裏側」をテーマに講演する。

情報通信研究機構(NICT)では、mMTCを低遅延で実現できる無線通信システム「ステーブル」の開発を進めている。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・ワ...

(火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・ワイヤレスシステム研究室 総括研究員 李還幇 1994年名古屋工業大学博士課程修了、同年NICTに入所。...

大学のオンライン授業は今春の新型コロナウイルス感染症対応で急速に広まった。... 授業支援システム(LMS)によるオンデマンド型を基本とした早稲田大学、リアルタイム型を重視した東京工業大学、教員が選択...

しかし電気通信大学は全学統一でなく、外部サービスを含めた複数のツールによる5モデルを利用可能にした。... 情報理工系の中規模大学の特色を生かした取り組みで注目されそうだ。... 社会人向けeラーニン...

電気通信大学大学院情報理工学研究科の牧昌次郎准教授のグループは、波長760ナノメートル(ナノは10億分の1)の光を発せられる試薬を開発した。

「大学が全面的に遠隔授業となり、1週間ほどの時間を使って自宅で専門外の研究をしてみた」というのは、電気通信大学特任教授の小林哲さん。

量子×AIで人材育成 無線電信講習所での創立から100年超、情報理工系に専門が凝縮された電気通信大学。特異なせいか、情報通信技術(ICT)時代の好機を生かし切れていない面が...

センサーの中でも、画像・映像を取得するイメージセンサーと、加速度や圧力、音などの多様な物理量を検出・測定可能なMEMS(微小電気機械システム)センサーが最も重要であり、その利用も拡大している。... ...

電気通信大学は量子コンピューターと人工知能(AI)を融合する「量子AI」を、教育研究の全学重点テーマに決めた。... 政府の「AI戦略2019」は国内全大学1学年50万人がAI活用のための初級を学ぶ一...

武蔵エンジ、電通大施設の命名権取得 (2020/3/26 大学・産学連携)

電気通信大学と武蔵エンジニアリング(東京都三鷹市、生島和正社長、0422・76・7111)は、大学施設へのネーミングライツ(施設命名権)取得で協定を結んだ。

人工知能(AI)ベンチャーの米アバンティR&D(カリフォルニア州)と電気通信大学は、大気汚染物質を放出する通行車両の種類を推定し大気への影響を“見える化”する技術の実証実験を4月にもデンマークで始める...

東京都は大学研究者による事業提案制度で、2019年度の採択6件を決めた。都の行政課題解決に向けた都内大学研究者の提案61件に対し、ウェブで都民投票を実施。... 認知症高齢者の怒りや徘徊(はいかい)を...

金沢工業大学の出村公成教授は「ロボットにできる仕事が広がった」と振り返る。 ... トライアル大会ではトイレ掃除種目で大阪電気通信大学が優勝。... 接客種目は中央大学が優勝。

東京都立産業技術研究センターと電気通信大学は、一度の計算で災害時における複数の避難経路を同時に求める方法を開発した。

電気通信大学の小泉憲裕准教授と大林製作所(東京都文京区、飯島秀幸社長)は、人工知能(AI)やロボット技術で臓器の動きによるブレを修正し、超音波による鮮明な画像撮影を補助する装置を開発した。

電気通信大学の市川晴久特任教授やNTT東日本、岩崎通信機の研究グループは、大きさや規格が異なる複数の蓄電池をつなぎ大きな電力網として利用できる技術を開発した。

電通大、学長に田野俊一氏 (2019/11/22 総合3)

電気通信大学は福田喬学長(74)の2020年3月末の任期満了に伴い、次期学長予定者を同大学院の田野俊一情報理工学研究科長・教授(61)に決めた。

【横浜】エヌエフ基金(横浜市港北区、北森俊行代表理事=東京大学名誉教授、045・545・5001)は、若手研究者支援を目的とした「第8回エヌエフ基金研究開発奨励賞」の受賞者10人を決定した。... ▽...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる