3,002件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

大日印、電波吸収で通信保護 ミリ波・Sub6帯向けシート開発 (2022/6/30 電機・電子部品・情報・通信2)

大日本印刷(DNP)は、第5世代通信(5G)に使われる電波の周波数帯であるミリ波帯やSub6(サブシックス)帯で、特定の周波数の電波のみを選択...

全地球測位システム(GPS)の電波が届きにくい橋の下などは全方向衝突回避センサーで自律走行する。

日本電気硝子、5G対応ガラス製アンテナ開発 電波減衰を抑制 (2022/6/29 電機・電子部品・情報・通信)

加えて、ガラス製の5G電波中継装置を開発した。壁や窓ガラスに設置すると、電源なしで屋内外と電波を送受信できる。... ミリ波帯の電波は減衰しやすく、直進性が高いために障害物の背後に回り込みにくい性質が...

旭光電機、近接覚センサー高度化 無線・給電組み合わせ (2022/6/29 機械・ロボット・航空機1)

妨害波に強い規格に対応した同社製の無線モジュールを活用すれば、電波が届きにくい工場内でも無線通信を実現しやすい。

問い合わせは無線通信部電波利用企画課(082・222・3356)へ。

短距離通信には周波数2・4ギガヘルツ帯(ギガは10億)と5・7ギガヘルツ帯、中距離通信には超短波(VHF)帯、長距離通信には衛星通信電波をそれぞれ用いる。 &#...

シチズン、18金光る腕時計 50本限定販売 (2022/6/22 機械・ロボット・航空機1)

電波塔や人工衛星からの時刻情報に頼らず、自律した時計内部の機構のみで年差プラスマイナス1秒の高精度で時を刻む。

情報通信研究機構(NICT)ではさまざまな環境での実測データを収集するため、東京タワーや東京スカイツリーの高所から試験電波を発し、東京23区内全域にて大規模な電波強度測定を実施した。

ドローン登録義務化、きょうから新制度 識別情報を遠隔発信 (2022/6/20 機械・ロボット・航空機1)

ドローン所有者には機体を識別するための登録記号の表示とともに、識別情報を電波で遠隔発信する「リモートID機能」の装着が求められる。... スイッチが入っている飛行中の機体であれば「強い電波でドローンを...

シャフトを伝って電波暗室内に入り込むダイナモメーター由来のノイズや外来ノイズを大幅に低減し、計測精度を高めた。... シャフト材質やシャフト貫通部の構造に独自技術を採用し、電波暗室に入り込むノイズを大...

1km先と通信可能 竹中エンジがワイヤレス装置 (2022/6/17 電機・電子部品・情報・通信)

発売した「小電力型長距離ワイヤレスシステム」は、送信機が電波を送信後、受信機からの応答信号がなければ電波を再送する双方向通信機能を搭載。

配送ではLTE通信網を用いることで、家の塀や木々に電波が遮られる環境でも安定飛行を実現した。

ヤマップは、電波が届かない山の中でもスマートフォンのGPSで現在地と登山ルートが分かる登山地図GPSアプリケーション(応用ソフト)「YAMAP」を運用する。... その後、どちらか一方...

ただ、地中深くに坑道を作る坑内掘りは、露天掘りと違って全球測位衛星システム(GNSS)の電波が届かないため、鉱山機械の位置情報を把握するのが難しい。

次に、15年よりドローンを目視外・見通し外でコントロール・モニターするための中継用ドローンを用いた920メガヘルツ帯(メガは100万)マルチホップ中継システム「コマンドホッパー」の研究...

高層ビルのタイルが剝がれ落ちないかなどを調べる外壁検査は、全地球測位システム(GPS)電波が外壁に遮られ届かないことが多いため、独特の操縦技術が必要になる。

ミリ波と呼ばれる波長の短い電波を発信し、跳ね返ってきた反射波を解析して高齢者の様子を調べる。

日本電波、車載水晶発振器を量産 自動運転で需要増 (2022/6/9 電機・電子部品・情報・通信2)

日本電波工業は、幅3・2ミリ×奥行き2・5ミリ×高さ最大1・0ミリメートルの大きさの差動出力水晶発振器の量産を同社子会社の古川エヌ・デー・ケー(宮城県大崎市...

衛星の筐体に使われるアルミニウムと比べ電波を透過しやすい。

宇宙空間には約1万2000機の人工衛星があり、利用可能な電波による通信量にも限界が指摘されている。... また免許が必要な電波通信と比較し取り扱いやすい光通信を、超小型衛星にも搭載できる通信機器として...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン